犬が刺されると死に至る『危険な虫』3選

犬が刺されると死に至る『危険な虫』3選

私たち人間に「刺されてしまうと危険な虫」が存在するように、犬にも刺されてしまうとある理由から命に関わる危険性のある虫が存在します。今回は、犬が刺されると死に至る『危険な虫』を理由と共に解説します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

まだまだ油断できない屋外の危険な虫たち

草むらで遊ぶ2頭の犬

7月頃になると、毎年多くの虫たちが活発に活動し始めます。9月に入ると少しずつ落ち着いてきますが、まだまだ油断は禁物です。

中には散歩中に虫に刺されてしまい、重症化してしまうケースもあります。最悪の場合、刺された虫や症状によっては命に関わる危険性もあるので、虫刺されには注意が必要です。

日頃から愛犬が虫に刺されないよう予防法を実践したり、あらかじめ予防薬を摂取したりするなど必要な対策を行いましょう。

犬が刺されると死に至る『危険な虫』3選

背中を地面に擦り付ける犬

では、犬が刺されると死に至る危険性のある虫には、どのような虫が当てはまるのでしょうか。ここでは、犬にとって『危険な虫』を紹介します。

1.蚊

夏になると多く見かけることのある『蚊』も実は犬にとって危険な虫の1つです。

蚊が媒介する感染症の1つに『フィラリア症』という感染症があります。蚊の体内にいるフィラリア子虫が吸血する際に犬の体内に侵入します。侵入したフィラリアは成長しながら最終的に心臓に寄生し、様々な症状を引き起こします。成虫になったオス・メスのフィラリアよりミクロフィラリアが生まれ、やがて様々な症状が見られるようになります。元気消失、咳、腹水貯留、呼吸困難などの症状が起こり突然死を起こす場合もあります。

2.ハチ

ハチを見つけた犬

人間にとっても怖いハチですが、犬も例外ではありません。犬の中には、ハチを見つけて追いかけたりくわえたりしようとする子もいるため、その行動にハチが警戒し、攻撃されてしまうケースがあります。刺された部位の周辺が腫れあがり、呼吸困難になることもあります。

命に関わる危険性があると言われる理由は、人間と同様で犬によってはアナフィラキシーショックを起こしてしまう可能性があるからです。

アナフィラキシーショックは1回目にハチに刺された時に抗体ができ、2回目以降、ハチに刺されてしまった際、体が毒を排除しようと急激な反応を起こすことが原因だとされています。

応急処置方法として、カードの端などで針を抜いたり刺された場所を流水で毒を絞り出すように洗い流すという方法があります。早急に動物病院で適切な処置を受けましょう。

3.ダニ(マダニ)

草むらなどに多く生息しているマダニは、犬に寄生し吸血します。大量に吸血されることで貧血症状を引き起こす危険性があります。

また、マダニに吸血された際、バベシア原虫が体内に侵入し、重度の貧血を引き起こす『犬バベシア症』を発症する恐れがあります。

重度の貧血、発熱、黄疸などの症状が現れ、最悪の場合、死に至る危険性もある病気です。ダニに寄生されないように定期的に予防薬を投与することが大切です。皮膚につけるものや、内服薬がありますので使いやすいものを選びましょう。

虫刺されから愛犬を守るためにやるべき予防法

予防薬を犬に見せる

愛犬を虫刺されによる症状から守るためには、まず寄生虫にあわせた予防薬を投与することが大切です。ノミダニ駆除薬は食べられるおやつタイプも販売されているので、定期的に投与することで発症を予防することが可能です。

フィラリア予防薬も様々なタイプが販売されています。首元に垂らすだけのタイプやおやつタイプ、注射など色々あるので、愛犬に合った予防薬を選んでみましょう。

予防薬を投与した上で犬用の虫除けグッズを活用したり、草むらには近づかないようにしたり意識すると良いでしょう。

まとめ

フィラリア予防を行う犬

いかがでしたか。暖かい時期は虫も活発になります。散歩中に虫に刺されてしまい、症状が重症化してしまう危険を回避するためにも、定期的に予防薬を投与したり、散歩中に虫除け対策を実践したりして愛犬を守りましょう。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。