今すぐやめるべき『犬へのご飯の与え方』5選!絶対NGな理由と対処法

今すぐやめるべき『犬へのご飯の与え方』5選!絶対NGな理由と対処法

皆さんは愛犬にご飯を与える際、どのような与え方をしていますか。誤った与え方は、犬に悪影響を及ぼす恐れもあるので注意が必要です。今回は、今すぐやめるべき『犬へのご飯の与え方』とそれぞれの対処法を解説します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

対処法も解説!今すぐやめるべき『犬へのご飯の与え方』5選

ご飯を与える

1日2回を目安に与えることが推奨されている犬へのご飯は、与え方にも注意が必要です。与え方を誤っていると犬の健康に悪影響を及ぼしたり、しつけの面にも影響が出たりするからです。

今回は、今すぐやめるべき『犬へのご飯の与え方』とそのNG理由、さらにそれぞれの対処法について解説していきます。

1.犬が要求する度にご飯を与える

犬によっては、性格的に、あるいは犬種の傾向として「もっと食べたい!」と食いしん坊な様子を見せる犬も多くいます。しかし、可愛いからと犬が要求する度にご飯を与えるのはNGです。

犬が欲しがる分だけ与え続けてしまうと、簡単に1日の摂取カロリーをオーバーしてしまい、肥満を引き起こしたり、ドッグフードに含まれる成分を過剰摂取したことによる病気を患ってしまう恐れがあります。

ドッグフードは大まかに与える時間帯や回数を決め、それ以外のタイミングでは与えないようにしましょう。もちろん、おやつを与える量もきちんと管理してください。

2.ご飯皿を床に直置きした状態で与える

床に置かれたフードボウル

皆さんは愛犬用のフードボウル(ご飯皿)をどこに置いてドッグフードを与えていますか。

ご飯皿を床に直置きさせた状態で与えているご家庭も多いですが、床に置いたまま食べさせてしまうと、犬の首が必要以上に下がる状態が維持されてしまうため、椎骨などに負担をかけてしまいます。

また、姿勢が前のめりになってしまうために、ドッグフードを喉に詰まらせてしまったり、胃腸に負担をかけやすくなったりします。犬のご飯皿は、台を用意するなどして、犬が食べやすい位置に設置してあげるのがポイントです。

3.ご飯前の「待て」を必要以上に長く行う

ご飯の前で待つ犬

ご飯を与える前に「待て」と指示を出し、数秒間待たせた後に「よし」と合図を出すという飼い主さんを多く見かけます。ほんの数秒であれば問題ありませんが、この時、あまりにも長い時間「待て」をさせてしまうのは禁物です。

犬にとって、ご飯はとても重要な生きる糧です。そのご飯を目の前に置かれ、長い時間「待て」をさせられ続けると、いざ食べる時に早食いにつながるリスクが高まります。

早食いはドッグフードを喉に詰まらせたり、消化不良の原因となったりする恐れがあります。ご飯の前に「待て」をする場合は、ほんの2〜3秒と短時間にとどめましょう。

4.療法食や人間用の食べ物をむやみに与える

愛犬にもっと美味しいご飯を食べてもらいたい、健康に良い食事をとってほしいという思いから、通常のドッグフードではなく、療法食や人間用の食べ物を使った手作り食を与えている飼い主さんもいるでしょう。

しかし、人間用の食べ物を使う際はカロリーや食べてはいけないものに注意しなければいけません。食中毒症状を引き起こしたり肥満の原因になったりするからです。

また、療法食は病気を治療している間に摂取する食事なので、健康的な犬にとって必要な栄養素が十分でなかったり、反対にある特定の栄養素を過剰摂取することになる恐れがあります。

療法食はむやみに健康的な犬に与えず、獣医師の指示を仰いで与えるようにしてください。また、手作りご飯も扱う食材や調理方法に注意しましょう。

5.食べないからと出しっぱなしにする

ご飯を出しっぱなしにする

「愛犬がご飯をなかなか食べてくれないから」と、ドッグフードをそのまま出しっぱなしにしていませんか。食べないからと出しっぱなしにしていると、犬も「いつでも食べられる」と勘違いし、おおよそ決められた食事時間に食べなくなってしまったり、ダラダラ食べるようになってしまいます。

また、出しっぱなしにされたドッグフードは、酸化し味や品質が劣化しやすくなります。時期によっては、食中毒を引き起こす恐れもあり危険です。

犬にご飯を与える際は、10分ほど様子を見てください。それでもご飯に口をつけない場合は、その時間のご飯は片付け、次のご飯の時間まで食べ物を与えないようにしましょう。

まとめ

ご飯を食べる犬

いかがでしたか。犬へのご飯の与え方が間違っていると、生活習慣やしつけの面、そして健康面にも悪影響を与えかねません。正しいご飯の与え方を実践し、犬が安全に、しっかり必要な栄養を摂取できるようサポートしてあげましょう。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。