雨の日に犬の散歩をする時、絶対に意識しなければいけない『3つのポイント』

雨の日に犬の散歩をする時、絶対に意識しなければいけない『3つのポイント』

雨の日も散歩を楽しみにしている犬や、外に出なければ排泄できない犬のために、雨の日の散歩で意識しなければいけないポイントを解説します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

雨の日の散歩で意識しなければいけないポイント

水たまりに映るコーギー

1.傘をさすと周りがよく見えない

雨の日の散歩中、飼い主が傘をさす場合、周りがよく見えなくなってしまうことがあります。車・バイク・自転車・歩行者に気づくのが遅くなりやすいです。雨の日は、周りの人も犬や飼い主の存在に気づきにくいです。

  • 透明な傘を使用する
  • レインコートを着用する
  • 小雨であれば多少濡れても我慢する

このような対策をされてはいかがでしょうか。周りがよく見えず、交通事故に遭ってしまっては大変です。

2.皮膚までしっかりドライヤーで乾かすこと

洗面台でドライヤーするダックス

雨の日の散歩の後は、濡れた体をドライヤーで十分に乾かさなければなりません。シングルコートの被毛はまだ乾きやすいのですが、ダブルコートの犬の被毛は非常に乾きにくく時間がかかります。手足の裏の肉球や皮膚は乾きにくいです。

犬の皮膚には常在菌がいます。普段は悪さをすることのない細菌です。しかし、皮膚が濡れたままにしていると過剰に繁殖し、悪さをします。犬臭さが増してしまったり、悪臭を放ったり、細菌性皮膚炎の原因になることがあります。

「タオルで拭くだけだけど、うちの犬は何ともないけど?」という方もいらっしゃると思います。私もそうでした。しかし、ある日突然、皮膚が赤くなり、脱毛し、膿皮症と診断されました。

獣医さんの話を聞いていて、思い当たることがひとつあったんです。雨の日の散歩の後に手足を洗い、中途半端に乾かしてしまったことです。「ちょっと濡れただけ…」などといって、タオルドライで済ませる日もありました。

年齢や健康状態によって皮膚のバリア機能が低下した時、突然、膿皮症になることがあります。雨の日の散歩の後は、絶対にドライヤーで十分に乾かしてあげてください。

3.肉球が傷みやすくなる

雨の日の散歩は、濡れた地面を歩くことで肉球が傷みやすくなります。肉球が濡れてふやけてしまうからです。砂利道を歩いた時、肉球に擦り傷や切り傷ができるなどすることがあります。

雨の日の散歩の後は手足のタオルドライをし、ドライヤーで十分に乾かしてください。肉球の間や指の間も意識して乾かすとよいです。十分に乾かした後で肉球にケガをしていないかよく見てあげてください。保湿剤でのケアもおすすめです。

ポメラニアンなど長毛種は肉球の間や周りにも長い毛が生えています。伸ばしたままにしていると濡れやすく、水分を吸収しやすいです。短くカットしておくとドライヤーを当てる時間が短くて済みます。

私の愛犬は肉球の間の毛をカットしていませんが、肉球のほとんどを覆っているため、保護の役割があると考えています。その分、濡れてしまった時はドライヤーで十分に乾かすようにしています。

まとめ

レインコートを着たチワワ

雨の日の散歩で意識しなければいけないポイントを3つ解説しました。

  • 傘をさすと周りがよく見えない
  • 皮膚までしっかりドライヤーで乾かすこと
  • 肉球が傷みやすくなる

雨の日は散歩をお休みするという飼い主がほとんどです。しかし、梅雨の時期など雨の日が続くと、ちょっとだけ行こうかなということもありますよね。雨は降っていなくても地面が濡れているのではないでしょうか。

雨の日も雨上がりも同じように意識するとよいと思います。どうか安全第一で散歩するようにしてくださいね。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。