犬が誤飲したら死に至る『超危険なもの』5選 絶対に飲み込まないよう事前の対策を

犬が誤飲したら死に至る『超危険なもの』5選 絶対に飲み込まないよう事前の対策を

犬は興味を持ったものを口に入れて確認しようとすることがあります。しかし、中には誤飲してしまうと死に至る恐れのある超危険なものも…。今回は、犬が誤飲したら死に至る超危険なものを理由と共に解説していきます。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の拾い食いに注意!危険なものを誤飲する恐れも

待合室で順番を待つ子犬

犬の中には床や地面に落ちているものに興味を示し、匂いを嗅ぐだけでなく拾い食いしてしまう犬もいます。特に子犬は好奇心旺盛なので、そのまま口に入れて誤飲してしまう子も少なくありません。

拾い食いは犬にとって、有毒なものや危険性の高いものを誤飲してしまうリスクを高めます。犬が拾い食いしないように、日頃から以下の点を意識しましょう。

  • 散歩中は拾い食いしないよう見張っておく
  • 部屋の床はなるべく毎日掃除する
  • 机の上に食べ物などを置きっぱなしにしない
  • 危険なものは犬の手の届かない場所に保管する

犬が拾い食いしない環境を整えておくことで、事前に誤飲しないようリスクを下げることができます。基本的に犬にとって危険なものは、犬の手の届くところや視界に入る場所に置かないようにしましょう。

犬が誤飲したら死に至る『超危険なもの』5選

聴診器と犬

犬が誤飲してしまうと、ある理由から死に至る危険性の高いものもあります。こうしたものは、絶対に犬の手の届く場所に置いたり拾い食いを許したりしてはいけません。ここでは、犬が誤飲したら死に至るリスクの高い『超危険なもの』を紹介します。

1.紐や髪の毛などの糸状のもの

紐や髪の毛などの細い糸状のものは、犬が口に入れて誤飲してしまうと非常に危険です。「細いし問題ないのでは?」と思われがちですが、腸の中で腸閉塞を引き起こす原因になる恐れがあります。

腸閉塞は、異物が腸の中にあり食物塊が通過できなくなってしまう状態を言います。異物が腸壁を圧迫してしまうと腸が壊死を起こしてしまったり、状態によっては短期間で死に至る危険性もあるため、もしも紐などを飲み込んでしまった場合は早急に動物病院で検査を受け、必要な処置を行う必要があります。

2.画鋲や竹串など尖ったもの

竹串

画鋲や竹串などの尖ったものを飲み込んでしまった場合、口の中や消化器官などを傷つけてしまう危険性があります。また問題なく食道を通過しても、臓器を傷つけてしまうリスクが高いため、非常に危険です。

臓器を傷つけてしまった場合、出血や腹膜炎などが起こり死に至る危険性もあります。また無理に吐き出させようとすると、かえって状況を悪くしてしまう恐れがあるため、無理に吐かせようとせず病院で処置を受けましょう。

3.タバコ

いまだに道路などにポイ捨てされていることのあるタバコは、犬が誤飲してしまうとニコチンによる中毒症状が心配されます。

摂取した量によって症状は異なりますが、一般的によだれが大量に出たり嘔吐や下痢、震えなどの症状が見られます。ニコチンの影響を強く受けてしまった場合、昏睡状態に陥り死に至る危険性もあるので、絶対に拾い食いしないよう見張りましょう。

4.人間の医薬品

薬

家で飼い主が服用している医薬品をテーブルの上に置きっぱなしにしてしまい、犬が誤って飲み込んでしまったという事例も起こりえます。小さく犬でも飲み込めるサイズであること、飼い主が口に入れているところを見ていることなどが原因と考えられます。

人間の医薬品には多くの成分が含まれており、中には犬にとって害になる成分が含まれていることもあります。また、複数個飲み込んでしまうと中毒を起こしてしまう可能性もあります。最悪の場合、死に至る危険性があるのです。

5.アルコール飲料

犬は、アルコールを分解することができませんので少量飲んでも中毒症状が出てしまう可能性があります。犬がアルコール飲料を誤飲してしまった場合、興奮状態に陥り行動異常や運動失調、最悪の場合、昏睡状態に陥り死に至る危険性もあります。アルコール飲料は置きっぱなしにせず、空き缶などは洗って手の届かない場所に保管しておきましょう。

まとめ

テーブルの上を覗く犬

いかがでしたか。屋外にはもちろん、室内にも犬にとって超危険なものは数多く存在します。今回紹介したものは、犬が誤飲してしまうと死に至る危険性もあるので、絶対に誤飲しないよう日頃から十分注意しておきましょう。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。