亡くなる可能性も 犬に絶対してはいけない『散歩方法』4選

亡くなる可能性も 犬に絶対してはいけない『散歩方法』4選

あなたは愛犬をどんな風に散歩させていますか?この記事では、犬に絶対してはいけない『散歩方法』4選をご紹介します。もしかしたら、普段あなたがしている散歩方法は危険かもしれません。ぜひチェックしてみてください。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

愛犬を正しく散歩させていますか?

散歩中の犬

多くの飼い主さんは、ルールを守って安全に犬との散歩を楽しんでいることでしょう。

しかし、中には危険な方法で犬を散歩させている人もいるのが現実です。間違った方法で散歩すると、最悪の場合、犬が亡くなってしまう可能性もあります。

今回は、犬に絶対してはいけない散歩方法をご紹介しますので、チェックしてみてください。

1.ノーリードで散歩させる

ノーリードで散歩する犬

最も危険な散歩方法は、「犬をノーリードで散歩させること」です。いくらしつけをしている犬であっても、ノーリードは絶対にやめてください。

犬が大きな音に驚いたり、興味がある物を見て興奮したりすると、突然走り出してしまう可能性があります。パニックを起こしている犬は、飼い主が制止しても、なかなか止まることはないでしょう。

そのまま迷子になる、道路に飛び出して事故に遭うなど、ノーリードでの散歩は重大な結果に繋がります。亡くなってしまうケースも少なくありません。

そもそも、犬をノーリードで散歩させるのは、多くの自治体で条例違反ですし、国も犬を放し飼いすることは、禁止しています。加えて、犬が苦手な人からすると、ノーリードで散歩している犬はとても恐ろしいはずです。「噛まないから大丈夫」という飼主さんの考えは、間違っています。

リードは犬の命綱のようなもの。リードをしていれば、拾い食いを阻止したり、危害を加えようとする人からも犬を守ることができます。周囲の人へ配慮するため、愛犬を守るため、散歩するときは必ずリードをつけましょう!

2.スマホを見ながら散歩する

散歩中にスマホを見る女性

近年、社会問題にもなっているのが歩きながらスマートフォンを操作する「歩きスマホ」。

犬の散歩中にもスマホを見ている人を見かけますが、この行為も大変危険です。スマホの画面を見ているということは、犬からは目を離していることになります。もし犬が拾い食いをしても、気づかないかもしれません。立ち止まった犬に躓いてしまったり、犬が急に走り出したら転倒してしまいます。

犬が飼い主の顔を見上げて何か訴えようとしても、スマホに夢中な飼い主は気づかないでしょう。

散歩中にスマホを触るのは、時間を確認したり、写真を撮ったりするだけにして、危険回避のためにも散歩中のながらスマホはやめましょう。

3.リードを伸ばしたまま散歩する

伸縮リード

ついやってしまいがちなのが「伸縮リードを伸ばした状態のまま犬を散歩させる行為」です。

長すぎるリードはノーリードと変わりません。確かに、犬が逃げてしまうことはないでしょう。しかし、犬に何かあった時にとっさに動きを制御したり、守ったりすることはできませんよね?

「リードを巻き戻すかロックをかければ良い」と思うかもしれませんが、対処は遅れますし、伸ばした状態から急にロックをかけることは犬の首に大きな負担がかかります。

伸縮リードを伸ばして使うのは、見晴らしの良い広い公園で、周りに人がいない時にしましょう。

4.自転車で散歩する

自転車で犬を散歩させる男性

自分は自転車に乗り、リードで繋いだ犬を並走させ散歩させている人がいますが、この方法も危険です。リードが車輪に絡まったり、犬にひっぱられて自転車ごと転倒するリスクがあります。

また、自転車で引っ張られると、犬は自分の意思では止まることができません。引っ張られてケガをしたりする可能性があります。散歩させる時は、歩いて犬の様子を伺いながら行いましょう。

犬を歩いて散歩させるのが体力的に辛い場合は

  • 家族と交代で行く
  • 散歩代行に依頼する

など工夫しましょう。

まとめ

リードをくわえるジャックラッセルテリア

犬に絶対してはいけない『散歩方法』4選をご紹介しました。

犬を散歩させる時には

  • リードは必ず付け短く持つ
  • 犬から目を離さない
  • 犬が散歩を楽しめるようにする
  • 犬が苦手な人、周囲の人に配慮する

以上のことを守って、安全に楽しみましょう!

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。