冬なら犬を車に放置しても大丈夫?必ずやるべき対策は?

冬なら犬を車に放置しても大丈夫?必ずやるべき対策は?

暑い夏と違って、冬場は自動車の中でのお留守番もできるのでは…と、お買い物に愛犬を付き合わせてしまうことはありませんか? 真冬であっても長い時間自動車の中でお留守番をさせることは、実はデメリットが大きいのです。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

夏と冬の車内温度の変化

雪道の車窓から顔をだす犬

真夏の車内温度は、エンジンを切って20分もしないうちに40℃を超える室温に達してしまうことをご存知の方も多いと思います。

JAFが行った車内温度を調べる実験では、自動車の塗装の色に関わらず窓を閉め切っている場合は20分程で40℃を超え、40分を過ぎる頃には50℃近くになることが分かりました。さらに窓を少し開けている場合やサンシェードをつけている場合でも、それほど大きな差はありません。

このことは、近年の熱中症に関わる事例とともに広く周知されつつあります。しかしそれでも、真夏に子どもが車内に置き去りになり、熱中症で死亡する事故がゼロにならないのはとても残念なことです。また同じように、犬も同じように車内で熱中症になる事例があります。

では、冬の場合はどうでしょうか。夏に比べると危険が少ないのではないかと思われがちですが、真冬の場合は外気が低いことから車内の温度も時間とともに低下していきます。

真冬の場合、外気温にもよりますが、エンジンを切って1時間もすると室温は10℃以上も下がってしまうそうです。雪山の場合は、3時間もすると室温も氷点下になってしまうようです。

冬に犬を車内に放置しても大丈夫?

車内から外を見る犬

気を付けている人が多い真夏をのぞき、その他の季節では、犬を車内で留守番させたまま買い物などをしている人を見かけます。クレートに入れて短時間であれば大きなトラブルにはならないかもしれませんが、できるなら愛犬を車内に置いたままで留守番させるのは避けたほうが良いでしょう。

ここでは、犬を車内で留守番させるデメリット、あるいはリスクを考えてみましょう。

事故の危険性

時折犬をクレートに入れず、車内の座席でフリーで留守番をさせている車を見かけます。これは大変危険です。

自由に動けてしまう犬は、飼い主さんに置いていかれて心細い思いをしながら、なんとか追いかけようと試みることがあります。座席を前後左右動き回ったり、運手席に移動してみたり、なにかのボタンを押してしまったりするかもしれません。

また身体が小さい犬の場合、自動車の座席の間に落ちたり足を引っかけたりして怪我をする可能性もあります。車内をフリーに動けるようにしたまま留守番をさせるのは絶対やめましょう。

子どもを乗せるときにはチャイルドシートを使用するのと同様に、事故防止のためにも犬を車に乗せるときは適切なサイズのクレートを使用しましょう。

室温低下の危険性

コートを着る犬

前述の通り、真冬は外気温が低く、車内はエアコンをつけていても、エンジンを切ると一気に室温が下がります。エンジンを切って3時間もすれば外気温と変わらないほどです。

そのため、比較的寒さに弱い犬種などは冬の車内に置き去りにすることは、低体温症などのリスクが高まる行為と考えられるのです。

原産国が寒いところの犬や被毛が豊富な犬、衣類を着ている犬であれば多少は低くなった室温の影響を受けにくいかもしれません。しかし、長時間の留守番では身体をじっとさせていなければならず、犬にとって大きなストレスになりますし、年齢によっては寒さで抵抗力が低くなります。

10分程度のお留守番であれば可能ですが、1時間、2時間もかかるような留守番は犬の体温と体力の消費が激しいため、車内での留守番の時間が長くなるとあらかじめわかっている場合は自宅で待機させましょう。犬と外出の途中でどこかに寄る必要ができた場合は、できるだけ早く用事を済ませましょう。

最近は冬のキャンプなどが流行していますが、そのような環境に愛犬を連れていく際には、クレートの中にはしっかりと毛布や湯たんぽなどの防寒グッズを用意してあげたほうが良いでしょう。

まとめ

車内から外を見る犬

今回は、冬に車内に愛犬を置いたままにするリスクとその対策について解説しました。

夏同様に、冬に車内に愛犬を留守番させるリスクがもっと一般的に周知され、犬たちが事故や病気などの危険にさらされないようにできるとよいですね。

真冬に一緒にお出かけする際は、愛犬の防寒グッズもぬかりなくご用意ください。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。