PostThumbnail

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける

9件の書き込み

  • 投稿者

    1: すみれ 女性 30代 2016/07/03 13:56 [通報]

    昔親戚の家にゴールデンレトリーバーが居ました。初めて会った時には13歳ぐらいで体に硬い出来物がありました。
    その頃はまだ私も小さくて、出来物が何かも分からず、まさか病気だなんて知りませんでした。今思えば…と悲しくなりました。自分の愛犬や、これから出会う子達に対しても、グレード1の段階で気づいてあげたいと思います。
  • 投稿者

    2: ソナタ 女性 50代以上 2016/07/04 03:31 [通報]

    記事を読んで肥満細胞腫という病気を初めて知りました。
    初めは「自分の犬は肥満ではないから大丈夫だわ」と、思いました。でも、肥満細胞は細胞が膨れた様子から肥満ということばを使ったのですね。
    特に8~9歳を超えたシニア犬に発症が多いみたいなので、予防の為にも定期的に愛犬を健康診断へつれて行こうと思っています。
  • 投稿者

    3: みゃーこ 女性 40代 2016/07/07 12:31 [通報]

    肥満細胞腫の名前は知っていました。何か不安な皮膚の状態があれば獣医に見せに行ったこともあります。気にしすぎと夫に言われたりしました。
    現在シニアなので、デキモノはあります。身体を触り、気がつくようにはしていますが完璧にはできないですよね。万が一肥満細胞腫が出来たら、年齢的なことも踏まえどこまで治療を受けるか?家族と話しておかないといけませんね。
  • 投稿者

    4: ぶーちゃんママ 女性 40代 2017/03/20 21:43 [通報]

    フレンチブルドッグ11歳♂のママです。
    8歳の時、予防接種と耳掃除をしに病院に行きました。

    生後4ヶ月の時我が家に来た時から耳の付け根に
    小さなイボがあり
    犬を飼うのが初めての私はそんな癌腫瘍がある事すら知らなくて放置してました。

    耳掃除の時
    「先生~この子赤ちゃんの時からイボがあって」と
    なんとなく話したら
    「調べてみましょう」と言われ
    なんの事かサッパリ分からず説明を受け
    その場で細胞診をしたら
    悪性の肥満細胞腫と診断されました

    予防接種しに行っただけなのに
    耳掃除しに行っただけなのに

    突然の癌宣告に頭の中が真っ白になり
    癌について 治療について先生の話が耳に入って来なく
    帰ってから泣きじゃりました。

    ネットで調べると怖い事ばかり書いてあるし

    そして2週間後切除手術をしました
    フレンチブルドッグは麻酔のリスクが普通の犬より高いのでそれも心配と不安で。
    運良くその病院は癌腫瘍専門医の先生が2人も居まして、外科手術にも強い先生なので託しました。

    手術は無事成功
    細胞を病理検査に出した結果
    肥満細胞腫 グレード1 転移無し
    8年も放置したあったにも関わらず
    一番軽いグレード
    術後も順調に回復
    そして今11歳
    転移もなく元気いっぱいです。

    こう言う例もありますので
    もし 肥満細胞腫でこれを読まれた方
    どうか最後まで諦めず
    信頼出来る病院で先生と良く話し合い
    治療に向けて頑張ってください。
    どんな小さなイボでも疑って診察してください
  • 投稿者

    5: ぽち 女性 40代 2017/05/10 01:07 [通報]

    「肥満細胞腫」とは聞きなれない言葉でしたので調べてみたところ、皮膚腫瘍の中では特に多くみられる腫瘍で、犬の皮膚に発生する悪性腫瘍(皮膚がん)のなかでも16~21%を占めているというとても怖い病気でした。

    病気の症状は毛が抜ける、皮膚が荒れている、皮膚のしこりから出血しているなどもあるそうです。これらは気付きそうでなかなか気付かない部分でもあるかと思います。
    愛犬の小さな変化にも気付けるように、普段から体をチェックする習慣をつけておきたいものです。そしてもしものときの為に犬に起こりうる病気の知識をつけておくことも、とても役に立つことだと思います。

