犬のオムツの付け方と脱げる時の対策

犬のオムツの付け方と脱げる時の対策

わんちゃんにオムツが必要になることは、多々あります。友人の家に遊びに行くときであったり、愛犬の介護のためだったり…。そんなときに、オムツを付けるのに手こずるのは嫌ですよね。そこで今回は、犬のオムツの付け方をご紹介します!合わせて、どうしてもオムツがずれたり脱げたりするときの対策もまとめました。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬のオムツに手こずってはいませんか?

オムツをした犬

犬のオムツを付けるときに、手こずってイライラした経験はありませんか?わんちゃんにとってもオムツは気持ちの良いものではないので、いつまでもじ~っと待っていてくれるわけではありません…。

今回は、簡単な犬のオムツの付け方をご紹介します!合わせて、オムツがずれたり、脱げたりするときの対策もまとめてみました。

簡単!犬のオムツの付け方

オムツをした白い犬

それでは、犬のオムツの付け方を説明していきます。

①まず、尻尾を出すために開いている穴から、尻尾を出します。
②オムツの左右を止めましょう。
③出来上がり!

犬にフィットしているか確認したら、OKです!

犬のオムツが脱げるときの対策

オムツをしている犬の尻

元気なわんちゃんだと、遊んでいる内にオムツが外れてしまったり、オムツを嫌がって外したがったりすることがあります。
寝ている時間が多くなったわんちゃんも、サイズが合っていないオムツをしていると外れたり、皮膚を傷めたりすることも…。

オムツがずれたり脱げたりしないように、しっかりと対策をしましょう。

オムツにサスペンダーをする

1番手軽な対策は、犬のオムツにサスペンダーをすることです。最近は、犬用のサスペンダーが販売されているため、こうしたアイテムを活用するとよいでしょう。

服にマジックテープを縫いつける

犬の服にマジックテープを縫いつけて、オムツを固定する方法も効果的です。

愛犬のサイズに合わせて手作りする

意外と多くの飼い主さんがしている対策が、赤ちゃん用のオムツを愛犬のサイズに合わせて手作りする方法です。
サイズがあったオムツを手作りすることで、愛犬のオムツに対する違和感をぐっと減らすことができます。

また、犬用オムツはコストパフォーマンスが悪いため、介護で多くのオムツを要するときにも試したい方法です。

まとめ

オムツをした犬と女性

犬のオムツの付け方と、脱げるときの対策をご紹介しました。

犬のオムツを選ぶ際は、

  • 愛犬にサイズが合っているか
  • 付けやすいか
  • コストパフォーマンスが良いか

を確認してから購入しましょう。

その上で、オムツがずれたり脱げたりしたときの対策も考えておくと、後々困ったことにならずに済みますよ♪

少しでも愛犬に快適に過ごしてもらうために、日頃から犬のオムツの付け方を学んでおきましょう!

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。