犬の歯が折れた!破折(はせつ)の対処法や予防する対策は?

犬の歯が折れた!破折(はせつ)の対処法や予防する対策は?

歯が折れたり欠けたりすることを「破折」といいます。犬の歯が折れてしまった時の対処法、犬の歯の破折を予防する対策を解説します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の歯が折れた時の対処法

歯の検査を受ける茶の犬、白い手袋をした手

犬の歯が折れてしまった時は、すぐに病院で診察を受けてください。

破折しても症状が全く見られないことがあります。歯の内部にある血管や神経を傷つけていないからです。血管や神経を傷つけている場合でも初期症状は見られないことがあります。

痛がらないから、いつもと変わらないからといって様子を見ている間にも、歯の周囲の組織が細菌感染を起こしてしまうかもしれません。

やがて根尖膿瘍(こんせんのうよう)という状態となり、目の下の皮膚に穴が開いて膿が出たり、出血を伴うことがあります。ひどくなると顎の骨が折れてしまうこともあります。

犬の破折の原因

ガムを手で押さえて食べるチワワ

家具を噛んで歯が折れた

テーブルやイスの足を噛んで歯が折れてしまうことがあります。犬には“噛みたい”という本能的な欲求があり、満たされていないことで家具を噛んでしまうことがあります。

硬いおやつを食べさせる、噛んで遊ぶおもちゃを与えるなどし、噛みたいという欲求を満たしてあげるとよいです。

家具を噛んでボロボロにすることも歯が折れてしまうことも防ぐことができます。

硬いものを噛みすぎた

噛みたい欲求を満たしてはあげたいのですが、硬いものを噛みすぎたことで歯が折れてしまうことがあります。

歯周病や歯石の蓄積を予防するために与える硬い歯磨きガムも破折の原因になりやすいです。

与えすぎないように注意すること、愛犬に適切な硬さのものを与えることで防ぐことができると思います。

強い衝撃を受けたこと

強い衝撃を受けたことで歯が折れてしまうことがあります。

例えば、飼い主が投げたおもちゃを口でキャッチした時、滑って転んだ時、犬同士で戯れ合っている時、交通事故に遭った時などが挙げられます。

起こりやすいのは、おもちゃを口でキャッチした時でしょうか。硬いボールやディスクなどで遊ぶ時は注意が必要です。

犬の破折を予防する対策

木製の家具の足を噛む子犬

犬の破折を予防する対策には以下のような方法があげられます。

  • 噛んで遊ぶおもちゃの硬さに注意すること
  • 歯磨きガムの硬さに注意すること
  • フローリングで滑ったり転倒したりしないようにすること
  • ソファーやベッドなどの高い場所から飛び降りないようにすること
  • 家具などの噛んではいけないものを噛まないようにすること

飼い主に抱っこされている時、誤って落下し、歯が折れてしまった犬もいます。毎日の歯磨きガムによって、知らず知らずのうちに歯が折れてしまっていた犬もいます。

最も折れやすい歯は…

犬の歯の中で最も折れやすいのは、以下の順番です。

  1. 上顎の第4前臼歯
  2. 上顎の犬歯
  3. 下顎の第1後臼歯
  4. 下顎の犬歯

硬いものを食べさせる習慣がある場合には、これらの4つの歯をチェックしてみてください。折れたり欠けたりしている時は、病院で診てもらうことをおすすめします。

破折した犬の歯の治療

歯科手術を受ける白いカーリーヘアの犬

破折した歯の損傷が少ない場合、修復治療が可能かもしれません。損傷が激しい場合、抜歯することがほとんどです。

修復や抜歯が必要と判断された場合、対応可能な動物病院で治療が行われます。治療費は病院によって異なりますので、よく相談してください。

普段から愛犬の歯の健康を意識し、飼い主によるチェックをしてあげることが大切だと思います。また、ぜひ定期的な歯科検診も受けさせてあげてほしいです。

まとめ

大きく口を開けた犬の顔のアップ、白い背景

破折した歯は必要と判断されれば、抜歯します。人間のように差し歯や入れ歯を作ることはできません。

奥にある歯はドッグフードや食べ物を噛むために必要不可欠です。多く失ってしまうと、上手くごはんを食べることができなくなってしまうことがあります。

歯垢の除去、歯石の蓄積や歯周病の予防は、毎日の歯磨きが欠かせません。硬いガムは歯の破折やかける原因になることがあります。できるだけ歯磨きを行い愛犬の歯の健康を守ってあげましょう。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。