犬はペットホテルでストレスを感じる?帰ってきた後にすべきケアは?

犬はペットホテルでストレスを感じる?帰ってきた後にすべきケアは?

最近では、出張や旅行で犬を泊まりがけで預かってもらえる『ペットホテル』が多く展開されています。とても便利なサービスですが、やはり犬によっては強いストレスを感じる子も…。今回は、愛犬がペットホテルから帰ってきた後にすべきケアを紹介します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

長期の留守番に適したサービス『ペットホテル』

ペットホテル

皆さんはペットホテルを利用したことはありますか。ペットホテルとは、飼い主が何らかの理由で家を空けなければならない時などに利用する、ペットの一時預かり施設です。

宿泊の内容としては、トイレや食事、散歩といった通常のお世話に加え、施設によっては動物病院やペットサロンが併設されているところもあります。

料金は店舗によって異なりますが、1泊の全国平均は小型犬が約3,000円〜4,000円、中型犬が4,000円〜5,000円、大型犬は5,000円〜6,000円が相場となっています。さらにオプションサービスを追加することで料金が加算されます。

犬はペットホテルでストレスを感じやすい?

ペットホテルのケージに入る犬

飼い主の出張時や旅行時に便利なペットホテルですが、犬によっては初めての環境、初めてのスタッフ、そして他にも見知らぬ犬や猫がいることなどから、強いストレスを感じてしまう子も多くいます。

飼い主と長時間離れるだけでも寂しさを募らせる犬は多く、中には「捨てられてしまったのでは」「もう飼い主さんと会えないのでは」と恐怖を感じてしまう犬もいます。

少しでもストレスを和らげるためにできる準備は?

犬をペットホテルに預ける際は、いつも食べているドッグフードなどに加え、愛犬が使い慣れているおもちゃや、飼い主の匂いがついたタオルやハンカチなどを持たせてあげると良いでしょう。少しは気分が紛れるかもしれません。

また、今後ペットホテルを利用する予定のある方は、利用する予定のペットホテルで数時間だけお試しで預かってもらう機会を設けることをおすすめします。

事前に預かってもらうことで犬がペットホテルの環境に順応しやすくなりますし、スタッフさんと仲良くなることで安心して過ごしやすくなります。

【獣医師の補足】

慣れないホテルでストレスがかかると食欲不振や、嘔吐下痢になってしまうことがあります。そのような時にはどうするかをホテル先と相談しておきましょう。連絡先や、かかりつけの病院を知らせておくことは大切でしょう。また、常備薬を預けたら飲ませてもらえるか、体調不良がひどすぎる際は病院に連れて行ってもらうことが可能かどうかという細かいことを先に決めておきましょう。あらゆる場面に対応できるようにしておくことは飼主の務めでしょう。

獣医師:平松育子

犬がペットホテルから帰ってきた後にすべきケア

スーツケースと犬

ペットホテルに愛犬を預けお迎えに行った後は、頑張ってペットホテルで飼い主の帰りを待っていた犬のケアをしてあげましょう。ここでは犬がペットホテルから帰ってきた後にすべきケアをご紹介します。

1.笑顔で我慢できたことを褒めてあげる

まずは犬がペットホテルでお利口に待っていられたことをたくさん褒めてあげましょう。「偉いね」「すごいね」など、いつも褒める際に使っている言葉をかけながら笑顔で撫でてあげてください。

笑顔で褒められることは、犬にとってストレスを緩和する効果があります。知らない場所で飼い主を待つ時間は想像以上に不安で怖かったことと思います。そんな不安を一掃するように褒めてあげてください。

2.マッサージなどのんびりできるスキンシップを

膝の上で触れ合う犬

ペットホテルから帰ってきた日は、飼い主さんと再び会えた喜びや家に帰って来られた安堵感から一気に疲れが出る犬も多くいます。

そこで、家に帰ったらおもちゃを使って体を動かす遊びよりも、マッサージなどを取り入れたのんびりコミュニケーションが取れるスキンシップを重点的に行ってあげましょう。

体全体をマッサージするように触ってあげることで、愛犬も家に帰ってきた安心感や飼い主さんと触れ合える喜びを感じながら、ゆっくり休むことができます。

3.安眠できるような環境を用意してあげる

愛犬が疲れでウトウトしてきたら、安心して眠れるような環境を整えてあげましょう。静かで薄暗い場所を用意してあげたり、室温を快適な状態に保ってあげることで快適に熟睡できます。

ただし、ペットホテルから帰ってきた日は、飼い主の姿が見えなくなることに再び不安を覚える犬もいます。常に一緒にいる必要はありませんが、なるべく飼い主の姿が見える場所に寝床や簡易ベッドを設置してあげましょう。

まとめ

ペットホテルに預けられたポメラニアン

いかがでしたか。ペットホテルはとても便利な施設なので、今では多くの飼い主が利用する定番施設となっています。しかし、犬にとってはストレスのかかりやすい場所ですので、帰ってきた日はしっかり心のケアをしてあげましょう。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。