犬が突然吠えなくなる理由4つ

犬が突然吠えなくなる理由4つ

『犬が突然吠えなくなる理由』についてまとめました。愛犬が突然吠えなくなると、(どうして今日は吠えないんだろう?)と不安になりますよね。痛み・疲れ・病気が関係しているかもしれません。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬が突然吠えなくなる理由

抱っこされているトイプードル

1.喉に痛みがある

喉に痛みがある時、犬が突然吠えなくなることがあります。

例えば、喉に炎症が起こる「咽頭炎」の可能性を考えることができます。異物を誤飲してしまったことによる傷、刺激の強いものを飲み込んだ、感染が起きたことなどが原因になることが多いでしょう。

突然吠えなくなる以外には次のような症状が見られることがあります。

  • 咳をする
  • ごはんを食べなくなる
  • 水を飲まなくなる
  • よだれが出る、よだれが増える
  • 何も吐き出せないけれど吐くような仕草を何度もする
  • 声を出そうとするが苦しそうな声しか出ない

犬が突然吠えなくなるのには、誤飲や毒物が関係している可能性もありますので、心配される場合にはすぐに病院へ連れて行ってあげてください。

2.発熱している

発熱している時、犬が突然吠えなくなることがあります。

  • 子宮蓄膿症
  • 細菌感染
  • 肺炎
  • 胃腸炎
  • 肝炎
  • 食物アレルギー

このような病気が原因なのではないかということが考えられます。

犬を抱っこした時、異様に体が熱いと感じられることがあります。発熱によって、ぐったりしていることがあります。運動をしたわけでもないのに、体の熱さからパンティングをすることがあります。

どの病気にも注意は必要ですが、犬の感染症の一種である「ケンネルコフ」には要注意です。発熱以外にも苦しそうに呼吸をしたり、苦しそうな咳をしたり、激しい咳で喉を刺激し嘔吐するなどの症状が見られることがあります。

ケンネルコフは混合ワクチンの接種で予防することができます。犬が突然吠えなくなり、接種が遅れている場合には、発熱の原因なのでは?と疑ってみてください。

3.吠えるためのエネルギーがないほど疲れている

伏せて床に顎をつけて寝るラブラドール

吠えることにもエネルギーを使いますよね。吠えすぎた時、疲れきった様子で横たわることがあるのではないでしょうか。

トリミングに行った日、動物病院での待ち時間が長かった時、車で長時間のドライブをした時など、吠えるためのエネルギーがないほど疲れている時には、犬が突然吠えなくなることがあります。

水分補給をし、しっかりごはんを食べ、ぐっすり眠ることができれば大丈夫です。若い犬であれば、翌朝には回復しているはずです。

犬が突然吠えなくなり、食欲もなく、1~2日が経っても回復していない様子である時は、かかりつけの獣医師にご相談ください。

4.犬にだって吠えない日がある

犬が突然吠えなくなると心配しますよね。いつも無駄吠えばかりしてうるさいなと思っていたのに、突然吠えなくなると病気を疑ってしまいますよね。

7歳を過ぎた頃からでしょうか。シニアと呼ばれる年齢になると、犬にも1日中全く吠えない日があります。様々なことを経験し、ただむやみに警戒して吠えるのではなく、吠えるか吠えないかを判断することができるからなのではないでしょうか。

郵便配達員のバイクの音も覚えますし、宅配業者のトラックの音も覚えます。配達員の足音も覚えています。見知らぬ誰かではないし、これまでに危害を加えられたこともないため、今日は吠えなくてもいいや…という日があるのだと思います。

また、10歳を過ぎた頃になると、警戒や威嚇して吠えることが少なくなります。13歳ごろになると突然吠えなくなるということよりも、突然吠えるようになる、ということの方が増えるかもしれません。

同じ人に対して、昨日までは吠えなかったのに今日は突然吠えた、などということがあるのです。そこは犬の気分次第なのかもしれませんね。

まとめ

トイプードルの顔のアップ

犬が突然吠えなくなる理由を4つ解説しました。

  • 喉に痛みがある
  • 発熱している
  • 吠えるためのエネルギーがないほど疲れている
  • 犬にだって吠えない日がある

いつも何かと吠える犬なのに、どうして今日は吠えないんだろう…という時は、ほとんどが体調不良だと思われます。

聴力の衰えが問題なのであれば、「突然に」ではなく「徐々に」ですよね。吠えることができないほどの苦痛を感じているのかもしれません。

突然吠えなくなり、異様な様子である時は、なるべく早く病院に連れて行ってあげてくださいね。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。