犬が『痛みを我慢している時』に見せる仕草や行動4つ 見分けるコツや対処法を解説

犬が『痛みを我慢している時』に見せる仕草や行動4つ 見分けるコツや対処法を解説

犬は痛みを感じていても「痛い」と口に出すことができません。そこで今回は、犬が『痛みを我慢している時』に見せる仕草や行動を紹介します。見分けるコツや対処法を知って、早めに愛犬を苦痛から解放してあげましょう。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

日本犬や警戒心の強い野生的な犬は痛みを我慢しがち?

お昼寝する柴犬

犬をはじめ、動物は野生動物として生きていた頃の名残があるため、弱さを見せないように隠すことが多くあります。犬も例外ではなく、犬種や性格によっては飼い主にさえも痛みを知られないようにと隠そうとする犬もいます。

特に、警戒心が強く甘えるなどの行動をあまり取らないと言われている日本犬や、そうした性質を強く持つ野生的な性格の犬は、痛みを我慢しがちです。

犬が痛みを我慢している時に見せるサインを見逃さないよう、日頃から特に注意深く様子を観察しておく必要があります。

犬が『痛みを我慢している時』に見せる仕草や行動4つ

床に伏せる犬

犬は痛みを感じても「痛い」と口に出すことができません。ここでは、犬が『痛みを我慢している時』に見せる仕草や行動を4つ紹介します。以下のようなサインが現れたら、早めに対処しましょう。

1.長時間、同じ場所から動かずじっと静かにしている

特に目立った行動は見せないものの、長時間同じ場所から動く気配はなく、じっと静かにしているという場合、痛みや体への違和感を覚えている可能性があります。

痛みをなるべく感じないようにその場から動かず、なるべく衝撃を受けないように静かに過ごすことを選択しているのでしょう。あまりにも長い時間、同じ場所に居続ける場合は注意深く様子を観察してください。

2.ある特定の場所を触ると避けるような仕草を見せる

ある特定の場所を触ると触れた手から逃げるような行動を見せたり、避けるような仕草を見せたりすることはありませんか。この行動は「ここには触らないで」という意思表示です。

普段は何事もなく触らせてくれる部分を「触られてたくない」と拒否する場合は、痛みを感じている可能性があります。また、触れた瞬間「キャン!」と甲高い悲鳴のような叫び声を上げることもあるので、早めに動物病院で診てもらいましょう。

3.呼吸がいつもより速く荒い印象を受ける

口を開けて呼吸する犬

激しい運動をしているわけでも室温が高いわけでもないのに、呼吸がいつもより速く荒いと感じる場合は、何らかの症状を感じている可能性が高いでしょう。体に痛みや不快感を覚えているため、不安や緊張、痛みから呼吸が速くなってしまうのです。

呼吸が荒くなっている時は、さまざまな症状が考えられます。痛みや息苦しさなど、怪我や病気の症状を訴えていることもあるので、病院で診察、検査をしてもらいましょう。

4.歩く時に体を庇うように違和感のある歩き方をする

歩く時に、足などを庇うような違和感のある歩き方をする時は、下半身に痛みを感じていることが多くあります。犬は些細な衝撃で脱臼や骨折してしまう恐れがあるため、気付かぬうちに痛みを抱えていることも少なくありません。

片方の足だけを少しあげた状態でピョコンピョコンと歩いていたり、後ろ足を引きずるように歩いていたりと、明らかに普段とは違う歩き方を見せている時は早めに病院で治療を受けましょう。

痛みを我慢する様子を見せたら病院へ!必要な検査や処置をして

診察される小型犬

愛犬が上記で紹介したような『痛みを我慢している時』に見せる仕草や行動を見せている時は、まずかかりつけの動物病院に相談しましょう。

愛犬の普段の様子と違和感を覚えた時の様子、さらにその痛みの原因となり得る出来事が思い当たる場合は、そちらも獣医さんにお話ししてみてください。必要に応じて、治療や検査を行うことになります。

動物病院へ連れて行くまでは、なるべく愛犬の体に負荷がかからないよう慎重に抱っこして車に乗せてあげましょう。

まとめ

辛そうに寝ている犬

いかがでしたか。犬は自分から「痛い」と訴えかけることは少ないので、飼い主がサインに気づいてあげることが大切です。痛みを感じているような様子を見せている場合は、早急に動物病院で診察してもらいましょう。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。