タイワンドッグの特徴や性格、かかる費用や寿命など

タイワンドッグの特徴や性格、かかる費用や寿命など

タイワンドッグは、日本では大変珍しい犬種なので、「どんな犬なの?」と興味を持つかたもいるでしょう。今回は、特徴や性格、歴史、飼い方などタイワンドッグのを詳しく紹介します。

タイワンドッグの特徴

笑顔のタイワンドッグ

大きさ(体重・体高)

  • 体高:オス48~53cm、メス43~48cm
  • 体重:オス14~18kg、メス12~16kg
  • 分類:中型犬

もともと台湾原産のタイワンドッグは、「パリア犬」と呼ばれる南アジアの狩猟犬の子孫です。タイワンドッグの体型は、パリア犬の特徴が現れており、長い足を持ち、先細りしたマズルでキツネのような顔つきをしています。

猟犬として飼われていたこともあり、筋肉質でバランスの取れた体形をしています。

被毛(毛色・毛質)

  • 毛質:スムースコート
  • 毛色の種類:ブラック、ブリンドル、フォーン、ホワイト、ホワイト&ブラック、ホワイト&フォーン、ホワイト&ブリンドル

被毛は1.5~3cmと毛の短いスムースコートで、最も一般的な毛色はプリンドルです。舌に黒のコーティングカラーがあるのが、タイワンドッグの特徴です。

体の特徴

タイワンドッグは中型犬です。頭部は三角形に近い形で、額は広くて丸みを帯びており、シワはありません。首は筋肉質で強く、わずかにアーチを描いや程よい長さです。デューラップはありません。

目はアーモンド形で濃い茶色をしています。耳は長くて薄い立ち耳で、聴力が高いです。マズルは付け根から鼻にかけて少し細くなっています。尻尾は鎌状で高い位置にあり、直立して先端はくるっと巻き上がっています。

タイワンドッグの性格

タイワンドッグアップ

  • 飼い主に対する忠誠心が強い
  • 大胆で恐れ知らず
  • 頭が良くて学習能力に優れている
  • 警戒心が強く攻撃的になることがある

タイワンドッグは非常に頭が良く、学習能力が高い犬種です。しかし、警戒心が強く、慣れない場所では、知らない人や物音に敏感に反応する傾向があります。恐怖心を抱いてしまうと、落ち着くまで数日かかることもあります。

飼い主に対しては強い忠誠心を持ち、絆が深くなればなるほど、他の人や犬には興味を示さないことがあります。

警戒心が強いことから番犬としても役立ちますが、しつけをしっかり行わないと、知らない人に対して過度に攻撃的な態度を取ることもあります。

タイワンドッグの歴史

HISTORY

タイワンドッグは、もともと台湾原産の犬種で、台湾中部の山岳地帯で暮らしていた古代の地元住民が共に生活していた、「パリア犬」と呼ばれる南アジアの狩猟犬の子孫です。

1980年に台湾土着犬の調査のために、台湾国立大学に加え、日本の岐阜大学と名古屋大学の学生たちが共同で研究を行いました。台湾原住民の29部族を訪ねて調査した結果、現在のタイワンドッグは、南アジアの狩猟犬の子孫ということがわかったのです。

タイワンドッグは、2004年、世界畜犬連盟(FCI)により暫定公認を受け、2015年にはタイワンドッグとして正式な公認犬になりました。現在、台湾全土で番犬や家庭犬として人気があります。

タイワンドッグの価格相場

お札と犬の足

タイワンドッグの子犬の価格は、希少性が高いことから大きな差があり、300(約41,000円)~2,000(約275,000円)ドルと言われています。

タイワンドッグは世界的にあまり人気がない犬種なので、純粋なタイワンドッグは絶滅の危機に瀕しています。タイワンドッグのブリーダーが見つかったら、そのブリーダーが大切に扱い信頼できるかどうか、十分に確かめてください。

これほど希少性の高いタイワンドッグは、国内のペットショップで入手するのは難しいため、海外のブリーダーから直接入手することになります。そのため、ブリーダーによって価格は変わってきます。

タイワンドッグを迎え入れる方法

電話をする男性

知名度や人気の高い犬種は、ペットショップやブリーダーから入手することができます。しかし、タイワンドッグは、日本では滅多にお目にかかれない珍しい犬種なので、迎え入れたい場合はどうすれば良いのでしょうか?

ペットショップで探してもらう

一般的に、ペットショップには、知名度の高い犬種や人気のある犬種が並び、珍しい犬が並ぶことはほとんどありません。そのため、希少性の非常に高いタイワンドッグが販売されることはほぼないでしょう。

タイワンドッグのような珍しい犬をペットショップで入手するには、その店で並ぶのを待つよりも、目当ての犬種を探してもらえるか相談した方が良いです。

国内のブリーダーを探す

ペットショップで入手できない場合は、ブリーダーから直接購入する方法もあります。しかし、希少性の高いタイワンドッグの場合、ブリーダーの数も少なく国内では見つからない可能性が高いです。

ブリーダーが見つかったとしても、譲ってもらえない、相場よりも価格が高い、病気を抱えてるなど、さまざまなトラブルを生じる可能性もあります。

ブリーダーから購入する場合は、「それぞれの犬種についてしっかりと熟知しているか」「飼う上でのポイントやアドバイスをしてくれるか」「購入後もサポートしてくれるか」などを、しっかりと確認しましょう。

