犬が「コタツ好き」な理由3つ!やってはいけない使い方まで解説

犬が「コタツ好き」な理由3つ!やってはいけない使い方まで解説

『犬がコタツ好きな理由』についてまとめました。石油や火を使わず安全なコタツですが、犬に危険が及ぶかもしれない「やってはいけない使い方」とともに解説します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬がコタツ好きな理由

こたつの中の犬

犬が「コタツ好き」な理由には、どのようなものがあるのでしょうか。

1.あったかい♡

犬がコタツ好きな理由は、暖かいからです。

犬は寒さに強いと言われていますが、15℃を下回ると、寒がる犬が多いように思います。朝起きた時、お散歩から帰った時、コタツに入りたがりますよね。

お布団から出ると急な寒さを感じますし、お散歩の後は手足が冷え切っています。コタツに入った時の「あったかい♡」がやめられなくなってしまったのではないでしょうか。

2.冷気が入ってこない

犬がコタツ好きな理由は、冷気が入ってこないからです。

電源が入っていないコタツの中にも入りたがることがありますよね。コタツ布団で覆われていることで冷気が入ってこないため、コタツの外にいるよりも中に入っていた方が暖かく感じられるのではないでしょうか。

お掃除の間はコタツ布団を上げておきますが、それでもコタツの真ん中で待機する犬もいますよね。1日のほとんどをコタツで過ごしてしまうこともあるのではないでしょうか。

3.安心できる場所

犬がコタツ好きな理由は、安心できる場所だからです。

犬は狭くて薄暗い空間を好みます。そして、コタツの中は自分のニオイと飼い主のニオイがこもっています。そのことが、犬が安心できる要因になっているのではないでしょうか。

帰宅すると、もぞもぞとコタツの中から出てくることがありますよね。もちろん電源は入っていませんが、犬にとって、お留守番中のお気に入り場所にもなっているのではないでしょうか。

足を入れてみると、何となくほんわかと暖かいことはありませんか? 愛犬のニオイもこもっていて、(ああ…冬だな)という気持ちになるのは私だけでしょうか。

「コタツ好き」な愛犬のためにやってはいけない使い方

毛布に包まれて寝ているダックス

ここからは、「コタツ好き」な犬のためにやってはいけない使い方を解説します。

コタツに入ったままお留守番

電源の入ったコタツの中でお留守番をさせるのは、やってはいけない使い方です。

感電や火災の原因になることがあります。脱水症状など、愛犬に健康被害が及ぶことがあります。

お留守番中もコタツに入りたがることがありますが、必ず電源がOFFになっていることを確認してから出かけるようにしましょう。さらに、感電防止のためにコタツのコードを必ずコンセントから抜くようにしましょう。

コタツで寝てしまう

愛犬と一緒にうっかりコタツで寝てしまった…ということがあるのではないでしょうか。

人も犬も脱水症状を起こすことがあります。人の場合ですが、脱水症状によって血流が悪くなり、ドロドロになった血液によって血栓ができ、脳梗塞を引き起こすことがあります。

愛犬を残したまま入院…なんて考えたくないですよね。愛犬の脱水症状には気づけないことも多いです。コタツでうっかり寝は絶対にやめましょう。

コタツを高温に設定する

犬がコタツに入る時に高温に設定すると、低温火傷を負ってしまうことがあります。

犬は人よりもうんと皮膚が薄く、低温火傷をしやすいのです。暑くなってもいつまでもコタツに入ってしまう犬の場合、気づかないうちに重度の低温火傷を負ってしまっていることがあります。

愛犬と一緒にコタツに入る時は、なるべく温度を低くして使用するとよいです。

寒いからと水分補給をしない

犬がコタツに入る時、寒いからと水分補給をさせないでいると、体内の水分量がうんと減り、便秘になってしまうことがあります。また、飲水量が減少することで尿路結石ができやすくなる場合があります。

寒い季節になると、自然と水を飲む量が減ってしまいますよね。飼い主が工夫し、愛犬がしっかり水分補給をすることができるよう、サポートしなければなりません。

ぬるま湯を与えてもよいですし、温めた犬用のミルクでもよいです。コタツに入った後は、必ず水分補給をするように促してあげてください。

まとめ

毛布に包まれた犬

犬がコタツ好きな理由を3つ解説しました。

  • あったかい♡
  • 冷気が入ってこない
  • 安心できる場所

一度コタツに入ると、出るのがつらくなってしまいますよね。犬も気づかぬうちに汗をかいています。必ず水分補給をしながらコタツに入るようにしましょう。

お散歩の前後に冷えた体を温める程度に入ると、安全に利用できると思います。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。