犬がぐっすり眠れない「ダメな環境」4つ!あなたのおうちは大丈夫ですか?

犬がぐっすり眠れない「ダメな環境」4つ!あなたのおうちは大丈夫ですか?

良質な睡眠は、犬を健康へ導いてくれます。ぐっすり眠ることで疲れが取れて、心身ともに元気に活動することができるのです。反対にぐっすり眠れないと疲れが取れず、心身の健康に悪影響が出ます。睡眠の質は環境に左右されますが、あなたのおうちは愛犬がぐっすり眠れない「ダメな環境」ではありませんか?ぜひ、この記事でチェックしてみてください。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の健康維持に欠かせない睡眠

眠そうなトイプードル

愛犬には健康でいてほしいですよね。そのためには、ぐっすりと眠らせてあげることが大切です。なぜかというと睡眠は

  • 脳や体の疲労の回復
  • 免疫機能の維持
  • 成長ホルモンの分泌の促進
  • 脳の老廃物の除去
  • 記憶の整理や定着

といった重要な役割を担っており、犬の健康維持に欠かせないものだからです。

愛犬をぐっすり眠らせてあげるためには環境が整っていなくてはいけませんが、あなたのおうちは大丈夫ですか?飼い主さんが気づいていないだけで、実は愛犬が安眠できない環境になっていませんか?

以下から犬がぐっすり眠れない「ダメな環境」をご紹介していきますので、ぜひチェックを。

犬がぐっすり眠れない「ダメな環境」は?

女の子とソファで寝るビーグル

1.犬専用の寝床がない

ソファや飼い主さんのベッドを寝床にする犬もいますが、犬がぐっすり眠るためには専用の寝床が必要です。ソファや飼い主さんのベッドは人と共有する形になるので犬が落ち着かず、睡眠を妨げられる可能性が高いでしょう。

一方、犬専用の寝床は犬だけのスペースなので、落ち着いてぐっすり眠ることができます。

犬専用の寝床としておすすめなのは、クレートです。犬はもともと巣穴で生活していた動物なので、開放された場所よりもクレートのような薄暗く狭い場所のほうが落ち着く性質があります。

クレートのサイズは、立った状態で頭がぎりぎり当たらないくらいの高さで、足を伸ばして横たわることができ、中で方向転換できる広さのものがベストです。広すぎても狭すぎても落ち着かないので、犬の成長に合わせて買い替えます。

犬専用の寝床は複数あってもいいので、メインの寝床としてクレートやケージを用意し、サブの寝床として犬用のベッドを用意するのもアリです。専用の寝床を複数箇所に用意してあげることで、犬はその時々で快適な寝床を選ぶことができます。

2.落ち着かない場所やうるさい場所に寝床がある

犬専用の寝床を用意したら、それでOKではありません。寝床の置き場所をよく考えてあげる必要があります。

落ち着かない場所やうるさい場所に寝床があると、犬はぐっすり眠れません。窓付近や出入り口付近、テレビ付近に犬の寝床を置くのは避けましょう。

窓付近や出入り口付近は、物音や気配を感じやすかったり、人の出入りが頻繁だったりして落ち着きません。そしてテレビ付近は、聴覚が優れた犬にはうるさく感じるでしょう。

落ち着かない場所やうるさい場所に犬の寝床を置くのは避けなくてはいけませんが、人の気配が全くない場所だと犬は不安を感じてしまいます。

犬はもともと群れで暮らす動物なので、飼い主さんや家族の気配が適度に感じられる場所のほうが安心できるのです。

そのことを考慮すると犬の寝床を置く場所として最適なのは、飼い主さんや家族がいることの多いリビングと言えます。窓や出入り口、テレビの近くを避けたリビングの一角や壁際に寝床を置いてあげるといいでしょう。

3.暑すぎたり寒すぎたりする

暑すぎたり寒すぎたりする環境では当然ながら、ぐっすり眠ることはできません。犬がぐっすり眠るためには、エアコンなどを使って快適な温度と湿度を保つ必要があります。

犬それぞれ快適に感じる温度は異なりますが、夏場は26℃前後、冬場は20℃前後が大体の目安です。愛犬の様子を見ながら室温を調整してあげましょう。湿度は50%前後を保つようにします。

エアコンを使用する際に注意しなくてはいけないのは、エアコンの風です。犬の体にエアコンの風が直接当たり続けると、体が冷えすぎたり暑すぎたりして、体調不良を起こす恐れがあります。エアコンの風が直接当たる場所に、愛犬の寝床を置かないようにしましょう。

4.夜中になっても照明が明るい

犬は光の刺激が少ないほうがよく眠れます。夜ふかしが習慣になっている飼い主さんは、夜中まで煌々と照明をつけてしまいがちです。それでも愛犬は寝ているかもしれませんが、ぐっすりとは眠れていない可能性があります。

飼い主さんが夜遅くまで起きている場合は、可能な範囲で薄暗い環境を作ってあげましょう。例えば照明を暗めに調整する、ケージの天井や側面を大きめのタオルや段ボールで覆って遮光する、といった方法があります。

まとめ

犬用ベッドであくびをする秋田犬

今回は、犬がぐっすり眠れない「ダメな環境」を4つご紹介しました。あなたのおうちは大丈夫でしたか?

もしご紹介した環境で愛犬を寝かせているのなら、愛犬はぐっすり眠れていない可能性があります。ぐっすり眠れない状態が続くと、愛犬の心身の健康が損なわれる恐れがありますので、ぐっすり眠れる環境に改善してあげましょう。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。