犬と過ごすお正月で危険な「4つのこと」 食べさせてはいけないものや誤飲に注意!

犬と過ごすお正月で危険な「4つのこと」 食べさせてはいけないものや誤飲に注意!

『犬と過ごすお正月で危険なこと』についてまとめました。お正月には犬にとって危険なことが起きやすくなります。犬に食べさせてはいけないものがテーブルに並びますよね。誤飲や誤食に注意してお過ごしください。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬と過ごすお正月で危険なこと

お正月料理と柴犬

1.アルコール(お酒)の誤飲

犬と過ごすお正月で危険なことは、犬が誤ってアルコールを飲んでしまうことです。

普段はお酒を飲むことのない飼い主も、お正月だから少しだけ…と飲むことがあるのではないでしょうか。家族や親戚の集まりの場に愛犬も同席し、宴会が開かれることもあるのではないでしょうか。

いつもと違う雰囲気と、見たことも嗅いだことも飲んだこともないお酒に興味を持った犬が誤って飲んでしまうようなことが起きる場合も。

犬の体には、アルコールを分解するための機能(酵素)がありません。アルコールを誤って飲んでしまった時、全く分解されることなく、有害な物質であるにもかかわらず排泄ができず蓄積してしまいます。

一般的に『犬の体重1kgに対して、110ml以上のアルコールを摂取すると死に至る危険性が高まる』とされています。

我が家のポメラニアンが3㎏ですから、お酒を330ml飲むと致死量に達するという計算です。かなりの量ですので、犬がそれだけの量を飲むとは考えにくいですが、個人差がありますので少しなら大丈夫ということはありません。十分な注意が必要です。

2.残飯や生ゴミの誤飲誤食

犬と過ごすお正月で危険なことは、犬が残飯や生ごみを誤飲誤食してしまうことです。

犬には残飯も生ゴミも食べ物に感じられてしまいます。汚い・食べ残し・腐っているなどの概念がありません。届く場所に置かれていれば食べてしまいます。

年末年始はゴミの収集がないため、自宅で管理しなければなりません。お正月ですから、普段は食べないような料理もあると思います。犬が興味を持ってしまっても仕方がありません。

まずは、年末年始に発生した残飯や生ゴミは、犬の手や口が届かない場所で管理するようにしましょう。袋を何重にもして置いておいたとしても、犬は噛みちぎって食べてしまいます。

犬がアレルギー症状や中毒症状を引き起こす食べ物もあります。もし愛犬が体調を崩してしまっても、動物病院のほとんどがお正月はお休みです。

悲しいことにならないように、愛犬のためにも残飯や生ゴミの誤飲誤食は徹底して防げるように管理しましょう。

3.迷子や交通事故

着物姿でお散歩する柴犬

犬と過ごすお正月で危険なことは、迷子になったり、交通事故に遭ったりすることが増えるということです。

愛犬も一緒に初詣に行かれるのではないでしょうか。年に1度しか行かない犬もいます。慣れた場所ではありませんし、見知らぬ人々で混雑します。興奮したり、パニックになったりする犬もいます。

見知らぬ場所で迷子になってしまった愛犬を探すのは、飼い主にとっても困難なことです。逃げ出してしまった先で交通事故に遭ってしまう犬もいます。年明けから悲しい思いはしたくないですよね。

愛犬と一緒に初詣に行かれたり、旅行やお出かけに行かれたりする場合には、人混みや混雑を避け、愛犬が落ち着いて過ごせるようサポートしてあげてください。

4.お餅を食べさせる

犬と過ごすお正月で危険なことは、犬にお餅を食べさせることです。

喉に詰まらせてしまうことがあります。窒息死することがあります。基本的には、犬にお餅を食べさせることは絶対にしてはいけません。

食べ物をよく噛んで食べる犬もいますが、人間のように口の中でお餅を切り分けながら食べる、といった器用なことができる犬はいません。よーく噛んだ後で一気に飲み込んでしまいます。

飼い主がお餅を与えなかったとしても、テーブルの上に置かれたお餅を食べてしまうことがあるかもしれません。取り上げようとすると、取られまいと勢いよく飲み込んでしまい、喉に詰まらせてしまう危険があります。

愛犬と一緒に季節の食べ物を楽しみたい気持ちは私にもあります。しかし、お餅は犬にとって、命を奪うかもしれない危険な食べ物です。お餅ではなく、他の安全な食べ物で代用してはいかがでしょうか。

まとめ

着物姿のトイプードル2匹

犬と過ごすお正月で危険なことを4つ解説しました。

  • アルコール(お酒)の誤飲
  • 残飯や生ゴミの誤飲誤食
  • 迷子や交通事故
  • お餅を食べさせる

年末年始、お正月は動物病院もお休みです。より一層、愛犬の安全管理と体調管理に気を付けなければなりません。

危険が及ぶかもしれない…と分かっていながらも起きてしまうトラブルや事故があります。愛犬の安全と命を守るための行動を取るようにしましょう。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。