犬がため息をつく5つの心理!その理由や意味を徹底解説

犬がため息をつく5つの心理!その理由や意味を徹底解説

人間がため息をつくのはつらい時が多いですが、犬の場合はどうでしょうか?愛犬のため息を聞くたびに「不満があるの?」と気になっている人は、ここでご紹介する犬がため息をつく5つの心理をぜひチェックしてみてください!

お気に入り登録

犬がため息をつく心理5つ

伏せ寝する犬

愛犬が不意に「ふ〜」や「フン!」といったため息をつくと、「何か不満でもあるの?それとも何かあるの?」とどういった理由があるのか気になるものですね。

とはいえ、犬のため息は人間が口から吐く「はぁ〜」という口呼吸のため息とは違い、犬は鼻呼吸によるものです。鼻から吐く犬のため息には、さまざまな心理状態や体調が反映されていると考えられています。

そんな犬の気持ちを知るために、犬がため息をつく5つの心理についてご紹介していきます。

心理1.リラックスしている

「犬が寝る前になるとため息をつく」「抱っこするとため息をつく」と気になっている飼い主さんも多いようです。それは犬が不満を抱えているのではなく、むしろリラックスをしているのではないでしょうか。

犬としては、「ああ、気持ちいい」という意味をこめて「ふ〜」と深いため息をついているのでしょう。深呼吸をしてリラックス状態になると、長いため息が聞こえやすいです。これから眠りにつく前のルーティンなのかもしれませんね。

心理2.ストレスや不満がある

ごはん皿の前に座る犬

犬が不満げな表情で「ふ〜」や「フン!」とため息をついた時は、ストレスでイライラしているのかもしれません。

「お散歩に行きたい」「遊んでほしい」「何か食べたい」などの不満がある時、犬は自分を落ち着かせるためにため息をつくことがあります。

ため息以外のボディランゲージもチェックしてみてください。体を足を舐め回したり、尻尾を噛んだり、あくびをしたり、急に走り回るなどの行動がある場合は、欲求不満である可能性が高いです。

心理3.疲れている

犬も人間のように疲れを感じて「ふ〜」とため息をつくこともあります。もし散歩中に「ふ〜」というため息が聞こえたら犬のようすを確認して、休憩を取るなど対処をしてあげましょう。

「シニア期になってからため息が聞こえるようになった」と感じることも多いです。呼吸が乱れるのは、体力を消耗しやすくなったサインでもあります。もし、呼吸が気になるようであれば、1度獣医師に相談してください。

心理4.満足している

抱かれる柴犬

「いいお散歩ができた」「飼い主さんにほめられた!」といった体験ができたことに満足して、鼻を鳴らすこともあります。犬の息づかいだけで満足度は図れませんが、犬がゆったりとした穏やかな表情であれば幸せで満足しているのでしょう。

愛犬が満足できる生活を提供できることは、飼い主冥利につきますね。犬のため息は不満そうに見えてしまうので誤解しやすいですが、ため息が聞こえたら表情や犬の全体の様子から心理を察してみてください。

心理5.においを嗅ぎたいから

ため息とは意味合いが異なりますが、犬が匂いを察知した時に「ふ〜」と長い鼻呼吸をすることがあります。これは鼻の通りをよくさせて、遠くから感じるにおいの正体を突き止めようとしている行動です。

嗅ぎ分けようとしている時の犬は鼻をヒクヒク動かしているので、ため息と違うことがわかります。

まとめ

瞑想する犬

犬のため息は必ずしも「不満を感じている」という訳でなく、満足していたりリラックスしていたりいい意味である場合も多いです。どこか人間っぽい仕草に可笑しくなってしまうこともあるでしょう。

「ふ〜」という犬の鼻息が聞こえてきたら、犬全体のボディランゲージから体調や心理状態を把握することが大切です。ため息の理由がわからずに不安を感じる場合は、ぜひ早めに獣医師に相談してください。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。