犬が『餓死寸前』になっている時の超危険な症状3選

犬が『餓死寸前』になっている時の超危険な症状3選

家で飼われている犬であっても、何らかの原因でご飯を食べなくなり、餓死寸前になってしまうケースは稀に見かけます。今回紹介する『餓死寸前』の危険な症状が見られたら、すぐに動物病院で必要な処置を施してもらいましょう。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬は病気やストレスで『餓死寸前』状態に陥るケースも

ドッグフードを見る犬

現在、日本国内の野良犬は一昔前に比べるとかなり減りました。しかし、だからと言って飢え死にする犬が全くいないわけではありません。

犬は病気やストレスによって元気や食欲を消失し、ドッグフードを食べられなくなることもあります。すると、徐々に栄養が足りなくなり、餓死寸前状態まで陥ってしまうケースも見受けられるのです。

一般的に、犬は1日〜3日ほどご飯を食べなくても水分補給していれば生き延びることができると言われていますが、4日以降もご飯を口にしない場合は、動物病院で検査を行い、どこかに問題が出ていないか確認しましょう。強制給仕の方法や、食欲がない場合の食事について相談しましょう。

犬が『餓死寸前』になっている時の超危険な症状3選

地面に寝転がる野良犬

もしも犬が餓死寸前に陥っている場合、どのようなサインが見られるのでしょうか。ここでは犬が餓死寸前になっている時の超危険な症状を3つご紹介します。このようなサインがもしも見られたら、すぐに動物病院へ連れて行きましょう。

1.自力で立ち上がれず寝たきり状態になる

ご飯を食べず栄養不足に陥っている場合、徐々に気力や体力は奪われ、立ち上がるために必要な脂肪や筋肉も分解されてしまいます。

すると、今まで問題なく自分で立ち上がることができていた犬であっても、自力で立ち上がることが難しくなり、1日中寝たきり状態になることも少なくありません。

もちろん立ち上がることができないので、自分で歩くことも難しく飼い主の介助が必要になるでしょう。このような状態に陥っている場合は、すぐに動物病院へ連れて行き、必要な処置や検査を行いましょう。

2.筋肉や脂肪がなくなり骨が浮き出て見える

悲しそうな表情の犬

食べ物を摂取していなければ、犬も人間も関係なく筋肉や脂肪が分解され、徐々に筋肉や脂肪で覆われていた骨が浮き出て見えるようになり、骨と皮だけの状態になってしまうのです。

このような状態になると、餓死寸前のサインを知らない人でも「この犬はまずいのではないか」と気付くはずです。

3.胃液を吐き出す

何も食べていないのに何かを吐き出すような症状を見せるのは、胃に長い間、食べ物などが行き届いていないため、胃酸が吸収した栄養や食物ではなく、胃壁にダメージを与えていることが原因です。

つまり、それほどまでに食べ物を口にしていないことを表しているため、その状態が続くと餓死の恐れが出てきます。

また、胃液を吐き出すような症状を見せる場合は、他にも病気が関係している可能性も疑われます。早めに動物病院へ連れて行き、診察してもらいましょう。

ドッグフードを食べない場合は病院で栄養摂取させよう

病院

餓死寸前サインが確認できるほど衰弱しているのに、なかなかドッグフードを食べようとしてくれないという犬もいます。特にシニア犬や病気を患っている犬の場合は、食欲がわかない犬も多いでしょう。

その場合は、かかりつけの動物病院に相談し、シリンジで栄養補給させたり、点滴で栄養を体に行き渡らせたりする必要があります。必要に応じて検査を行い、何が原因で食欲不振を招いているのか調べる必要も出てくるでしょう。

愛犬に健康な状態へと戻ってもらうためにも、餓死する前に飼い主が適切な対応をとってあげることが大切です。

まとめ

ご飯を口元に添えられる犬

いかがでしたか。餓死寸前に陥ってしまう犬は野良犬だけではありません。病気やストレスなどの理由から、食欲不振を招き、最悪の場合、餓死寸前の状態に陥ってしまう飼い犬もいます。

もしも餓死寸前の症状が見られる場合は、ドッグフードを適切な量食べられているか、もしも摂取できないようであれば、病院で栄養補給してもらうなど対応しましょう。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。