犬に絶対NGな「ダイエットの仕方」3選 寿命を縮めている可能性も

犬に絶対NGな「ダイエットの仕方」3選 寿命を縮めている可能性も

犬がやや肥満気味になってくると、愛犬のダイエットを検討する飼い主さんも多いですよね。しかし、無理なダイエットは寿命を縮めてしまう危険性もあるので注意が必要です。今回は、犬に絶対NGなダイエットの仕方を解説します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬のダイエットは獣医師の指示に従って取り組もう!

体重計に乗る犬の足

「なんだか最近、愛犬が太ってきた気がする」と感じると、独断でダイエットを強行しようとする飼い主がいます。しかし、犬のダイエットは健康上の安全性を保つためにも、まずは獣医師に相談しましょう。

動物病院で健康診断を受けた上で肥満気味と判断された場合は、獣医師が適切なダイエット方法やドッグフード、生活習慣の見直しなどを指示してくれます。

獣医師からのアドバイスを受けた上で、適切にそして安全面に考慮してダイエットに取り組んでいきましょう。

犬に絶対NGなダイエットの仕方3選

空のフードボウルと犬

飼い主独自の方法で犬にダイエットさせてしまうと無理をさせすぎてしまい、寿命が縮まってしまう危険性もあります。ここでは、犬に絶対NGなダイエットの仕方を理由と共に解説していきます。

1.過度な食事制限

犬が少し太ってきたと感じた場合、愛犬の食事の見直しは必要です。しかし過度な食事制限は、愛犬に必要なエネルギーや栄養が過度に不足する可能性があり健康面に問題が生じる危険性があります。

また、数日間断食させるという極端な方法もありますが、これもおすすめできません。胃や腸にも負担がかかってしまいますし、何より次にドッグフードを口にした時の反動でリバウンドしてしまいます。

このように過度な食事制限は体の至る部分に負荷をかけてしまい、最悪の場合には寿命を縮めてしまう危険性やリバウンドの恐れもあります。まずは少しずつ食事量を減らしていき、適切な量へ戻すところから始めましょう。

2.無理のある激しい運動

疲れたブルドッグ

基本的に犬のダイエットは、正しい食事管理と適切な運動で肥満を解消していきます。しかし、今まであまり運動をしていなかった犬に突然激しい運動をさせることは禁物です。

突然激しい運動をして体に負荷をかけてしまうと、心臓に負荷をかけてしまい心停止や呼吸困難といった症状を引き起こすリスクが高まります。

また過度に体力を消耗してしまい、不健康な食欲減退や元気消失といった症状が起こる危険性もあります。まずは散歩量を数分増やすなど、少しずつ運動量を増やしていくようにしましょう。

3.急激な成果を求めるダイエット

ダイエットは1週間そこらで結果を出せるものではありません。数ヶ月かけて少しずつ体重や体脂肪を減らし、筋肉量をあげていくことが大切です。

急激に成果を求めるようなダイエットの仕方をしてしまうと、犬に過度な負担がかかってしまい、心身共にストレスがかかります。

先ほど出てきた心停止や呼吸困難といった症状だけでなく、心への負荷も大きいため、問題行動が増える、脱毛などのストレス症状が現れるケースも少なくありません。

少し太り気味かなと思ったら食事管理と適切な運動を!

ドッグフードを与える

「病院で診断してもらうほどではないけれど、少し太り気味かも」といった気になる程度の太り具合であれば、まずは適切な食事管理と適切な運動を意識しましょう。

どちらもやりすぎは厳禁です。運動であればまずは散歩量を5分、10分と増やしてみたり、室内で動きを取り入れた遊びを提供するなど、少しずつ運動量を増やしていくことをおすすめします。

同時に1日に与えるおやつの量を減らしたり、ドッグフードをきちんと計量し適切な量を与えるように心がけるなど食事管理も徹底しましょう。

すぐに結果が出るものではありませんが、数ヶ月あるいは1年ほどかけて行うことで、確実に肥満予備軍から脱出できますよ!

まとめ

胴体の幅を測る

いかがでしたか。ダイエットは早い成果を求めがちですが、やりすぎたダイエットは体に大きな負担をかけてしまいます。寿命を縮めてしまったり、不健康になってしまったりする恐れがあるため、獣医師の指示に従い少しずつ体重を減らしていくことを目標にしましょう。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。