犬の「歯周病サイン」5選!こんな状態になっていたら動物病院に急いで!

犬の「歯周病サイン」5選!こんな状態になっていたら動物病院に急いで!

人間と同じように、犬も歯のケアを怠ると歯周病になってしまいます。歯周病は口だけでなく、悪化すると全身に影響のある危険な病気です。歯周病になるとどんな症状が出るのか、見極めるためのサインをお伝えしていきます。愛犬に当てはまるサインがみられたら、急いで動物病院に連れていきましょう。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の「歯周病サイン」とは

歯を診察されている犬

では、犬の歯周病サインとして、具体的にはどのような症状が見られるのでしょうか。

1.口臭がキツくなる

歯周病になると口臭がキツくなります。歯に残った食べかすが歯垢となり、その歯垢に潜む細菌が歯周病の原因です。愛犬の口臭が突然強くなったなと感じたら、歯周病を疑いましょう。

ただ、口臭がキツくなるのは歯周病以外の病気が原因の場合もあります。愛犬の口臭に変化を感じたら、一度動物病院で診てもらいましょう。

2.歯ぐきが腫れる

歯周病になると歯ぐきが腫れるのも特徴的なサインです。健康的な歯ぐきはピンク色ですが、歯周病だと赤く腫れてしまいます。場合によっては、歯ぐきが腫れて血が出ていることもあるでしょう。

愛犬が噛んで遊んでいたおもちゃに血がついていた場合は、要注意です。重症だと血のなかに膿が混じっていることもあります。

3.歯がぐらぐらしている

歯周病が悪化すると、歯がぐらぐらと抜けそうになっていることもあります。歯周病菌が歯ぐきを溶かす際に、歯の根元と骨をつないでいる「歯根膜(しこんまく)」も溶かしてしまうのです。

普段から愛犬の口内をチェックして、ぐらぐらしている歯がないか確認しておきましょう。ぐらついている歯は飼い主さん自身で無理に抜こうとせず、動物病院に連れていき獣医師さんにお願いしてくださいね。

4.食欲がなくなる

歯周病が進むと、口内の違和感や痛みから犬がエサを食べなくなることもあります。ケガなどをしているわけではないのに、いきなり愛犬の食欲がなくなったときは歯周病を疑いましょう。

ただ目では見えない病気の可能性もあります。いずれにしろ食欲が急になくなる場合は、健康状態が悪化していることが考えられるのですぐ動物病院に連れていきましょう。

5.頻繁にくしゃみをする

くしゃみをよくするのも、実は歯周病のサインです。歯周病が悪化すると歯を支えている顎の骨が溶けてしまい、口と鼻の間に穴が開きます。すると細菌が鼻にまで炎症を及ぼすことでくしゃみを頻繁にするようになります。

愛犬がくしゃみを毎日するようになった場合や、鼻血や鼻水がよく出ると感じたら、一度動物病院で診てもらいましょう。

犬の歯周病対策

歯ブラシをくわえたレトリバー

歯周病を防ぐには、何よりも「歯磨き」が大事です。愛犬の歯磨きを行ったことがない飼い主さんは、まず定期的に歯磨きをすることを習慣にしましょう。

可能であれば、食事後に毎回歯磨きをするのが理想です。しかし、いままで歯磨きをしたことがない犬だといやがって逃げることもありますよね。

なかなか歯磨きをするのが難しい場合は少しずつ、口元を触られるのに慣れてもらうことから始めましょう。突然触ろうとすると嫌がるので、まずは口元を大人しく触らせてくれたらご褒美におやつをあげて徐々に慣らしていってください。

口元に触っても嫌がらなくなってから、ガーゼを指に巻いて歯の汚れを拭き取ってあげましょう。ガーゼでの歯磨きに抵抗がなくなったら、犬用の歯ブラシに変えてみてくださいね。

飼い主さんが直接歯磨きをするのが難しい間は、ペットサロンでお願いするのもおすすめです。すでに口臭や歯石が気になる場合は動物病院で診てもらいましょう。

まとめ

歯の治療器具とダックスフンド

歯周病は悪化すると、口内だけでなく犬の全身に影響を及ぼす病気です。

今回の記事でお伝えしたような症状があらわれた場合は、すぐに動物病院に連れていってください。

歯周病を防ぐためにも、普段から歯磨きをこまめに行ってください。歯磨きに慣れていない犬は、少しずつ口元に触れるよう慣らしていきましょう。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。