犬の留守番中はエアコンつけっぱなしの方がいいの?

【獣医師監修】犬の留守番中はエアコンつけっぱなしの方がいいの?

お気に入りに追加

梅雨が終わり、暑い夏がやって来ましたが、いかがお過ごしでしょうか。犬を飼っている人は、愛犬のためにエアコンをつけっぱなしにしている人も多いかもしれませんね。しかし、実際は犬の留守番中、エアコンはつけっぱなしの方が良いのでしょうか。

25034view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

夏の暑さ対策は万全ですか?

すいかを食べる女の子と犬

今年は梅雨の期間も例年に比べると短く、「もう夏がやって来た!」と驚いている人も多いのではないでしょうか。ジメジメとした梅雨が早く終わってくれることは嬉しいことですが、それと同時にやってくる猛烈な暑さにはたまりません。

しかし、この湿度も気温も高い日本の夏にバテ気味なのは人間だけではありません。そう、皆さんが共に過ごしている愛犬たちは、私たち以上に熱中症・脱水症状などに気を付けなければいけない季節なのです!

熱中症にならないために犬の暑さ対策を考えているという方も多いでしょうが、中でも最も悩みどころなのは犬の留守番中でしょう。やはり熱中症対策にエアコンはつけっぱなしにするべきなのか、はたまたつけっぱなしにするのではなく、時間で予約するべきなのか…悩んでいる人もいるかもしれませんね。

やはりエアコンはつけっぱなしにするべき!

室内で眠るダックスフンド

結論から言ってしまえば、犬の留守番中のエアコンはつけっぱなしにするべきです。犬は人間よりも体温が高く、そして暑さに弱い動物です。そのため、「節電のため…」とエアコンを切っていた時間帯に暑くなってしまうと体調を崩してしまったり、命に関わる事態も起こり得るのです。

熱中症になるリスクがある

エアコンをつけっぱなしにすると電気代が高い、という理由から、犬の留守番中はエアコンを切っておくという人もいますが、これはかなり危険です。なぜならば熱中症になってしまうリスクが高くなるからです。

直射日光の当たらない室内であっても室温は上昇します。それに加えて日本は湿度も高いため、エアコンを切った状態の室内に長時間居続けると、人間でさえも熱中症になるリスクがあるのです。

犬は人間よりも元々の体温が高いこと、そして発汗することで体温調整することができないため、人間以上に熱中症になりやすいと言えます。愛犬の健康のためにも、夏場は必ずエアコンをつけて外出するようにしましょう。

冷却マットなどの暑さ対策グッズも用意

またエアコンだけではなく、犬用冷却マットなどの暑さ対策グッズも用意しておくことが大切です。エアコンだけでは暑いと感じる犬もいますので、その際に暑さを凌げるポイントを作ってあげることで熱中症のリスクを下げることができます。

他にも水を入れて凍らせたペットボトルなどをタオルで巻き、それを犬が過ごす場所に置いておくだけでも、その上に顎を乗せるなど自ら暑さ対策をしてくれることもあります。

脱水症状を起こさないために…

水を飲む犬

また、夏場は熱中症だけでなく、脱水症状にも気を配らなければいけません。通常、犬の飲み水は1箇所に設置しますが、夏場の犬の飲み水は他のシーズンよりも多めに用意しておく必要があります。なぜならば、水分をたくさん摂ることで、通常よりも早く水がなくなってしまう恐れがあるからです。

また、水は放っておくと常温になってしまい、せっかく水を飲もうとしても生ぬるい…という状態になってしまいます。冷たい状態の水を少しでも保つために、水皿、あるいは給水器の中に氷をいくつか入れておいてあげると良いでしょう。

少しでも節電したい…対策は?

扇風機の前に立つ犬

犬にとっての適切な温度は25~28℃と言われています。そのため、クーラーの設定温度も低めに設定し、つけっぱなしにするという方も多いでしょう。しかし、そうなると気になるのは電気代ですよね。

結論としてはクーラーの設定温度を低くする必要はありません。通常と同じく28度設定でも十分熱中症を防ぐことは可能です。しかし、これだけでは室内にしっかりと冷気が循環しにくいため、扇風機などを一緒に使用することで全体に行き渡らせるようにしましょう。

扇風機を一緒に使用することで、設定温度が高くても室内温度を下げることは可能です。そうするだけでも電気代を僅かに抑えることができるのです。

しかし、忘れてはいけないポイントが犬種によっても暑さ耐性が異なるという点です。特に暑さに弱い犬(ハスキー犬などの北方出身の犬や、短頭種)は熱中症になりやすいため、設定温度を下げてあげる必要があるでしょう。

まとめ

テリアとダックスフンド

いかがでしたでしょうか。今回お話ししたように、クーラーを消して留守番させてしまうと熱中症のリスクが非常に高くなります。そのため、夏場は電気代が気になるところですが、クーラーをつけっぱなしにして外出するようにしましょう。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    10代 男性 匿名

    人間にとっては冷房の温度は26〜28℃ぐらいが快適な温度なので冷房は26〜28℃ぐらいが熱中症対策はできると言えます。
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    私は今の犬を迎える前はずっとウサギを飼っていました。ウサギの時も今の犬の時も、1年中、冷暖房はフル可動です。

    身近な人にも「犬(または猫)の為にエアコンはつけれないなぁ」と言う人が居ますけど…

    私には全く理解できません。人間より毛が多い分、私達より絶対に気温には弱いはずです。電気代を気にするくらいなら、暑い室内に置き去りにされる動物へのリスクを気にしてあげてほしいです。

    電気代にかかるお金は働けば稼げるけど、命は失ったら戻ってきませんから。
  • 投稿者

    女性 匿名

    エアコンの設定温度を重視しているような内容ですが、設定温度と室温は同じではありません。室内に温度計を置き、室温を適温にするべきです。また、温度だけではなく湿度も重要です。熱中症対策にエアコンを使用するのであれば、温度と湿度を調整することが必要です。
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    我が家は、一室を動物部屋に設けエアコンと冷風機を同時使用してます。
    温湿度計も2カ所設置しベッドや敷物はクール使用の物を_。
    人より快適に過ごせてる愛犬達です。(笑)
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    我が家にも2匹ワンコがいますが、クーラーはつけっぱなし。
    26℃自動設定にしていました。
    もう1匹は先週迎えたワンコで、体調がまだ優れないところに26℃自動設定にしていたばかりに、4時間留守番の間自動洗浄が始まっていたようで…チビワンコは脱水症状で病院に行きました。
    今年は猛暑続きなので人間だってクーラーなしで室内居れないのにワンコだって耐えれない。
    小さな命を大切と思うならクーラーは必要不可欠だと思います。

    それとクーラーですが、新しい機種に限って自動掃除がついている。
    あれどうにかならないのかなぁ?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。