    少しでも「なにかおかしい」と思うことがあれば、早急に動物病院または獣医さんに連れていくことが大切ですね。
    特にこの肥満細胞腫は早期発見、早期治療が重要になるとのことですので、定期的な健康診断がとても有効な手段になるでしょう。
    このような癌の一種で、大切な家族を失ってしまわないようにしたいものです。
  • 投稿者

    6: 38moto 女性 30代 2017/05/14 14:05 [通報]

    我が家の愛犬もイボができやすい犬種なので、肥満細胞腫のことは頭に入れていました。足の先、背中、尻尾の上、耳の後ろ、わき腹などに5ミリくらいの丸いイボができます。
    幸いにして白っぽいピンクのままで、大きくなったり色が変化したりはしませんが、そのイボが急激に大きくなったり、色が赤黒く変化してきた場合は悪性の可能性が高いです。
    今は問題がないイボでも、それがいつ悪性になるか予想できるものではなく、予防することもできない病気なので、早期発見早期治療ができるように日頃からイボのチェックにも気を付けて見ていようと思います。

    肥満細胞腫と診断されてしまっても15歳なので手術は厳しい年齢です。放射線治療はコストがかかる上、実施できる病院が限られてしまいます。そうなると薬物療法を選ぶと思いますが副作用のこともあります。治療をしない選択も視野に入れて、愛犬にとって負担にならない方を選びたいと思います。
  • 投稿者

    7: ころりん 女性 2017/05/18 15:56 [通報]

    犬の肥満細胞腫について名前を知らなかったのですが、愛犬の体をチェックしてみた所、なんとなくイボのようになっている部分を発見してしまい、ショックを受けています。これはすぐにでも病院へ連れて行かないといけないですね。この記事がきっかけで分かってよかったです!名前に「肥満」とあるので、体形に関する肥満と関係がありそうですが、体系は関係無いようですね。うちの愛犬は少し肥満気味なので、ドキッとしてしました。グレード2からが少し怖いですね・・・。人間でもそうですが、病気を早期発見することは本当に重要だと思います。愛犬がハッキリと肥満細胞腫と判断されるのかまだ分かりませんが、大事にならないことを祈っています。
  • 投稿者

    8: 匿名 女性 50代以上 2017/06/24 10:45 [通報]

    14才ビークル♀
    9才の時におでこにイボが出来たのかなと軽い気持ちで病院に行きました。先生は肥満細胞腫を疑い病理検査した所、悪性ですと言われかなりショックを受けました。
    おでこなので全部取れるかわからないし脳に近いので…と言われましたが手術しました。そのあと周りの病理検査をした所、少しあったので、同じ年にもう一度切りました。
    同じ頃13才のゴールデンが同じ病気で頬あたりにできていて来ていましたが、高齢なので無理に手術はしないと言っていました。うちももし転移しているとしてもこの年なので手術は無理かなと思います。
  • 投稿者

    9: ぷぅすけ 女性 40代 2018/02/05 22:10 [通報]

    昨年末、肥満細胞で愛犬が空にかえりました。
    八月に虫刺され程度の腫れと赤みを肩甲骨に見つけ、なかなか治らない為病院へいきました。検査の結果は、肥満細胞でグレード2だけど3に近いとの診察でした。外科手術になり広範囲を切除したのですが、すぐに又再発ではない新たな肥満細胞が太もも付近に出来てしまいました。
    食事療法、抗ガン剤、分子標的薬、
    点滴、モルヒネ、セカンドオピニオンと最後まで諦めずにできる限りを尽くしましたが、進行の早さはびっくりするほど早く、最期は痛みを取ってあげることしかできませんでした。
    病気になって、食事療法を始めたのですが、今思えば好きな物をお腹いっぱい食べさせてあげればよかったと後悔しています。
    食欲が落ちてからでは、もう体が天国に帰る準備を始めてしまうので。
    肥満細胞は、様々な形態で素人では判断できません。
    どうか、些細な赤みやしこりを軽視せずに、早めの受診をお勧めします。発見から、4か月でした。
    ぷぅすけの投稿画像
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。