アナトリアンシェパードドッグとは?特徴・歴史・性格・飼い方

アナトリアンシェパードドッグとは?特徴・歴史・性格・飼い方

「シェパード」と名の付く犬種は、世界中に60種類以上も存在するといわれており、日本では、馴染みのない犬種の方が多いかもしれません。今回は、その中から「アナトリアンシェパードドッグ」についてご紹介します。

アナトリアンシェパードドッグってどんな犬? 

伏せるアナトリアンシェパードドッグ

アナトリアンシェパードドッグは、トルコ原産の超大型犬種です。

「shephred(シェパード=羊飼い)」が、羊を世話する人という意味であることから、羊を世話する犬のこと、すなわち牧羊犬のことを「シェパードドッグ」といい、世界には、シェパードドッグと名の付く犬種がたくさんいます。

一般的に、牧羊犬といえば、放牧している羊の群れを誘導している姿を思い浮かべますが、アナトリアンシェパードドッグは、羊の群れの誘導や管理をしているわけではありません。

アナトリアンシェパードドッグは、羊などの家畜をオオカミ、クマ、ジャッカル、チーターなどの害獣や泥棒から護る「護畜犬」として活躍している犬種です。

ちなみに、アナトリアンシェパードドッグは、トルコ語でも「コバン・コペック(牧羊犬)」となっています。

日本では、あまり馴染みのない犬種ですが、世界的に見ると愛好家も多く、たいへん人気の高い犬種です。

筋肉質で貫禄のある見た目の超大型犬

アナトリアンシェパードドッグの平均的な体格は、

  • 体高:オス74cm~81cm、メス71cm~79cm
  • 体重:オス50kg~65kg、メス40kg~55kg

護畜犬らしく貫禄のある頼もしい姿をしており、上記のように、かなり大きな犬であることがわかります。

オオカミなどのどう猛な害獣から家畜を護るために作られた犬なので、骨太で筋骨隆々のたくましい体つきをしていますが、超大型犬でありながら俊敏性と持久力に優れ、強い忍耐力を持ち合わせています。

幅広で丸みを帯びた大きめの頭部が特徴的ですが、よく目立つ大きな三角形の垂れ耳は、地元トルコでは、かなり短く断耳されることもあるようです。首や顎も太くて強く、とくに顎は強靱で、非常に噛む力が強い犬種です。

優れた身体能力を発揮する体全体は、どう猛な害獣と戦えるほど発達した筋肉でできており、極寒や極暑のような極端な気候にも対応することができます。

毛色はさまざまで厚い二重構造の毛を持つ短毛種

アナトリアンシェパードドッグは、短毛ですがダブルコートで、尾はふさふさとして垂れています。

頭部は、マズル(目元から鼻先・口の部分)や耳などが黒いブラックマスクが一般的ですが、体全体は、フォーン(子鹿色: ゴールド味がある明るいブラウン)やウィートン(小麦色)などさまざまな種類があり、斑点など柄のある個体もいます。

かつて、遊牧民とともに移動生活を送りながら家畜を護る仕事をしている段階で、オオカミなどの害獣に気付かれにくくするため、姿形が家畜に近い個体を選び、繁殖させているうちに、現在のような大きさ、毛色になったようです。

アナトリアンシェパードの精悍で堂々とした雰囲気と穏やかな表情は、多くの人を惹き付けるほど魅力的で、現在ではショードッグともしてもたいへん人気があります。

アナトリアンシェパードドッグの歴史

首輪をしたアナトリアンシェパードドッグ

アナトリアンシェパードドッグは、トルコを中心に飼育されている犬種で、祖先犬は約6000年前から存在していたといわれるジョパン・コペギ(Coban Kopegi)という超古代犬種です。

ジョパン・コペギから枝分かれして、トルコ西部原産のアクバシュ、中部原産のカンガール・ドッグ(カラバシュ)、東部原産のカルス・ドッグなどの犬種が誕生しました。これらの犬種は、約2000年の歴史を持っています。

家畜を護る犬として古くからトルコ周辺に存在した

アナトリアンシェパードドッグは、1800年頃、カンガール・ドッグをベースに、カルス・ドッグやアクバシュなどを先祖に持つトルコ原産の護畜犬種や、モロサスタイプ(マスティフ・タイプの犬のことで、がっしりとした体格を持つ)の犬やワーキング・コリーなどが自然交雑することにより出来上がった犬種とされています。

ベースとなったカンガール・ドッグとは、姿形がとてもよく似ていますが、アナトリアンシェパードドッグの方が、走るスピードはやや劣るものの、サイズが大きく、力の強さでは優れているといわれています。

