犬の一年間の費用はどのくらい?平均料金から必要な消耗品まで

犬の一年間の費用はどのくらい?平均料金から必要な消耗品まで

犬の「食費」「医療費」「お手入れ代」「消耗品」にかかる一年間の費用がどれくらいなのか、私の愛犬にかかる費用を例としてご紹介しています。計算してみると思った以上にかかっていることに気づかされます。

はてな
Pocket
お気に入り登録

愛犬にかかる一年間の費用ってどれくらい?

眼鏡をかけたポメラニアン

愛犬にかかる一年間の費用を計算されたことはありますか?実は、「毎月トリミングに行かなきゃならないなんて、自分の生活費だけでもギリギリなのに…」などと、愛犬にかかる費用を苦に感じ、愛犬を手放してしまう飼い主さんが増えているんです。

犬を飼うために、どれくらいの費用が必要なのかを事前に確認しておくことで、犬を飼育できる状況にあるのかどうかをしっかり判断することができます。そうすることで、不幸な犬を減らすことに繋がると思います。

食費・医療費・お手入れ代・消耗品など、犬にかかる一年間の費用をご紹介します。これから犬を飼おうと考えている方が一度考えるきっかけになれば嬉しいです。

食費

ごはんを食べているチワワ

安く大容量で売られているドッグフードなら、一年間でも数千円の食費で済ませることができるでしょう。

しかし、愛犬の健康や長生きのことを考えると、オーガニックなドッグフードにこだわったり、原料にこだわったり、獣医師が推奨するドッグフードにしたりなど、どうしても高額になってしまいます。

よく考えてみてください。粗悪なドッグフードであったことが原因で病気になってしまった場合、食費以上の医療費がかかります。100万円を超えることもあります。

一年間の食費の相場はどれくらい?(ドライフードの場合)

  • 小型犬36000円(月3000円の場合)
  • 大型犬96000円(月8000円の場合)

獣医師が推奨するドッグフードを与えたいと考える場合、これくらいの費用がかかります。

医療費

病院で注射を受ける子犬

医療費とは、ケガや病気をしたときの治療や、手術にかかる費用だけではありません。年に1回必要な医療費もありますし、毎月必要な医療費もあります。持病があれば薬代など、毎日必要な医療費もあるでしょう。

どんな医療費があるのか

  • 狂犬病予防注射
  • 感染症予防のための混合ワクチンの接種
  • フィラリア症予防のための薬
  • ノミとダニの寄生を予防するための薬

この4つは一年間に全ての犬に必要な医療費です。これらの医療費は全国一律ではないため、動物病院によって異なります。

私が経験した中では、数百円ほどの差額があります。それほど大きな差額ではありません。しかし、選び方によって大きな差が生じる場合もあります。

わが家の医療費例(一年間)

私の愛犬のポメラニアン(超小型犬)の一年間の医療費を例としてあげてみます。

  • 狂犬病予防注射3000円(年1回)
  • 感染症予防のための混合ワクチンの接種(9種混合)9000円(年1回)
  • フィラリア症予防のための薬7776円(月1回、4月から12月の9か月分)
  • ノミとダニの寄生を予防するための薬16584円(月1回、12か月分)

合計すると36360円です。最低でも一年間にこれだけの医療費がかかります。

予防薬の価格について

フィラリア症予防のための薬、ノミとダニの寄生を予防するための薬は、商品によって価格が大きく異なります。

私は、それぞれのお薬を与えていますが、フィラリア症とノミダニの寄生をひとつのお薬でまとめて予防することのできる商品もあります。

まとめて予防できるお薬の方が経済的なのではないかと思い、獣医さんに相談したことがあります。すると、それぞれのお薬を買った場合の価格よりも、まとめて予防できるお薬を買った場合の価格の方が倍以上になることが分かりました。

選び方によって大きく差が生じる場合もあるので、どんなお薬があるのか、どんな病気を予防できるのか、価格はいくらなのか、獣医さんからしっかり聞いて相談しながら選んであげましょう。

お手入れ代

トリミング中のポメラニアン

トリミングに連れて行く場合、1回3000円から8000円くらいの費用がかかります。トイプードルなどの被毛が伸び続ける犬種の場合は、毎月トリミングが必要です。一年間で36000円から96000円の費用が必要になる計算です。

お手入れ費用の一例

私の愛犬たち(二頭)は自宅でシャンプーをしているのですが、シャンプーやコンディショナーなどの費用が一年間で7000円ほどかかっています。シャンプーは1000円ほどで買うこともできるので、安く抑えることもできます。

また、愛犬のポメラニアンは爪切りを獣医さんにお願いしており、2か月に1回540円がかかります。一年間で爪切り代が3240円です。

消耗品

ペットシートの上の白い犬

毎日の消耗品の代表格といえばペットシートです。私はワイドサイズ1袋50枚入り1200円を使っているのですが、愛犬二頭で1日に5枚程度必要です。1か月に3袋で3600円、一年間では36袋で43200円です。

消耗品にしては高額だなと感じることもありますが、外でトイレをさせると迷惑になってしまうので、やはり室内でのトイレトレーニングとトイレシートは必須です。

小型犬と大型犬、一頭飼いと多頭飼いとでは費用に大きく差が生じることもありますが、一年間に必要なペットシートの費用だけでも数万円はかかるでしょう。

まとめ

フレンチブルドッグとたくさんの書類

食費・医療費・お手入れ代・消耗品にかかる費用のおおよそをご紹介しました。

私の愛犬のポメラニアン(超小型犬)の食費・医療費・お手入れ代・消耗品にかかる費用を計算してみたところ、最低でも13万円ほどかかっていることがわかりました。実際にはプラス数万円になると思います。大型犬なら倍以上の費用がかかるかもしれません。

安いと感じるか高いと感じるか、飼い主さんそれぞれにあると思います。今回ご紹介した費用は「最低でもこれくらいかかります」という費用なので、実際にはもっともっと必要になるでしょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。