犬を人間と同様に扱ってはいけない理由5選!起こりうるリスクとは

犬を人間と同様に扱ってはいけない理由5選!起こりうるリスクとは

今や犬は私たちの家族の一員として大切な存在です。しかし、犬は犬として、人間と同様に扱ってはいけません。今回は犬を人間と同様に扱ってはいけない理由や起こりうるリスクを紹介します。人間扱いは、犬に危険やストレスを与えてしまう恐れがあるので注意しましょう。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬は大事な家族の一員!でも人間扱いには注意

家族を背景にする犬

犬は動物の中でも私たち人間に最も近い存在と言っても過言ではありません。家族の一員として大切に育てられていることはもちろん、今や私たちの生活を手助けしてくれる使役犬として活躍している犬も大勢います。

そんな大事な家族の一員である犬たちですが、あまりにも犬を可愛がりすぎて人間のように扱ってしまう飼い主さんが急増しています。愛情をたくさん注いであげることは良いことですが、人間扱いは悪影響を及ぼす恐れがあります。

犬にとっても危険な事態となったり、望まぬ暮らしを強いられていたりするため、過剰な人間扱いには注意しましょう。

犬を人間と同様に扱ってはいけない理由5選

テーブルで食事する犬

では、なぜ犬を人間と同様に扱ってはいけないのでしょうか。ここではその理由や起こりうるリスクなどを紹介します。心当たりのある方は改善しましょう。

1.同じ食事は食中毒症状を起こす可能性あり

「愛犬と同じものを共有したい」「愛犬にも私たちが食べているような美味しい食事を」と、人間と同じような食事を用意する飼い主も少なくありません。しかし、その食事は本当に愛犬に適した食事でしょうか。

犬と人間では体の構造が異なります。例えば、野菜は栄養価が高いですが犬が必要としている栄養とは少々異なるため、摂取しすぎてしまうと体調不良を招く恐れがあります。

また、人間には無害でも犬にとって有害な食材も多く存在します。誤食してしまうと中毒症状を引き起こす恐れもあるため、犬には犬に適した食事を用意してあげましょう。

2.時間を共有しすぎると分離不安の恐れも

窓から外を眺める子犬

犬は仲間である家族や飼い主と一緒に時間を過ごすことを好みます。可愛い愛犬のためにと愛犬を優先しすぎるあまり、24時間常に一緒にいようと試みる飼い主がいますが、これはやり過ぎです。

たしかに犬と一緒にいてあげることは良いことですが、あまりに一緒に過ごしていると、犬が飼い主に依存してしまい分離不安を引き起こす恐れがあります。

分離不安は飼い主の姿が見えなくなるだけで強いストレスを感じる心の病気です。犬にとっても辛いため、適度な距離感を意識することが大切です。

3.自分を人間と勘違いし犬として交流ができなくなる

あまりにも人間と同じような生活をさせていると、犬自身が「自分は人間だ」と勘違いしてしまうことがあります。もちろん家族の一員として大切な存在ですが、自分を人間と勘違いしてしまった犬は、あるリスクを抱えていることにお気づきでしょうか。

自分を犬だと思っていないため、他の犬と上手に交流することができなくなる恐れがあるのです。すると、社交性の乏しい犬として育ってしまい、過剰に吠えかかったり威嚇したりと横柄な振る舞いをするようになってしまいます。

場合によっては他の犬に危害を加えてしまい、トラブルに発展するケースもあるので日頃から犬として正しい接し方を心がけ、しっかりとしつけを行うようにしましょう。

4.欲求を満たせずストレスを溜め込んでしまう

柵をかじるチワワ

人間としての生活を強いられている犬の中には、犬としての本能的欲求を満たせていない犬も多くいます。すると、欲求が満たされずストレスを溜めてしまい、病気になったり問題行動を起こすようになってしまうのです。

例えば、散歩は歩くことでさまざまなメリットを得られます。しかし、愛犬可愛さのあまり健康体なのにキャリーカーに乗せて散歩している飼い主がいるのです。これは犬にとって適切な行動ではありません。

良かれと思ってしている行動が犬にストレスを与えているケースも珍しくないので、今一度、自分がしている行為は正しいかどうかを考え直しましょう。

5.嫌なことを無理強いされてストレスに繋がることも

最近では犬の娯楽が増えてきています。施設やオシャレ、お世話グッズなど、さまざまな部分で進化が見られます。しかし、犬に嫌なことを無理強いすることは禁物です。

例えば、犬が嫌がっている様子を見ないふりしてオシャレな洋服を着せる行為は、犬に大きなストレスを与えます。他にも無理やり写真撮影に参加させたり、人の多い商業施設へ連れて行く行動は、犬によってストレスを感じる恐れがあります。

愛犬の性格や犬としての生活を考慮して愛犬にとってどのような行動が楽しいのか、反対にどのような行動はストレスに繋がるのかを今一度考えてみましょう。

まとめ

一緒に会話と食事をする男性と犬

いかがでしたか。犬は大事な家族の一員ですが、人間ではありません。犬として正しい接し方や遊び方、お世話を意識した上で、愛犬にとってどのような生活が最も快適で暮らしやすいのかを考えてあげましょう。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。