犬との絆が崩れてしまう『絶対NG行為』4選 間違った行動で愛犬が苦しんでいるかも

犬との絆が崩れてしまう『絶対NG行為』4選 間違った行動で愛犬が苦しんでいるかも

愛犬と長い年月を過ごす上で、信頼関係を築くことはとても大切です。ここでは、せっかく作りあげた愛犬との絆が崩れてしまう可能性があるNG行為を紹介しますので、ぜひチェックして参考にしてください。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.暴力や威嚇行為をする

掴まれている犬

暴力や怖がらせるような行為をすることは、犬との信頼関係や絆を壊してしまうものです。「しつけの一貫」「体罰」と称して、犬を叩いたり蹴ったりといった暴力を振るう人もいますが、緊急事態を除いて、体を痛めつける方法でしつけを行うことは不必要なことです。

実は体罰というのは非常に難しいもので、強さやタイミングが適切でないと意味がありません。そして的確な体罰を与えることは、一般の飼い主さんにはほとんどできないことだと考えられています。そのため家庭内での体罰は、犬にとってただの恐ろしい暴力にすぎず、それを与える人に対して強い不信感を抱くようになってしまいます。

また、直接的な暴力を振るわなくても、叩くふりをしたり物に当たったりといった威嚇するような行動も絶対にやめてください。痛みは伴わなくても、精神的な苦痛は十分に感じます。

さらに、感情的に怒鳴りつけたり、八つ当たりのように理不尽に怒ったりすることも、犬にとっては強いストレスとなります。そのような行動を取ることは、飼い主さんに対して距離を置こうと愛犬に感じさせてしまう行為なので注意してください。

2.一貫性のない態度を取る

首をかしげるノーフォーク

犬と接するときには、一貫性のない態度を取らないように気をつけましょう。

例えば、飼い主さんが帰宅したときに愛犬が飛びついて出迎えたときは、「ただいまー!」とハグするにもかかわらず、きれいな洋服を着ているときに飛びつかれたときには「やめて!」と怒ることも犬を混乱させることだと考えられます。

犬はいつなら飛びついていいか、なぜ叱られたのかなどがわからなくなってしまうのです。こうした一貫性のない対応は、犬が不信感を抱く原因になるので注意しなければなりません。この場合では、飛びつくこと自体を完全に禁止するか、飛びつきを許可する合図を決めて覚えさせるなどするといいでしょう。

その時々で犬の行動を叱ったり許可したりと、バラバラの対応を取ると、犬は飼い主さんのいうことを聞くべきなのかわからなくなってしまいます。そのため、飼い主さんへの信頼性が失われてしまい、絆も崩れてしまうでしょう。

3.叱るだけでほめない

トイレの失敗を叱られている犬

犬のしつけをする中で、好ましくない行動に対して叱ることがあると思います。叱ること自体は必要な場面はありますし、悪いことではありません。しかし、いけないことを叱ってばかりで、正しい行動をしているときにほめないでいると、犬は不満やストレスを感じます。

家の中で犬がいたずらをしたり吠えたりしているときは、わかりやすい行動のため目につきやすく、「こら!」「何やってるの!」など叱るでしょう。しかし、犬が大人しく寝ているときや、外から物音が聞こえても吠えずに静かにしているときは、特に声をかけないという人が多いと思います。

いいこにしているときに、ほめてもらったり注目してもらったりできないと、犬は飼い主さんに対して「自分のことを見ていない」と思ってしまうでしょう。犬は、自分のことをしっかりと見て、理解してくれる人を信用するので、犬の行動に対して適切な対応を取れるよう意識してください。

4.無視をする

伏せているプードル

犬は自分のことを見ていない人を信用しない、と前述しましたが、その理由から「無視」をする人に対しても不信感を抱くようになります。

特に、飼い主さんのように大好きだと感じている人に無視をされると、悲しい気持ちになるだけでなく、(どうして自分の意思表示に気がついてくれないんだろう?)と思うことでしょう。

犬は人間と違い、言語ではなく表情やボディランゲージで感情や意思を示します。そのため、犬のことをしっかりと見ていないと、それを見落としてしまうことがあります。

きちんとコミュニケーションを取れるように、日頃から愛犬の様子に目を向けるようにしましょう。

まとめ

叱られる犬

犬と飼い主さんは、一緒に過ごす時間の中で、少しずつ信頼関係が築かれていくと思います。信頼関係や絆は、一朝一夕にでき上がるものではなく、時間をかけて少しづつ作り上げるものです。

しかしながら、その絆が壊れてしまうのは意外と簡単なことだと思います。飼い主さんのちょっとした態度や言動で、犬は傷ついたり戸惑ったりし、飼い主さんへの信頼が失われてしまうことがあるということを覚えておいてください。

愛犬に信頼してもらえる飼い主でいられるように、ここで紹介したことを参考にしてもらえると幸いです。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。