絶対NGな『犬のウンチの処理方法』3選!他の犬にも悪影響を与える可能性

絶対NGな『犬のウンチの処理方法』3選!他の犬にも悪影響を与える可能性

あなたは犬のウンチの処理を、どのような方法で行っていますか?この記事では、絶対NGな犬のウンチの処理方法3選をご紹介します。「知らず知らずのうちにしてはいけない方法で処理をしていた!」という可能性もありますので、この機会にぜひチェックしてみてください。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

絶対NGな犬のウンチの処理方法3選

便器に座るフレンチブルドッグ

犬のウンチには絶対にNGな処理方法があります。この機会に、自分の処理方法が間違っていないか、ぜひ確かめてみてください。

1.自宅で燃やす

昔は多くの家庭で行われていたのが、犬のウンチを庭で燃やす処理方法です。しかし、現在では廃棄物処理法によって、許可された焼却施設以外でゴミを燃やすこと(野焼き)は禁じられています。

自宅で犬のウンチを燃やすのはやめておきましょう。

2.埋める

犬のウンチを土に埋めることもやってはいけません。犬のウンチを埋めてはいけない理由は次のとおりです。

  • 分解に時間がかかる
  • 掘り返される可能性がある
  • 寄生虫が人に感染する

犬のウンチは分解するのに時間がかかってしまい、悪臭を放つ可能性があります。不衛生ですし、見えないとはいえ生活している場所に犬のウンチがたくさん埋まっていると考えると、良い気分ではありませんよね。

また、散歩の途中で排泄した便を近場の地面に埋めることも問題です。臭いが気になり他の犬などが掘り返す恐れもあります。子どもの遊び場所であれば、たまたま掘り返して触ってしまう恐れも考えられます。犬のウンチには寄生虫がいることもあるので、触った人が感染してしまうリスクもあるのです。

処理をしない限り便は肥料にはなりません。昔は埋めてしまう人も多かったようですが、絶対に埋めてはいけません。

3.道に放置する

多くの自治体が頭を悩ませているのが、犬のウンチが道に放置されている問題です。マナーの悪い飼い主が、散歩のときに犬のウンチを拾わずに放置してしまうことがあります。景観が悪くなりますし、自分の家の前にウンチが放置されていたら不快になってしまいますよね。

また、拾い食い癖のある犬が、散歩中に放置されたウンチを誤って食べてしまうこともあります。もし食べたウンチに寄生虫がいれば、その犬は病気に感染してしまうでしょう。自分の犬がしたウンチを拾うことは当たり前のことです。犬のウンチを無責任に放置してはいけません。

犬のウンチの正しい処理方法とは?

犬のウンチを拾う女性とプードル

では、犬のウンチはどうやって処理するのが正しいのでしょうか。

一般的に推奨されている処理方法は2通りあります。自治体によって推奨する方法は違いますので、お住まいの地域の処理方法を確認してくださいね。

燃えるゴミとして出す

犬のウンチは、燃えるゴミとして出すことができます。

このとき注意しなければいけないのは、ウンチの臭いです。ウンチを入れる袋を二重にしたり、消臭効果の高い成分が配合された袋に入れたり、工夫次第で臭いはかなり軽減されます。

トイレに流す

犬のウンチは、トイレットペーパーに包んで流してしまうのが、1番楽な処理方法といえるでしょう。

注意しなければいけないのは、犬が外でしたウンチです。外でしたウンチには、砂や小石などの異物がついている可能性があり、そのままトイレに流すと排水管がつまることがあります。室内犬であっても、髪の毛などが含まれている場合があるので、トイレに犬のウンチを流すときは異物に気をつけましょう。

まとめ

トイレットペーパーと犬

絶対にNGな犬のウンチの処理方法3選をご紹介しました。昔は多くの人がやっていた処理方法も、時代の流れでNGになっていることがありますので注意が必要です。

マナーの悪い飼い主が1人でもいると、犬を飼っている人全員の印象を悪くするかもしれません。犬の飼い主としてウンチの処理には責任をもち、正しい行動をとりましょう。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。