犬のカルシウムの取りすぎで起こるリスクと適切な量について

【獣医師監修】犬のカルシウムの取りすぎで起こるリスクと適切な量について

カルシウムは犬の骨や歯の形成と成長、そして健康を維持するために欠かすことのできない栄養素であり、不足させてはなりません。しかし、摂りすぎてしまうと健康に悪影響を及ぼしてしまうことがあるんです。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬のカルシウムの取りすぎに注意

骨の形のガムを咥えたゴールデンレトリーバー

カルシウムは骨や歯を形成するために必要不可欠な栄養素です。不足すると骨が正常に作られなくなるなどの異常が起きてしまうことは誰もがご存知だと思います。

また、愛犬の丈夫な骨と歯を維持するため、健康のためにとカルシウムの摂取に気を遣われている飼い主さんもいらっしゃるかもしれません。

しかし、カルシウムは不足だけではなく過剰な摂取によっても骨や歯の形成に異常が起きてしまうことがあるのをご存じでしょうか?

犬がカルシウムを摂りすぎた場合のリスク

カルシウム

血中のカルシウムの濃度が高くなる

犬がカルシウムを摂りすぎると血中のカルシウム濃度が高くなり、カルシトニンというホルモンが分泌されることでカルシウム濃度を下げようとします。

高くなってしまった血中のカルシウム濃度を下げる作用はとても大切な作用なのですが、カルシトニンには骨の成長を阻害するという作用もあることから、カルシウムの過剰な摂取はよくありません。

他のミネラルにも悪影響を及ぼす

カルシウムはミネラルの一種ですが、犬がカルシウムを摂りすぎると他のミネラルである、亜鉛・銅・鉄・リンなどの吸収を阻害してしまうことがあります。

カルシウムはもちろん、他のミネラルも犬の健康を維持するために必要な栄養素ですので、吸収が阻害されてしまうほど過剰に摂取してはなりません。

カルシウムの摂りすぎは、骨の形成や成長に異常が起きてしまうだけではなく、カラダ全体の健康を維持することができなくなってしまう原因になる恐れがあるのです。

犬がカルシウムを摂りすぎた時に注意すべき病気

足をケガした垂れ耳の犬

カルシウムを過剰摂取した場合、以下のような病気を発症する場合があります。

  • 骨形成異常
  • 甲状腺機能低下症
  • 結石
  • 腎臓機能の低下
  • 肥大性骨形成異常
  • 股関節異常
  • 変形脊椎症
  • 骨の変形
  • 骨の湾曲

また、子犬の成長期にカルシウムを摂りすぎると過剰摂取になる場合があります。

子犬の成長期にはたくさんの栄養素を摂らせてあげたいと考えるものですが、カルシウムを多く含んだ子犬用のフードにミルク、さらにはカルシウムのサプリメントを与えるなど、カルシウムの過剰な摂取になってしまわないように注意したいものです。

子犬用のドッグフードには子犬の成長に必要な栄養素がバランスよく含まれているため、ミルクやサプリメントを足すことでかえって栄養のバランスがとれなくなってしまいます。

先にもお話したように、犬がカルシウムを摂りすぎると骨の成長を阻害するため、子犬のカラダ全体の健康に悪影響を及ぼしてしまう危険があります。

犬はサプリメントでカルシウムを補う必要があるの?

普段の食生活の中で、犬がカルシウムの摂りすぎになってしまうことは殆どありません。適切なフードを与えているのであれば、まず問題ないでしょう。

しかし、健康を維持するために、カルシウムをギュッと詰め込んだサプリメントを与えた場合、カルシウムの摂りすぎになってしまう事があります。

食欲の低下や病気などによってカルシウムを補う事があるかもしれませんが、特別な場合で無い限り、わざわざサプリメントでカルシウムを補う必要はありません。

もし愛犬の健康の為に、カルシウム入りのサプリメントを与えたいと考えている場合は、まず獣医さんに相談して、カルシウムの取りすぎにならないか聞いてみましょう。

犬に必要なカルシウムの摂取量

フレンチブルドッグと骨のイラスト

犬に必要な一日のカルシウムの摂取量目安は、体重1kgあたり100mg~120mgであるとされています。

ドッグフードには犬の健康を維持するために必要な栄養素がしっかり含まれており、カルシウムも適切に摂取することができるはずですので、不足も過剰摂取も心配する必要はないでしょう。

愛犬のドッグフードをチェックしてみた!

私の愛犬、ポメラニアンの女の子とミックスの男の子のドッグフードのパッケージに表示されているカルシウムの含有量をチェックしてみました。

  • ポメラニアンの女の子のドッグフードには表示がありませんでした。
  • ミックスの男の子のドッグフードには「0.8%」と表示されていました。

また、米国飼料検査官協会によると、カルシウムの含有量は最低0.6%~最高2.5%が良いとされているようです。

まとめ

ポメラニアンの女の子

犬だけではなく人間にも同じことが言えますが、不足することが良くないということは誰もが理解しているのですが、カルシウムだけではなく、どんな栄養素も摂りすぎてしまうことでも健康に良くないことが起きてしまいます。

愛犬のカルシウムの適切な一日の摂取量目安はどれくらいなのかを調べ、適切に摂ることができているのか、不足していないか、摂りすぎていないか、ぜひみなさんもチェックしてみてはいかがでしょうか。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。