犬にとってストレスになる『インテリア』5選!ダメな理由は?何なら置いていい?

犬にとってストレスになる『インテリア』5選!ダメな理由は?何なら置いていい?

犬をはじめとした動物たちは、元々警戒心が強いため、部屋に置かれているインテリアにストレスを感じることがあります。今回は、犬にとってストレスになるインテリアを理由と共に紹介するので、ご自宅にある際は配置などを工夫しましょう。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬にとってストレスになる『インテリア』5選

ソファの上に座る犬

犬は元々警戒心の強い動物です。普段過ごしている部屋の中に苦手なインテリア雑貨や家具があると、ストレスに感じていることもあります。ここでは犬にとってストレスになりやすいインテリアをいくつか理由とともに紹介します。

1.芳香剤などの匂いが強い雑貨

犬は嗅覚が優れているため、人間以上に匂いを強く感知しやすいと言われています。そのため、人工的な匂いを発する芳香剤や香水などは、犬にとって非常に匂いがきつくストレスを感じやすいインテリア雑貨の1つです。

部屋の匂いを改善するため、ペットのいるご家庭では良い匂いのする芳香剤を置くというご家庭も多いですが、その分、ペットに多大なストレスをかけている可能性があります。

最近ではペットのいる家庭で使える無臭の消臭アイテムが販売されているので、空気清浄機などと併用して活用しましょう。

2.風が当たる冷暖房器具

扇風機に当たる犬

扇風機やヒーターなど、冷風や温風を出して部屋を適切な温度にする冷暖房器具はとても優秀です。風が当たることを嫌がらない犬の場合は冷えや乾燥に注意することが大切になりますが、しかし、風があたる冷暖房器具の前を通るたびに風があたることで、犬は少しずつストレスを溜め込んでいる可能性があります。

エアコンの風もストレスになりやすいと言われていますが、エアコンの場合は上部に設置されているため、休む場所を変えることで回避可能です。しかし、置き型の場合は直接体に風が当たりやすいので、当たるたびに「嫌だな」とストレスに感じる犬は多いです。

冷暖房器具の設置場所を考えたり、風の出ない最新型に買い換えるなど検討するのも1つの手段なのかもしれません。

3.角が角張っている家具

部屋に置いてある家具の中でも、角が角張っている家具は犬たちにストレスを与えやすいと言われています。

犬は部屋の中を歩き回ったり、時には興奮して走り回ったりすることがあります。そんな時、近くに角が角張った家具が設置されていると、当たった時に痛みを感じてしまいます。こうした些細な負担が日々積み重なり、大きなストレスになることも少なくありません。

犬を飼っているご家庭では、なるべく角が丸みを帯びている家具を選んだり、角張っている部分にはクッションシールのような保護剤を貼ったり工夫しましょう。

4.ステレオなどの大音量が出る機器

スマートスピーカーと犬

最近ではスマートスピーカーなど音を大きく、そして綺麗に出すことのできるスピーカーが人気です。しかし聴覚が優れている犬にとって、テレビの音や音楽が大きく出るスピーカーやステレオは不愉快に感じます。

元々警戒心の強い犬にとって、こうした機器はさらに警戒心を強める原因にもなります。すると日々ストレスが溜まり、体調不良に発展する恐れもあるので注意が必要です。

5.フローリング

今や多くのご家庭の床がフローリング仕様になっていますが、実は犬たちにとって、フローリングもストレスが溜まりやすい床材であることをご存知でしょうか。

フローリングはツルツルと滑りやすいため走った時に転倒してしまったり、シニア犬にとって足腰に負担がかかりやすいといったデメリットがあります。

しかし、フローリングを簡単に変えることは難しいですよね。その場合は、犬が過ごしている範囲にカーペットやマットを敷いたり、滑り止めコーティングしたりすると良いでしょう。

肉球の間の被毛が長くなるとさらに滑りやすくなります。定期的にカットしたり、爪を切るようにしましょう。

どんなインテリア雑貨なら置いてもいい?

室内でくつろぐ犬

犬を飼う上で、犬が過ごす環境に置くインテリアにも気を使う必要があります。以下のようなインテリアは犬にとってストレスになりにくいので、積極的に選択肢に入れましょう。

  • 人工的な匂いを発しないもの
  • 丸みを帯びた家具
  • 滑り止めにもなるマット
  • 高所に上がるためのペットステップ

もちろん、上記以外のインテリアを置いても問題ありません。今回紹介したようなストレスになりやすいインテリアも、物によっては工夫次第で置くことは可能です。

少しでも愛犬にとって快適にくつろげる環境を整えるためにも、一緒に過ごす室内に置くインテリアはよく考えて選びましょう。

まとめ

ソファの上の犬

いかがでしたか。インテリアによっては、日々愛犬がストレスを感じてしまう家具や雑貨も多くあります。しかし、工夫次第でストレスを与えずにインテリアを楽しむこともできるので、いろいろと配慮しながらレイアウトを楽しみましょう。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。