犬の「階段の上り下り」が危険な理由4選!

犬の「階段の上り下り」が危険な理由4選!

『犬の階段の上り下りが危険な理由』についてまとめました。犬が階段の上り下りをすることにはどのような危険が伴うのか、その理由について解説します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の階段の上り下りが危険な理由とは

階段の途中に座る犬

では、犬の階段での上り下りが危険な理由とは、具体的にどのような内容なのでしょうか。

1.滑りやすい

犬の階段の上り下りが危険なのは、滑りやすいからです。

一般家庭の階段の素材は、床のフローリング素材と同じ素材(木製)であることがほとんどです。床のフローリングと同様、犬が滑りやすい素材です。

犬が階段の上り下りをしている途中で滑ってしまったら…と考えると、次に起こる恐ろしい事態を想像することができます。

どうしても階段の上り下りをする必要がある場合には、犬用の階段専用滑り止めマットなどのアイテムを活用してはいかがでしょうか。

2.転落する恐れがある

犬の階段の上り下りが危険なのは、転落する恐れがあるからです。

階段の素材によっては滑りやすく、転落事故に繋がりやすいです。人間のように、犬が手すりにしがみ付くことはできません。滑って転倒してしまえば、そのまま転落してしまうでしょう。

にしがみ付くことはできません。滑って転倒してしまえば、そのまま転落してしまうでしょう。

階段での転落事故は、脱臼や骨折では済まされない事故が起きやすいです。

3.関節への負担が大きい

犬の階段の上り下りが危険なのは、関節への負担が大きいからです。とくに手足・首・腰への負担が大きくなり、徐々にダメージがひどくなっていきます。

関節に違和感や痛みを抱えながらも毎日階段の上り下りを続けた犬は、犬種に関わらず、椎間板ヘルニアを発症するリスクが高まるとされています。痛みの強さによっては、日常生活にも支障をきたすようになり、歩行することが困難になったり、手足に麻痺が伴う場合もあります。

とくに注意したいのが、胴長短足と言われるダックスフントやコーギーなどです。階段の上り下りは腰を痛めやすく、椎間板ヘルニアになりやすいと言われています。

4.飛び降りるようなものだから

犬の階段の上り下り(とくに降りる時)が危険なのは、1段1段を飛び降りるようなものだからです。

これは、超小型犬に言えることです。階段1段の高さよりも手足の方が短いことがあります。手足を伸ばしただけでは届きません。そのような時、階段をピョンと跳ねるようにして上り下りしなければなりません。

一般的な戸建て住宅では、建築基準の定めによって、階段1段の高さが23㎝以下となっています。人が安全に上り下りすることを想定しています。犬の上り下りは考えられていません。

我が家の階段は高さ約21㎝、愛犬(ポメラニアン)の前足の長さ約13㎝です。もしも階段を下りるとしたら、前足にかなりの衝撃があるのではないか…とイメージすることができます。1段でも踏み外したら…と考えると恐ろしいです。ゾッとしますよね。

犬には階段の上がり降りをさせないのが一番です。

犬に階段の上り下りをさせないための対策

階段前に白い柵

立ち入りを禁止したい場所に設置するのが「ゲート」です。犬専用のペットゲートやドッグゲートもありますし、赤ちゃん用のベビーゲートも代用することができます。

ジャンプ力のある犬の場合、飛び跳ねて乗り越えてしまうことがあります。体当たりでゲートを取り外そうとする犬もいるようです。

ゲートは階段の上り下りを禁止したい時に役立つアイテムですが、選び方には慎重になる必要があると思います。

ゲートを突破してしまう心配がないのであれば、100円ショップで手に入る、突っ張り棒とワイヤーネットを使ったペットゲートを手作りする方法もあります。低予算で対策できる点でおすすめです。

まとめ

階段を下りてくるビーグル

犬の階段の上り下りが危険な理由を4つ解説しました。

  • 滑りやすい
  • 転落する恐れがある
  • 関節への負担が大きい
  • 飛び降りるようなものだから

我が家では、現在は階段の上り下りを禁止していますが、以前は対策をした上で上り下りをOKにしていました。しかし、どんなに万全な対策をしていてもヒヤッとする場面がありました。

器用に階段を上り下りする犬もいると思いますが、決して安全な場所ではなく、常に危険が伴っている、ということを視野に入れておくとよいのではないでしょうか。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。