犬が突然攻撃的な性格になる『5つの要因』 治すためのコツや予防策まで解説

犬が突然攻撃的な性格になる『5つの要因』 治すためのコツや予防策まで解説

『犬が突然攻撃的な性格になる原因』についてまとめました。人の態度や行動が犬を突然攻撃的な性格にしてしまうことがあります。攻撃的な性格を治すコツと予防策を解説します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬が突然攻撃的な性格になる原因

正面から威嚇する犬

1.恐怖体験をした

恐怖体験は犬が突然攻撃的な性格になる原因になることがあります。

恐怖を与えた相手が人である場合、人に対して突然攻撃的になります。近づいてくる人を威嚇したり、触れようとする手に咬みつこうとしたり、飼い主や家族を噛んで怪我を負わせてしまうかもしれません。

悪さをする愛犬を思わず怒鳴ったり叩いたりしてしまった時、飼い主や人に対する恐怖心を植え付けてしまうことがあります。カッっとなって思わず…なんてことがあってはなりません。

人に対する恐怖心やトラウマは、なかなか治りません。生涯、心の傷を抱えたままの犬もいます。根気強く向き合う精神力が必要になるでしょう。

咬みつくなどして手に負えない場合、ドッグトレーナーなどプロの力を借りて治すということも考えなければならないでしょう。

予防策は「怒鳴りつけないこと」、そして「体罰を与えないこと」です。罰としてケージやクレートに閉じ込めるのもよくありません。

2.わざとものを奪おうとした

ごはん・おやつ・おもちゃなど、愛犬をからかうつもりでわざとものを奪おうとすると、犬が突然攻撃的な性格になる原因になることがあります。

また奪われるのではないかと思い、奪われないようにするために攻撃するようになってしまうのです。原因を作ってしまったのが飼い主なのであれば、飼い主の力で治してあげることはできないと言っても過言ではありません。

犬が口に入れようとしているものが危険なものだったらどうでしょう。奪おうとしても奪えないかもしれません。奪われまいと飲み込んでしまうかもしれません。

誤飲誤食の原因にもなりますよね。予防策は、ものをわざと奪おうとしないことです。「ちょうだい」や「放せ」などのコマンドを教え、ものを口から放すことができるようしつけを行うべきです。

3.反抗期を迎えた

ムスッとした表情のアップ

反抗期を迎えたことが、犬が突然攻撃的な性格になる原因になることがあります。

性格が変わってしまったというよりも一時的な変化と捉えてよいと思います。反抗期が終わった時、また元の性格に戻っているはずです。この時期の接し方がまずければ、その後反抗的な態度が続いてしまう可能性もありますので、注意を要する時期だと思います。

反抗期の犬と上手く付き合うのって難しいですよね。ほんの些細なことにも敏感になっていますし、ちょっとした飼い主の態度に機嫌を悪くしてしまうこともあります。

不満やストレスをため込みやすい時期だと思いますので、お散歩や遊びや運動で上手く発散させてあげるとよいと思います。

イタズラが増える時期でもありますが、あまり叱らないであげてください。よい行いをした時に褒めてあげる方が大事な時です。ただ、危険な行為にだけは十分に注意し、程よく叱ってあげることも必要です。

4.怪我や病気をしている

怪我や病気をしていることが、犬が突然攻撃的な性格になる原因になることがあります。

不快感や、痛みがあるので触ってほしくなくて攻撃的になってしまうのです。相手を傷つけようとして攻撃的になるのではなく「近づかないで!」「触らないで!」と表現しているのです。

  • 食欲や元気がなく寝てばかりいる
  • お散歩に行きたがらない
  • ケージやクレートから出てこない
  • 苦しそうな声を出すことがある
  • 体を小刻みに震わせている

このような時はすぐに病院へ行く必要があります。攻撃的になって咬みつく場合、抱きかかえることは難しいですよね。

キャリーバックやクレートをお持ちでない場合には用意し、上手く入ってくれるよう、おやつなど使って誘導してみてください。診察を受ける時は、攻撃的になっていることを必ず獣医師に伝えるようにしましょう。

まとめ

威嚇し、人の手を拒否する犬

犬が突然攻撃的な性格になる原因を4つ解説しました。

  • 恐怖体験をした
  • わざとものを奪おうとした
  • 反抗期を迎えた
  • 怪我や病気をしている

余談ですが、避妊手術を受けていないメス犬の場合、ヒート中になると突然攻撃的な性格になってしまうことがあります。とてもデリケートな時期ですので、いつも以上に優しく愛情を持ってお世話してあげてください。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。