愛犬の『ご飯の好き嫌い』が激しい!偏食の原因と直すコツを解説

愛犬の『ご飯の好き嫌い』が激しい!偏食の原因と直すコツを解説

『犬の偏食の原因と治すコツ』についてまとめました。「食べてほしい」と思うごはんがあるのであれば、トッピングをするなどの嗜好性に頼ることなく、治していくことが望ましいです。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の「偏食」の原因と治すコツ

ごはんの横に伏せている犬

飼い主の半数の方が愛犬の「偏食」で悩んでいるとされています。我が家にも偏食気味の愛犬がいますが、食べてくれない時って本当に不安になりますよね。

これまでにも色々な対策や工夫をされてこられたと思います。「未だに愛犬の偏食が治らなくて…」とお困りの飼い主のみなさん、ぜひご一緒に偏食の原因を考えてみませんか。

「こんなことが偏食の原因になるの?!」と、驚くようなものもあります。そして、原因が分かれば、意外と簡単にあっさりと解決されてしまうこともあります。

今回の内容は、きっと同じ悩みを抱える飼い主さんのお力になれると思いますので、ぜひご一緒に犬の偏食の原因と直すコツについて確認していきましょう!

1.嗜好性の高い食べ物が好き

嗜好性の高い食べ物を好む犬は、偏食になりやすいとされています。

おそらく、ドッグフードよりも自分の好みに合った食べ物に出会ってしまったのでしょう。その代表的なものに、「おやつ類」が挙げられると思います。

「ごはんは食べないけど、おやつは食べる」という場合なら、嗜好性の高いおやつが偏食の原因になっている、ということが分かります。

このような場合の偏食を治すコツですが、『ごはんを食べ終えるまでおやつを与えない』という方法があります。

もしかすると、その日1日、ごはんを食べないでいるかもしれません。心配されますよね。それでもグッと我慢し、愛犬がごはんを食べてくれるまで待っていてあげてください。

2.食べにくい環境にある

犬にとって食べにくい環境にある時、偏食になりやすいとされています。

例えば、「人が見ていると食べない」「お留守番中に食べ終えている」という犬がいます。そばに人がいる環境では安心して食事をすることができない、というタイプなのです。

このような場合の偏食を治すコツですが、『食事中の愛犬をジッと見ない』『食事中は部屋を出るようにする』『他の部屋で食事をさせる』などの方法があります。

(食べている姿を見たい!)と思ってしまうかもしれませんが、決して覗いたりはぜず、スマートフォンを置いて動画を撮影するなどで対処してみてはいかがでしょうか。

3.運動量が不足している

こぼしながら食べるハスキーの子犬

『運動量が不足すると、偏食になったり、少食になったりする』といわれています。

体の中にエネルギーが余っているため、食事で補う必要がないのです。実は、我が家の偏食気味の愛犬もこのタイプです。

私が実際に行ってみて効果を感じた、運動不足による偏食を治すコツは、『食事の前にお散歩に出かける』『お散歩の時間を10分増やす』の2つです。

お散歩を終える頃、「疲れたね、お腹空いたね、帰ったらすぐごはんにしようね」と、食事をすることが楽しくなるような声かけもするようにしていました。

4.いつでも自由に食べることができる

犬がごはんをいつでも自由に食べることができるように、と常にご飯が置かれていると偏食になりやすいとされています。

食べないからといって、ごはんを置きっぱなしにしていると、偏食が悪化したり、いつまでも治らなかったりして悪循環なのです。

このような場合の偏食を治すコツは、犬がご飯を食べなかったり、食べ残したりした時、『すぐに片づけてしまう』ことです。

しばらく経ってからまた置いてみてもよいですし、次の食事の時間まで待たせてもよいと思います。

(いつでも自由に食べられるわけではないんだ)(飼い主が用意してくれた時に食べよう)と犬が考えるようになれば、偏食は治っていると思います。

まとめ

座る犬の前に山盛りのごはん

犬の偏食の原因と治すコツを4つ解説しました。

  • 嗜好性の高い食べ物が好き
  • 食べにくい環境にある
  • 運動量が不足している
  • いつでも自由に食べることができる

偏食を治すコツとして、今食べているドッグフードの嗜好性を高める、という方法はあまりおすすめしません。健康的ではないからです。

例えば、ふりかけをかける・ウェットフードを混ぜる・食材をトッピングするなどです。味が濃い・香りが強い・添加物が多いなどのドッグフードへの切り替えもしない方がよいでしょう。

ぜひ健康的な食事で偏食が治るよう、工夫してあげてくださいね。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。