海外ブリーダーから入手する

国内のブリーダーでは見つからない場合は、海外のブリーダーから直接入手する方法があります。インターネットで探して見つけたとしても、ネットの情報だけでは信頼性が低いので、可能ならば、実際に現地まで出向いて確認した方が良いでしょう。

また、海外から輸入する場合、犬の販売価格だけでなく、輸送費や検疫、手数料などが必要になるので、国内で購入するよりも費用や手間、時間などがかかります。

さらに、やっと迎え入れることができても、毛色、毛並み、血統、気性、病気などで問題が発覚する可能性もあります。国内のブリーダーでアフターサービスがしっかりしている場合は、話し合いで交換できることもあります。

しかし、海外の場合は、言葉の問題がありますし、送り返せたとしても犬に大きな負担を与えてしまいます。

個人で海外のブリーダーと交渉するのは、さまざまなリスクがあるので、信頼できる輸入代行サービスを利用することをおすすめします。

タイワンドッグの飼い方

おすわりするタイワンドッグ

タイワンドッグは日本ではほとんど見ることができない犬種なので、飼い方の情報も少ないです。犬は、犬種によって性格、特徴、性質などが異なるので、それに合った方法でお手入れやしつけなどを行う必要があります。

ここでは、タイワンドッグを飼う前に確認しておいてほしいことを紹介します。

運動量

タイワンドッグは耐久力に優れた犬種です。非常に動作がすばやく、同じ場所で180度回転することもできると言われています。

運動量が必要な犬種なので、毎週少なくても7マイル(約11km)、1日30分以上を目標に散歩に連れて行ってあげましょう。

お手入れ

タイワンドッグは短毛種なので、被毛のお手入れは、週に1回程度のブラッシングで良いです。また、体が汚れた時は、濡らしたタオルで拭いてあげましょう。

しつけ

タイワンドッグは賢いので、しつけしやすい犬種です。しつけやトレーニングの上達のコツは、上手にできた時はしっかり褒めてご褒美を与えることです。

うまくできなくて頭ごなしに叱るのは良くありません。言葉のわからない犬は、なぜ叱られたのか理解できませんし、飼い主さんを怖がってしまいます。

食事

タイワンドッグは中型犬なので、中型犬用のドッグフードを選び、パッケージに記載されている給餌量を確認して与えましょう。

タイワンドッグの寿命

星砂時計

タイワンドッグの平均寿命は、10~13歳くらいだと言われています。

犬は、一般的に、小型犬は寿命が長く、体格が大きくなるほど寿命が短い傾向があります。例えば、大型犬のバーニーズ・マウンテン・ドッグの平均寿命は8.7歳、ゴールデン・レトリーバーは10.9歳、ブルドッグは9.3歳です。

中型犬を見てみると、ビーグルが13.3歳、ウェルシュ・コーギー・ペンブロークは12.5歳、ボーダー・コリーが13.1歳です。タイワンドッグの10~13歳は中型犬でも平均的だと言えます。

超小型犬の場合は、チワワが13.8歳、トイ・プードルは15.3歳、ポメラニアンが13.7歳なので、大型犬に比べてかなり寿命が長いことがわかります。

ただし、これはあくまで傾向を表したものなので、タイワンドッグを飼うにしても、快適に長生きできるように、普段から愛犬に合った生活環境を整えることが大切です。

タイワンドッグがかかりやすい病気

聴診器 犬の足

  • 白内障
  • 糖尿病
  • 心臓や肝臓の病気

タイワンドッグは病気に強いという特徴があります。ただし、高齢になるとさまざまな病気を発症するリスクが高まります。上記に挙げた病気は、犬種や体格に関係なく、全ての犬が高齢になると起こりやすい病気です。

体重管理や健康管理に十分に気をつけて、体調の変化が見られたら、できるだけ早く獣医師に相談しましょう。

注意が必要なのは、タイワンドッグのような日本では珍しい犬種の場合、医療に関する情報があまりないことです。獣医師でもタイワンドッグの特性を熟知していないと、適切な医療が受けられないこともあります。

近くに同じ犬種を飼っている人がいれば安心ですが、タイワンドッグの場合はかなり難しいと思います。ただ、インターネットを利用すれば世界と繋がるので、SNSなどで海外でタイワンドッグを飼っている日本人が見つかる可能性があります。

実際に飼っている人と交流ができれば、病気や飼い方、しつけなど、詳しい情報を教えてくれるでしょう。

まとめ

振り向くタイワンドッグ

タイワンドッグは、その名の通り台湾原産の中型犬です。台湾の原住民と一緒に生活していた狩猟犬の子孫です。台湾では人気の犬種で、現在でも番犬として活躍しています。

しかし、世界的に見ると大変珍しい犬種で、日本でもほとんど見ることができません。そんな希少性の高いタイワンドッグに興味のあり、迎え入れたいと考えている人もいるでしょう。

ただ、国内のペットショップやブリーダーで取り扱っている可能性は低いため、海外のブリーダーと交渉して購入することになります。海外ブリーダーと直接交渉する自信のない人は、輸入を代行してくれるサービスもあるので利用すると安心です。

また、無事に迎え入れることができても、何か問題が起きた時に、希少性が高いだけにネットで検索しても的確な情報が得られないことがあります。タイワンドッグを購入する時に、ブリーダーからできるだけ多くの情報を聞いておきましょう。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい