犬の運動になる「室内での遊び方」5選!

犬の運動になる「室内での遊び方」5選!

お散歩ができない雨の日や冬の間でも、愛犬の運動不足は解消させる必要があります。そこで今回は、犬の運動になる室内での遊び方をまとめてみました。愛犬の運動不足とストレス解消にぜひお役立てください。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の運動になる室内での遊び方5選!

犬用ロープを引っ張る子犬

大好きなお散歩に行けない日の犬は残念そうに見えますよね。飼い主さんとしても、愛犬と一緒に楽しく遊びたいとお考えかと思います。そんな時はぜひ、「室内遊び」にチャレンジしてみましょう。

外で遊べなくても家で体を動かすことで、犬の健康維持とストレス発散につながります。飼い主さんとの信頼関係にもよい影響を与えるので、天候の悪い日や冬の季節にぜひ活用してください。

そこで今回は、犬の運動になる「室内での遊び方」をご紹介します。しつけトレーニングのポイントも合わせて、ぜひ参考にしてください!

1.引っ張りごっこ

「引っ張りごっこ」は犬と手軽にできる室内遊びとしてぜひおすすめします!タオルなどでもできますが、安全性やしつけ上でもぜひ犬用のロープをご用意ください。

ロープをくわえると犬の狩猟本能を刺激するだけでなく、全身に力が入るので体力を消耗できます。興奮しやすい遊びなので、「ウー」と唸り声を上げない程度にテンポよく行ってくださいね。

遊び方は犬がくわえたロープを引っ張り合うだけですが、ポイントは「ちょうだい」というコマンドで犬の口からロープを受け取るようにすることです。そして口からロープを離してくれたら、「上手!」などと褒めましょう!

おやつを与えながら行ってもOKです。このしつけトレーニングを遊びにプラスすることで、犬がくわえた物を離さなくなるという問題行動を避けることができます。

2.宝探し

探す犬

「宝探し」は、別名「おやつ探し」とも呼ばれるゲーム感覚で楽しめる遊びです。遊び方は、お部屋の中のあちこちにおやつを隠して「探して!」という合図でスタートします。

最初は犬にお座りをさせた状態で、テーブルの下や部屋のすみなど目に見える場所に置いていってみましょう。犬が遊び方を理解したら、難易度を上げてクッションの下やスリッパの中などに隠してみるとより楽しめます。

3.知育おもちゃと使った脳トレ

「脳トレ」も犬の室内遊びにおすすめです!犬が夢中になって遊べる犬用の知育おもちゃがたくさん発売されているので、ぜひチェックしてみてください。

パズルを解くおもちゃ、上手く転がすとおやつが出るおもちゃなどを取り入れることで、犬にとって刺激的な遊びができます。年齢に合う知育おもちゃを選んでみましょう。

4.障害物コース

走る3匹の犬

本格的な犬の室内遊びをするなら「障害物レース」はいかがでしょうか。廊下やリビングの一角に、椅子やかごやペットボトルなどを置いてコースを作ります。

犬がくぐったり飛び越えたり、物を避けながら楽しく進めるコースで遊ばせてみてください。普段とは違う動きができることで、使いにくい筋肉や瞬発力を鍛えることができます。

5.トリックトレーニング

愛犬に変わった一芸を教えながら遊べる「トリックトレーニング」もぜひ取り入れてみてください。「お手」や「おかわり」と同じ要領で、「おまわり」「あご」「ハイタッチ」なども教えてみましょう。

「おまわり」は、おやつを犬の鼻先で誘導して一回転させて与えます。回りながら「おまわり」とコマンドを言っておやつを与える行動を繰り返して、少しづつ理解させてみてください。

コマンドを言うタイミングが重要です。犬の集中できる時間を考えて、トレーニングは短時間で行うようにしましょう。

犬と室内で遊ぶ際の注意ポイント

フローリングでお座りしている犬

元気な犬と室内遊びする際には、次の注意ポイントを忘れずに行ってください。

滑りやすい床では行わない

フローリングのような滑りやすい床は、犬が転倒しやすいため危険です。

まずは、犬が走り回っても心配のない滑り止めマットを敷いてケガを未然に防ぎましょう。手軽な犬用のマットをおすすめします。

誤飲に気を付ける

室内には思いもよらない物が落ちているため、犬が誤飲しないよう事前にチェックしてください。

犬の毛の塊が部屋の隅に落ちていることもあるので、しっかり掃除をした上で室内遊びを始めましょう。

危険なものを片付ける

犬がぶつかって転倒しやすいゴミ箱、ガラス性の食器、角のある家具、観葉植物など部屋にある危険な物を片付けてから室内遊びを行ってください。

興奮のあまり走り回る犬もいるので、犬が行動できる範囲をあらかじめ狭めておくことも大切です。

まとめ

ロープで遊ぶ犬

外に行けない憂うつな日も、室内遊びを行うことで愛犬のストレスも上手く発散することができます。

そして室内遊びはしつけトレーニングを兼ねることができるので、お散歩とは違う時間をぜひ愛犬と楽しんでみましょう。

なお、室内遊びを行う際には、犬の安全を確保した上で行うことも忘れないでくださいね。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。