おすすめ暑さ対策グッズ!保冷剤を使った冷え冷えバンダナ

【獣医師監修】おすすめ暑さ対策グッズ!保冷剤を使った冷え冷えバンダナ

私の愛犬シーズーは、短頭種のため暑さには非常に弱い。そこで、状況に応じたさまざまなグッズを使って暑さ対策をしています。今回は、その一つ、日常生活で行っている保冷剤を使った暑さ対策をご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

グッズを使い分けて熱中症対策

バンダナ

短頭種のシーズーを飼っているため、暑さ対策は必須。

そこで、状況に応じて、さまざまなグッズを使い分けて熱中症対策をしています。

ペットショップでは、さまざまな暑さ対策のグッズが売られていますが、その中でも水にぬらして首に巻くタイプのバンダナは、手軽で重宝している人が多いのではないでしょうか。

犬の首巻きクーラー

わが家も、お出かけの時に愛用しています。

ただ、このバンダナを日常生活で使うには、常々2つ欠点があると思っていました。

1つは、重い。

以前に、我が家が購入したバンダナに水を含ませた後の重量を測定したところ84グラムもありました。

これでは、5.5キロの我が家のシーズーでも、頻繁につけているのはかわいそう。

もう1つが、毛玉ができること。

バンダナに含ませた水を徐々に蒸発させていくので、常に首回りが濡れた状態になります。

そのため、長毛のシーズーでは、首の毛とバンダナが擦れて毛玉になってしまいます。

また、マジックテープで留めるタイプのものが主で、そのマジックテープに毛が絡まるといったこともあります。

そこで、市販の涼感バンダナに変わり、日常生活で使っているのはケーキなどのお菓子に付いている小さい保冷剤。

大判の手ぬぐいやガーゼ素材のハンカチで保冷剤を包んで、バンダナ風に首に巻くだけ。

巻き方

巻き方

正方形のハンカチを準備し(写真①)、真ん中に保冷剤を置き(写真②)、三角に半分に折り(写真③)、あとは保冷剤の幅に合わせて巻いていきます(写真④)。

三角形の端を少し残して、バンダナ風に巻きます。

つけた様子

付けた様子

これだけで、ハァハァがピタッと止まります。

市販のバンダナより、保冷効果は高いと思います。

ガーゼや手ぬぐいなどの乾きやすい素材と使うと、 毛がほとんど濡れないので、大きな毛玉ができることもありません。

重さは、約50グラム。

オシャレも楽しめる

さらに、手ごろな値段で、さまざまな柄のハンカチが売っているので、その日の気分で、ハンカチを変えてお洒落も楽しめます。

ハンカチ

ただし、保冷効果は30分~1時間ぐらいしか持続しないので、家で過ごしている時、お散歩の時など短時間で交換できる状況での使用に限られます。

我が家の愛犬は、部屋が暑くなると、バンダナを巻いてくれと催促するので、快適なのだと思います。

この夏、お菓子などについていた保冷剤をとっておいて、一度、試してみてください。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。