犬が部屋をパトロールする時の心理5選!徘徊に潜んでいる病気も?

犬が部屋をパトロールする時の心理5選!徘徊に潜んでいる病気も?

愛犬が部屋の中をウロウロと歩き回りながら、辺りを見回したり匂いを嗅いだりしていることはありませんか。この「パトロール」のような行動には、どのような心理が働いているのでしょうか。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬が部屋をパトロールする時の心理5選

家の中を歩き回る犬

愛犬が部屋の中をウロウロと歩きまわる様子を見ていると、「もしかして家の中をパトロールでもしているの?」と感じますよね。実際、犬が部屋の中をパトロールしている時、どのような心理状態なのでしょうか。

1.基本的には自分や家族の身を守ろうとしている

犬が部屋の中を歩き回りパトロールしている時、基本的には自分の身や家族の身を守るため、安全を確認していることが多いです。

犬は集団で行動する動物なので、自分だけでなく仲間である家族の身を心配する動物です。場合によっては自分が盾になり、仲間を守ろうとすることもあるほどです。そのためパトロールをしている時は、愛犬だけでなく私たち家族の身も守ろうとしてくれているのです。

2.いつもと違う点がないか確認している

テーブルの上の匂いを嗅ぐ犬

犬が家の中をパトロールしている時、不安そうな様子を見せていない場合は、いつもとは違う点がないか安全を確認している最中であることが多いです。

「何かいつもとは違う点はないかな」「散歩に行っている間に、不審なことは起きていないかな」と確認しています。毎日のようにウロウロと歩き回る様子を見せている場合は、毎日の日課となっている犬も多いでしょう。

3.普段は聞き慣れない音などで不安を感じている

どこか落ち着きのない様子でソワソワとパトロールしている場合は、いつもとは違う聞き慣れない音などに反応し、不安から家の中を確認している可能性があります。

家の中から音が聞こえているだけでなく、家の外から聞き慣れない音が聞こえた場合も「さっきの変な音が家の中に入ってきていないか」と、パトロールすることで安全を確認し安心を得ようとしているのです。

4.手持ち無沙汰で暇を持て余している

あくびするパピヨン

「なんとなくウロウロ歩き回っている」「特に目的もなく歩き回っている感じがする」という場合は、暇を持て余しているのかもしれません。やることがなく手持ち無沙汰な状態となっており、時間を潰すために歩き回っているのです。

このような場合は声をかけるとすぐに近寄ってくる犬が多いので、ぜひスキンシップやおもちゃを使った遊び、時間帯によっては散歩に連れて行ってあげましょう。

5.気持ちの高ぶりによる興奮状態

突然インターホンが鳴った、飼い主に「散歩」と言われて喜んでいるなど、気持ちの高ぶりによる興奮状態になっている時にもウロウロと歩き回る様子を見せることがあります。

犬は自分が興奮状態に陥っている時に気持ちを落ち着かせるため、その場でウロウロと歩き回ることが多くあります。これは興奮によって自分の行動をコントロールしたり、体に負担をかけないようにするための本能的な行動です。

もしも愛犬が呼吸を荒くしながら歩き回っている場合は、興奮状態に陥っている可能性が高いです。愛犬が落ち着くように優しく撫でてあげたり、飼い主が冷静な態度をとって見せてあげたりしましょう。

頻繁に徘徊している…病気の可能性も疑って

眠そうな高齢犬

頻繁にウロウロと歩き回り声をかけても反応が薄いなど、明らかに少しおかしな様子を見せながら部屋の中を徘徊している場合は、病気の可能性が考えられます。

  • 認知症
  • てんかん
  • 副甲状腺機能低下症

以上の病気を発症すると、脳の衰えによる徘徊やてんかん発作による無意識下の徘徊などが見られるようになります。

また、副甲状腺機能低下症の場合は落ち着きがなくなったり、興奮しやすくなったりといった様子が見られるようになるため、頻繁に徘徊を繰り返すようになるという異変が見られます。

他の病気により愛犬自身が異変や違和感を覚えている場合も、不安からウロウロと落ち着きなく歩き回る様子を見せることがあります。あまりにも徘徊頻度が高いと感じる場合は、一度病院で相談しましょう。

まとめ

部屋を歩き回るコーギー

いかがでしたか。犬のパトロールは、基本的に自分や家族の身の安全を確保するために行っているケースが多いです。しかし、あまりにも徘徊頻度が高い場合は、病気が隠れている可能性もあります。気になる方は一度病院で診てもらいましょう。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。