犬にとっては危険?海や川に潜む6つのこと

【獣医師監修】犬にとっては危険?海や川に潜む6つのこと

水遊びが大好きな犬にとって、広い海や川で思いっきりカラダを動かせることも楽しみのひとつでしょう。安全に楽しむことができるよう、海と川に潜む危険なことをそれぞれ3つずつご紹介しています。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

「海」に潜む犬にとっての危険

その①「海水に注意!」

海とゴールデンレトリーバー

犬は全身を被毛で被われているため、カラダに海水がまとわりつきやすい動物です。また、海水は様々な成分を含んでいるため、何等かのアレルギー反応を引き起こしてしまう可能性があります。海水に触れてから、少しでも異変を感じたらすぐに獣医さんに診てもらいましょう。

また、皮膚が被毛で被われているため、異変に気付かないことも多くあります。海水浴を楽しんだ後は、必ず皮膚の健康状態を確認しましょう。

海水を飲ませない!

犬は塩水を飲むと嘔吐し、胃の中の異物を取り出す際に用いられることがありました。

しかし、海水は塩分濃度がとても高く、犬の心臓や腎臓に大きなダメージを与えます。人間のように、大量に汗をかけない犬にとって、海水のような高濃度な塩分は必要ありません。

海へ出かける際には必ず飲料水を持って出かけましょう。海水を飲んでしまわないよう、こまめに水分補給を促してあげると良いと思います。

海水浴を楽しんでいる際にどうしても口の中に海水が入って飲み込んでしまうことがありますが、海水を飲み込んでしまったことによる下痢が起きてしまった場合、下痢による脱水症状を防ぐため、しっかりと水分補給をさせてあげましょう。

その②「砂浜や岩場に注意!」

海とダックスフンド

とくに日射しの強い日は、手足や肉球を火傷しやすいため注意が必要です。犬を砂浜で歩かせる前に砂浜の温度を手で触って確かめておくと良いでしょう。海で遊んで後は、火傷をしていないか、水ぶくれになっていないかなど確認しましょう。

肉球のケガに注意!

また、岩場での手足や肉球のケガにも注意が必要です。貝殻・岩・ゴミ・釣り針など、岩場には危険なものが潜んでいます。肉球に裂傷を負うなど大きなケガに繋がる恐れがあります。岩場は足元が不安定になりますし、近づかせない方が良さそうです。

その③「海洋生物に注意!」

海とオーストラリアンシェパード

クラゲやエイなどに刺されるとアナフィラキシーショックを引き起こす可能性があります。事前に危険な海洋生物が生息している区域ではないかなど調べておきましょう。

「川」に潜む犬にとっての危険

その①「細菌と原生生物に注意!」

川へ入っていく犬の後ろ姿

クリプトスポリジウムやコクシジウムといった寄生虫など、川にはたくさんの微生物が生息しています。

犬を川で泳がせたり遊ばせたりした後は、検便検査を受けることをおすすめします。感染している場合、持続性のある下痢の症状がみられることがあります。

とくに注意したい病気や感染症

  • ジアルジア
  • レプトスピラ症
  • クリプトスポリジウム
  • カンピロバクター

これらは口から侵入し、犬にも人間にも感染します。

その②「水中毒に注意!」

水の上を走る犬

水分の過剰な摂取によって体内の細胞が膨化することで引き起こされる低ナトリウム血症という症状があります。

川遊びを楽しんでいるうちに喉が渇き、大量の水を飲む犬は注意が必要です。水分補給だけではなく、休憩を取り入れながら遊ばせるようにしましょう。

また、水中毒になると次のような症状が見られるので、注意して愛犬を見てあげましょう。

  • 嘔吐
  • 痙攣
  • 呼吸困難

その③「胃腸ピシウム感染症に注意!」

川で泳ぐ犬

ピシウムは米国湾岸諸国の湿地海域で発見されており、集団発生の報告もあります。食道や胃腸で菌が発生し、食欲の低下・嘔吐・下痢などの症状を引き起こします。

ピシウム菌は真菌の一種で池・沼・川などの水がある場所に多く生息しています。水に直接触れることや摂取することで感染するといわれています。

死に至る危険もある感染症であり、治療は困難であるとされています。感染の可能性がある川へは近づかないようにしましょう。

まとめ

砂浜と三頭のラブラドールレトリーバー

海や川で愛犬と水遊びを楽しむことが夏の醍醐味だという方もいらっしゃると思います。残念ながらうちの愛犬たちは水遊びが苦手なので、海も川も眺めるだけなのですが、よく考えてみると海や川には犬にとって危険なことがたくさん潜んでいます。

海や川で遊ぶ際にはどのような危険が潜んでいるのがよく考え、周りにいる人や犬にも注意し、安全に遊びましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。