カンガール・ドッグは、原産地トルコでは、作業犬としてだけでなく、国宝としても扱われている犬種です。

アナトリアンシェパードドッグは、トルコ中部アナトリア地方原産であることからこの名が付けられ、遊牧民の家畜をオオカミなどのどう猛な野生動物や泥棒から護る護畜犬として、また嗅覚を使って狩りをするセントハンドや軍用犬として重宝されていました。

やがて、アナトリアンシェパードドッグの勇敢で忠実な性質や、高い身体能力が認められ、トルコを訪れた西欧人により西欧諸国に輸入されるようになりましたが、この時点では、まだ正式に犬種として登録されていたわけではありません。

ごく最近になって欧米で犬種として登録された

1950年に、はじめてアメリカに輸入され、コヨーテなどの害獣から家畜を守る護畜犬として使われていましたが、その頃は、ほとんどアナトリアンシェパードドッグの存在を知られることはありませんでした。

1967年に、2頭のアナトリアンシェパードドッグの子犬を、トルコに駐在していたアメリカ兵がアメリカに連れ帰り、ブリーディングを始めました。

この2頭から派生した犬を、1996年にアメリカンケネルクラブ(AKC)が「アナトリアンシェパードドッグ」として登録し、正式に犬種認定したことから、1970年代後半~1980年代にかけて、ようやく広く人々に知られるようになりますが、当初は、外観上の美しさや性質ではなく、護畜犬としての実用性のみに焦点があてられていました。

その後、勇敢で忠誠心があり番犬にもなるということから、この犬種に注目が集まるようになりました。

現在アメリカで、アナトリアンシェパードドッグとして販売されている犬の大部分は、アメリカでブリーディングされた犬の子孫たちです。

日本にも、個人で輸入した子犬を飼育する愛好家が少数おられますが、これらの犬は、日本国内で生まれたわけではないので、国内登録頭数には数えられていません。

アナトリアンシェパードドッグの性格

こっちを見つめるアナトリアンシェパードドッグ

アナトリアンシェパードドッグは、護畜犬にルーツを持つ犬なので、今でもその性質を色濃く残しています。

その反面、筋骨隆々とした精悍な見た目からは、ほど遠い性質も兼ね備えています。見た目と中身のギャップが、この犬種の大きな魅力のひとつでもあります。

警戒心や防衛本能が強く番犬向き

アナトリアンシェパードドッグは、かつて家畜を護るために働いていた犬なので、防衛本能や警戒心が非常に強く、そのうえたいへん勇敢です。

見知らぬ人や見慣れないものはしっかりと観察し、少しでも異常を感じ取ると迷うことなく攻撃します。

一方で、穏やかで忠実な面も兼ね備えており、飼い主に危害を加える心配がないと判断した場合は、友好的に接することができますので、番犬としては最高のバランスを持つ犬種であるといえます。

また、小さな子供やネコなど、予想外の行動をとりやすい人や動物には強い警戒心を抱き、それらの急な動きに驚いて攻撃してしまうことがありますので、アナトリアンシェパードドッグのテリトリーに入って行く場合は注意が必要です。

家族には忠誠心が強く穏やかに接する

アナトリアンシェパードドッグは、優秀な番犬になり得る犬種ですが、防衛本能が強いというだけで、本来は攻撃的な性格ではありません。

普段は、見た目とは違い、おっとりとして穏やかで、愛嬌のある扱いやすいキャラクターです。そのうえ、飼い主には、従順で忠実、愛情深くフレンドリーに接します。

しかし、これは子犬の時期にしっかりとしつけ、訓練されている場合にいえることで、中途半端なしつけ、訓練しかされていないと、問題行動を起こしてしまうこともあり注意が必要です。

護畜犬特有の自立心の強さから、飼い主には強いリーダーシップが求められますが、一度リーダーと認めると、非常に忠実で従順です。

知能が高く利口な犬種なので、しっかりしつけ、訓練できる飼い主にとっては、飼育しやすい犬種であるといえます。

判断力がありひとりで行動することが好き

アナトリアンシェパードドッグは、かつて自分のテリトリーや飼い主、家畜を(人から命令されるのではなく)自分の意志で護ってきたという歴史を持つ犬なので、時には自分の判断で行動し、飼い主の指示に従わないこともあります。

その点を踏まえて、専門のトレーナーに相談しながら、できるだけ早い時期からしっかりとしつけをしておくことはたいへん重要です。

さらに、単独で仕事をこなしていたことから、ひとりで行動することを好む傾向が強く、何ものにも縛られず、自由に過ごせる時間や場所を作ってあげることも大切です。

アナトリアンシェパードドッグを飼う時のポイント

女性とアナトリアンシェパードドッグ

アナトリアンシェパードドッグは、性格の面から見ると、飼いにくい犬種ではありません。しかし、超大型犬であるうえに、護畜犬にルーツを持つ自立心の強い犬なので、充分なしつけ、訓練が行えていないと、危険な事故を起こしかねません。

