愛犬がケガをする『NGスキンシップ』3選!実は「ジャンプ」させるのは危険な行為だった?

愛犬がケガをする『NGスキンシップ』3選!実は「ジャンプ」させるのは危険な行為だった?

愛犬との絆を深めるためにも、もちろん愛情表現のためにも、愛犬とのスキンシップには重要な役割があります。しかし、そのやり方によっては犬がケガをしてしまうような危険なスキンシップも。では、思わぬケガのもとになるNGスキンシップとはどんなものでしょうか。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

愛犬がケガをしてしまう「NGスキンシップ」とは

男性に抱き上げられた子犬

では、愛犬がケガをしてしまうような「NGスキンシップ」について、具体的に解説しましょう。

1.急に抱き上げる

愛犬がかわいいからといって、犬がくつろいでいるときや他のことに気を取られているときなどに、急に頭に触れたり抱き上げたりするのはNGです。ついつい手を伸ばして、無意識に何気なく触れてしまっている人も多いのではないでしょうか。

窓の外で急にスズメが飛び立っただけで、大慌てで逃げ出す犬もいるほど、犬は予想外のことについて敏感です。

そしてこれは飼い主に触れられることについても同様で、甘えているときや遊んでいるときはよいのですが、犬自身が全く予期していないタイミングで触れられると非常に驚いて激しいリアクションをすることがあります。

例えば、窓の外をぼんやりと眺めている犬を後ろから急に抱き上げたりすれば、犬は驚いて体をよじり、落下してしまう危険があるでしょう。

うとうとしているときに頭に触れたり、何か別のことに没頭しているときに背中に触れたりすると、びっくりした犬は急に飛びのいて家具にぶつかったり床で転んだりする危険もあるのです。

愛犬をかわいがるときは、「急に」「不意に」という行動を控え、一言声をかけてから(犬に「触るよ」と合図をしてから)触れるようにすると良いかもしれません。

2.口への濃厚な接触

キスされそうな犬

愛情表現の一環で、犬に対してキスをする方もいるかもしれません。また愛犬が甘えて飼い主の口元を舐めることがありますが、かわいいからと言ってこれをさせるがままにしてしまう人も多いのではないでしょうか。

犬は子犬のころの習性のなごりで、甘える際に相手の口元を舐めることがあります。そのため、人が犬に対して口元にキスをするようになると、犬は(飼い主が自分に甘えている)と勘違いしてしまうことがあるのです。

また犬の口腔内は、人とは異なる細菌が常在しています。犬にとってはなんということもない細菌でも、人の体内にたくさん侵入してしまった場合、その人の体力が落ちているときなどは感染症を発症する危険もあります。もちろん逆に、犬へ人の細菌を伝染させてしまうこともあるので注意が必要です。

更に、犬たちが口元を舐めているうちに興奮して跳ねまわったりすると、お互いの唇に歯が当たったりして危険です。

3.足元にとびかからせる

人の膝にとびかかる犬

飼い主が帰宅すると、犬たちはうれしくて駆け回ったり足元でぴょんぴょんと跳ねたりします。歓迎されていると思うとかわいい仕草ですが、このふれあい方も注意しないと犬のケガにつながる場合があります。

ぴょんぴょん跳ねる仕草というのは、背の低い犬たちが飼い主の顔をよく見たくて顔を近づけたいのだという説もあります。しかし嬉しさのあまり興奮して跳ね回っていると、着地時に足を捻ったり滑って転んだりしてケガをする恐れもあります。

また興奮してくると後ろ足で立ちながらぴょんぴょんと飛びつく子もいるでしょう。これも顔を可能な限り近づけたい仕草だと思うと本当にかわいいのですが、犬にとって後ろ足だけで立つ姿勢は腰が反り返る不自然な姿勢です。

上半身を持ち上げて腰を強くそらすことで、腰椎のヘルニアを起こしたり骨盤への負荷が強くかかったりする危険があるので、犬たちにはなるべく後ろ足でジャンプし続けないようにさせてあげましょう。

まとめ

足もとに飛びついてきた犬

今回は、愛犬がケガをする『NGスキンシップ』について解説しました。

飼い主のみならず、犬の方ももちろん、飼い主さんとのスキンシップは大好きです。

大好きだからこそ、ケガや病気のリスクに注意して、脅かしたり落としたりする危険のないスキンシップを心がけたいものですね。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。