犬には景色がどう見えている?

犬には景色がどう見えている?

お気に入りに追加

四季折々の綺麗な景色や植物、昆虫、動物など愛犬にもたくさん見せてあげたいですよね。犬の目は白黒世界だと聞いたことがあるかと思いますが、実際はどのように写っているのでしょうか?犬の目についてまとめてみました。

6075view

犬の目と人間の目の違い

犬の眼球

犬といっても種類によって目の形は違います。
大きく分けるとアーモンド型、三角型、丸型です。

  • アーモンド型・・・ゴールデンレトリバーなど大型犬に多い
  • 三角型・・・柴犬など日本犬に多い
  • 丸型・・・パグやチワワなど小型犬に多い

人間の目は赤緑青の3色が感受できるのに対して犬は紫青黄の3色だと言われています。
人と同じ景色を見ていても赤やピンクの花は黄色っぽく、全体的にセピア色をもう少し黄色っぽくしたイメージで見えています。

カラフルで美味しそうに見えるドッグフードも犬の目には全部が同じ色に見えているということになりますね。

犬の視力はどのくらい?

こちらを見ている犬

人間の視力で表すと犬は0.2~0.3程度です。
ピントを調節する筋肉が発達していないので、全体がぼやけていて小さなものや飼い主の顔も近寄らないと見えていないということになります。

視野は人間が180度なのに比べて犬は100度程度しかありません。
そのかわりに左右の視野を合計して構成される視野は人間よりも広く、250度以上まで見ることが出来ると言われています。

遠くで静止している物はほとんど見えていませんが、動いているものはすぐに反応することができ猟犬や警察犬などは何百メートル先の獲物も見えていたというのも聞いたことがあります。
動体視力はとても優れていますね。

視野が広くても視力が悪いのは可哀想だと思える方も多いと思いますが、犬は感覚器官が発達しており動体視力、聴覚、臭覚がとても優れているため、人間が目で見て判断する範囲なら犬も聴覚、臭覚でカバーできてしまうので普通の生活をしていく中で視力にはあまり頼らなくても大丈夫だということになります。

犬の暗いところは大丈夫?

暗い場所にいる犬

犬の目にはタペタムという反射板の役割をする機能が備わっています。
よく暗いところで写真を撮ったりフラッシュ撮影をすると犬の目が光って写ったりしますね。

犬の目は弱い光でも2倍にして反射させることができ、少ない光でも感知するために杆体(かんたい)という細胞が人間の8倍もあります。
そのため夜の散歩でもちゃんと見えているので歩くのには困らないのです。

犬も目が悪くなるの?

上目遣いをしている犬

白内障、緑内障のほかに目の中にある水晶体という部分が曇ってしまう核硬化があり老化と関係のある疾患です。
老化が原因だからといっても進行すると他の病気を発症するケースもあるので症状に気がついたらすぐに獣医師に相談しておくことも重要です。

まとめ

景色を眺めている犬

犬の視力はメガネやコンタクトが必要じゃないの?と思ってしまいますね。
ですが人と一緒に生活するために犬も生まれ持った感覚器官をフル活用し上手に生活しています。

色々な場所に連れていってあげて見るもの触れるものや経験を増やしてこれからも愛犬と一緒に楽しく生活していきましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。