専門のトレーナーの協力を得ながら、正しくしつけ、訓練を行い、犬との間にしっかりと信頼関係を築くことができれば、家族にとって頼もしい存在となってくれますが、犬の飼育初心者の方や、小さな子供がいる家庭には向かない犬種であるといえます。

犬がのんびり動ける広い飼育スペースを用意する

アナトリアンシェパードドッグを飼育するには、犬専用の広いスペースが必要です。

超大型犬であることに加えて、色濃く残る護畜犬の習性から、犬がゆっくりと落ち着いて過ごせる場所とは別に、犬が自由に歩き回れる屋外の広い敷地を確保することで、犬がストレスを溜めるのを防ぐことができます。

さらに、高い身体能力を備えているので、脱走防止の柵を設けるなどの準備が必要です。

激しい運動は足腰に負担をかけやすいので避ける

アナトリアンシェパードドッグには、やや多めの運動量が必要で、1日少なくとも1時間程度の散歩は必ずさせることが大切です。

しかし、体重が重く足腰に負担がかかりやすいので、激しい運動は控える必要があります。よって、散歩以外の運動には、飼い主さんと遊びながらコミュニケーションをとるなど、関節や腰に負担がかからない工夫をすることが大切です。

換毛期の抜け毛は多いため丁寧にブラッシングをする

アナトリアンシェパードドッグの被毛は短毛ですが、ダブルコートなので抜け毛が多く、少なくとも週に1~2回のブラッシングが必要です。

さらに、大量の抜け毛が発生する換毛期は、毎日のブラッシングで抜けた毛を取り除き、常に清潔に保つように心がけることが大切です。また、月に1回はシャンプーをして、皮膚を清潔に保つことも忘れてはいけません。

定期的に健康診断を行なう

アナトリアンシェパードドッグの平均寿命は、10~13才くらいといわれており、超大型犬の中では比較的長いようです。

護畜犬らしく頑強な体をしていますが、大型犬特有の股関節形成不全症や、眼瞼内反症に注意する必要があり、これらを予防するために定期的な検査を受けることが推奨されます。

また、耳が垂れており炎症を起こしやすいので、日頃のケアを欠かさないよう心がけることも大切です。

アナトリアンシェパードドッグを迎え入れる方法 

アナトリアンシェパードドッグ子犬

現在、ジャパンケンネルクラブ(JKC)には、アナトリアンシェパードの登録はありません。
また、日本国内に、アナトリアンシェパードのブリーダーも存在していません。

では、アナトリアンシェパードの子犬を迎え入れるには、どうすればよいのでしょうか?

海外から犬を個人輸入する方法が一般的

日本国内で、アナトリアンシェパードを飼う場合は、海外からの輸入が一般的です。

しかし、海外のブリーダーを見つけて個人で輸入する場合、金銭面や輸入方法などに関する様々なトラブルに注意する必要があり、現実にはなかなか困難な場合が多いようです。

とはいえ、日本国内にアナトリアンシェパードが1頭もいないわけではなく、個人で輸入して飼育している愛好家が、ごく少数ですがいらっしゃるので、その方々から、入手方法などのアドバイスを受けるのがよいでしょう。

犬の輸入価格は高額になることが多い

一般的に、海外から犬を輸入する場合、運輸費用や各種手続き費用などがかかるので、輸入価格は高額になることがほとんどです。

アナトリアンシェパードの場合も例外ではなく、個人輸入で購入すると、取引方法にもよりますが、1頭50~100万円程度はかかることを覚えておきましょう。

個人で海外のブリーダーを見つけて、直接取引をすれば安く入手できるかもしれませんが、何の保証もありません。

その点、仲介業者を通した取引であれば、手数料が発生した分購入価格は上がりますが、取引の安全性を高めることはできるといえます。

海外の良いブリーダーを見つけるには、実際に飼育している人から有力な情報を得ることが、一番安全で安心な方法だといえます。

まとめ

笑顔のアナトリアンシェパードドッグ

アナトリアンシェパードドッグは、精悍な容姿や、見た目とギャップのある性質など、さまざまな魅力を備えた犬種ですので、この犬に心奪われる方も多いのではないでしょうか。

しかし、飼育環境やその他いろいろな点で、アナトリアンシェパードドッグを日本で飼育するのは、容易なことではありません。

アナトリアンシェパードドッグを気に入り、飼いたいと思うのであれば、まず、現在、実際に飼育されている方から、輸入の仕方や飼育上の注意点などについての詳しい情報を集めてみることをおすすめします。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい