愛犬に構ってはいけない『NGな瞬間』5選 シーンごとのダメな理由と接し方

愛犬に構ってはいけない『NGな瞬間』5選 シーンごとのダメな理由と接し方

飼い主のことが大好きな犬であっても、常に構われたいと思っているわけではありません。時にはひとりでそっと静かに過ごしたい時もあります。今回は、愛犬に構ってはいけない瞬間とその理由、接し方を解説します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

理由と接し方も解説!愛犬に構ってはいけない『NGな瞬間』5選

休む犬の頭を撫でる

愛犬とスキンシップを取ることは大切です。しかし、いつでも構っていいというわけではありません。今回は、愛犬に構ってはいけないNGな瞬間やその理由、そしてそれぞれのシーンに合わせた接し方を解説します。

1.ごはんを食べている時

犬にとって、食事を摂っている瞬間は何よりも重要な時間です。動物としての本能によって、「他の存在に横取りされないようにしなきゃ」「生きるために食べないと」という心理が働いているからです。

ごはんを食べている時に触れられるなど、構われてしまうと食事に集中できなくなってしまうため、犬はストレスを感じてしまうことが多くあります。中には、つい本能スイッチが入ってしまい「横取りしないでよ!」と唸ったり噛み付くような仕草を見せて威嚇行動をとる犬もいます。

ストレスなく食事を楽しんでもらうためにも、犬がごはんを食べている時は少し離れた場所から見守ってあげましょう。

2.眠っている時

眠る子犬

犬は元々警戒心の強い動物です。そのため、基本的に浅い睡眠を繰り返して睡眠時間を確保しています。

警戒心の強い犬にとって眠っている間は無防備な状態なので、特に神経が研ぎ澄まされやすい状態です。些細な物音や異変で起きてしまうため、眠っている時に構ってしまうと睡眠を妨げることになります。

犬が眠っている様子はとても愛らしいですが、そこはグッと我慢し愛犬が安らかに睡眠を確保できるよう触ったり声をかけたりせず、静かに見守ってあげてください。

3.飼い主から離れた場所で休んでいる時

わざわざ飼い主のいる場所から離れた場所で休んでいることはありませんか。このような時は追いかけて愛犬の近くに行くことは控えてください。

飼い主から離れた場所に移動しているということは、犬が「今はひとりで過ごしたい」と意思表示している可能性が高いです。あまりに構われすぎて疲れてしまっていることもあります。

このような状況では、飼い主は近寄らず遠くから見守り、愛犬の方から近寄ってきたタイミングでスキンシップやコミュニケーションを図りましょう。

4.問題行動で飼い主の気を引こうとしている時

イタズラする柴犬

飼い主に構ってもらいたいがために、破壊行為や無駄吠えなどの問題行動を起こして気を引く犬もいます。しかしこうしたタイミングで構ってしまうと、「問題行動を起こせば構ってもらえる」と学習してしまいます。

むしろ「問題行動を起こしても構ってもらえない」「むしろ構ってもらえなくなってしまう」「飼い主さんがどこかへ行ってしまう」と認識させることで、問題行動を改善するきっかけにもなります。

こうした理由から、犬が問題行動を起こしている時は極力構わず、黙々と片付けをした後、犬としばらくの時間、距離を置くようにしましょう。

5.飼い主が帰宅した直後

サークルの中からこちらを見つめる子犬

飼い主が帰宅した直後は、飼い主に再び会えた嬉しさから興奮状態に陥っている犬が多くいます。つい「ただいま〜!」と構いたくなりますが、ここで大きなリアクションを見せたり構ったりすると、犬のストレスが増幅してしまう恐れがあります。

帰宅直後にたくさん構うことで、「やっぱりお留守番は一大事なんだ」と余計に留守番に対する犬の不安を煽ってしまうことになるのです。

次回の留守番時に、より不安を大きくさせてしまう恐れがあるので一言静かに「ただいま」と声をかけるだけにとどめ、ある程度、帰宅後の用事を済ませて犬が落ち着いてから構ってあげましょう。

まとめ

頭を撫でられる犬

いかがでしたか。犬とたくさんコミュニケーションをとることは、信頼関係を深めることにつながるのでとても大切です。しかし、タイミングによってはストレスを与えてしまったり、しつけに悪影響を及ぼす恐れがあるため、構うタイミングは見極めましょう。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。