犬の散歩の直後にご飯を与えてはいけない?ダメな理由と与える時間の目安

犬の散歩の直後にご飯を与えてはいけない?ダメな理由と与える時間の目安

「犬の食事は散歩の後がいい」と聞いたことはありませんか?そう言われる理由は、食後の運動は胃拡張・胃捻転症候群になる危険があるからです。食事は散歩後が理想的なのですが、散歩の直後にご飯を与えてはいけません。この記事では、犬の散歩の直後にご飯を与えてはダメな理由と、ご飯を与える時間の目安についてご紹介します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

散歩の直後にご飯を与えてはダメな理由は?

ボウルにフードを入れてもらうラブラドールレトリーバー

愛犬にご飯を与えるタイミングは家庭ごとに違いますよね。中には愛犬の散歩後、すぐにご飯を与えるというパターンの飼い主さんもいるかもしれません。

しかし、散歩の直後に犬にご飯を与えるのはよくないと言われています。さて、それはなぜなのでしょうか。

1.消化に悪い

運動の直後は血液が筋肉に集中している状態で、消化器官へ十分な血液が集まらず、消化機能が低下してしまいます。そのため、運動直後の食事は消化不良を起こしやすいです。つまり消化に悪いので、散歩の直後にご飯を与えるのは避けたほうがいいのです。

ちなみに食後すぐの運動も、本来は消化活動のために消化器官に集まるはずの血液が筋肉に流れていってしまうため、やはり消化不良になりやすいです。散歩直前の食事も散歩直後の食事も、消化に悪いと心に留めておきましょう。

2.胃拡張・胃捻転症候群のリスクが高まる

食後すぐの運動は『胃拡張・胃捻転症候群』のリスクが高くなると考えられていますが、運動直後の食事も要注意です。

運動や散歩直後の犬は、テンションが高めであることが多いと思います。そのような状態のときにご飯を与えると、犬はどのような食べ方になるでしょうか。

恐らく、ゆっくりと落ち着いて食べたりはしませんよね。興奮気味にガツガツと食べて、早食いになったり、ご飯と一緒に空気をたくさん飲み込んでしまったりするでしょう。

この早食いや空気の飲み込みが、胃拡張・胃捻転症候群を引き起こすことがあります。散歩直後の食事は、胃拡張・胃捻転症候群のリスクを高めるのです。

胃拡張・胃捻転症候群については後述で詳しく解説しますので、そちらを参考になさってください。

3.要求吠えをするようになる可能性がある

いつも同じ時間にご飯をあげたり散歩へ行ったりしていると、犬はその時間を覚えてしまい、ご飯や散歩の時間が近づくと吠えて催促するようになることがあります。いわゆる要求吠えです。

また犬は、飼い主さんの行動パターンでご飯や散歩のタイミングを覚えることもあります。散歩の後すぐに食事というパターンを繰り返していると『散歩から帰ったらすぐにご飯がもらえる』と、覚えてしまうのです。

そうなった場合、散歩から帰った途端にご飯の要求吠えをするようになってしまう可能性があります。

胃拡張・胃捻転症候群について

気持ち悪そうなロットワイラー

1.胃拡張・胃捻転症候群とは

胃拡張・胃捻転症候群とは、飲み込んだ空気や発酵したガスなどによって胃が膨張し(胃拡張)、さらに胃がねじれた状態(胃捻転)となり、全身に悪影響を及ぼす疾患です。

拡張した胃の圧迫によって臓器が壊死したり、胃がねじれることによって血流障害が起きたりするため、発症から数時間で死に至ることもあります。胸の深い(胸骨と背骨の間が長い)大型犬に多く見られますが、どの犬種でもなり得ます。

2.原因

はっきりした原因は不明ですが、以下のようなことが要因になるのではないかと考えられています。

  • 食後すぐの運動
  • 運動前後の大量の飲水
  • 1日1回の大量の食事
  • 食後の大量の飲水(胃の中でドライフードが一気に膨らむ)
  • 早食い
  • 食事の際の空気の飲み込み
  • 遺伝
  • 加齢(加齢によって胃を支えている靭帯が緩む)

など

3.症状

  • 腹部が大きく膨れる
  • 急にぐったりする
  • 吐こうとするが何も吐けない
  • よだれを大量に出す
  • 腹部を触ると痛がる
  • 呼吸が荒くなる

など

胃拡張・胃捻転症候群の症状は、食後すぐには表れません。食事から数時間後に上記のような症状が見られた場合は、胃拡張・胃捻転症候群である可能性が高いです。すぐに動物病院を受診しましょう。

4.予防策

  • 食事の直前の運動を避ける
  • 食事を1日数回に分ける
  • 早食い防止の食器を使用する
  • 運動前の大量の飲水を避ける

など

犬にご飯を与える時間の目安は?

食事中のビーグル

成犬の食事は朝夕1日2回が基本となっていますが、食事を与える時間に特に決まりはありません。ただ食後すぐに散歩へ行くと胃拡張・胃捻転症候群になる恐れがあるので、ご飯は散歩前ではなく散歩後に与えるのが理想的です。

とはいえ、散歩直後は筋肉に血液が回り、消化器官には血液が回りにくい状態になっています。そのため消化能力が落ちてしまします。散歩から帰って少し落ち着いた頃にご飯を与えるといいでしょう。散歩から帰宅して30〜60分程経った頃が、食事を与える大体の目安になります。

なるべく散歩後に愛犬にご飯を与えるようにしたいですが、飼い主さんのスケジュールやライフスタイルの都合上、どうしても食事のタイミングが散歩前になってしまうこともあると思います。その場合は、食後2時間以上空けて散歩へ行くようにしましょう。

ご飯を食べて胃の中がいっぱいの状態で体を動かすと、重くなった胃が揺さぶられて捻転を起こしやすいです。しかし、2時間程度空ければ胃の中のものが消化されて小腸へ送られるため、胃捻転を起こすリスクが低くなります。

まとめ

空のフードボールの前に座る犬

散歩前の食事は胃拡張・胃捻転症候群のリスクがあるので、散歩の30~60分後にご飯を与えるのが理想的です。

しかし散歩直後の食事は、消化に悪かったり、要求吠えをするようになる可能性があります。もし散歩前にご飯を与えるのなら、食後2時間以上空けてから散歩へ行くことで、胃拡張・胃捻転症候群のリスクを軽減できます。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。