犬がトラウマを抱えてしまう『絶対NG行為』5選 飼い主を嫌いになることも…?

犬がトラウマを抱えてしまう『絶対NG行為』5選 飼い主を嫌いになることも…?

犬にとって飼い主は、信頼できる仲間であり母親のような存在であります。しかし、ひどい行為をされれば信頼関係は崩壊し、嫌われてしまうことも…。今回は、そんな犬がトラウマを抱えてしまう絶対NG行為をご紹介します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

️嫌われる可能性も… 犬がトラウマを抱えてしまう『絶対NG行為』5選

怯えて床に伏せる犬

犬は飼い主のことが大好き!という印象が強いですが、それは飼い主が正しい接し方をし愛情を注いでいるからです。犬が怖がることや嫌がることをしていれば犬にトラウマを植え付けることとなり、飼い主であっても嫌われる可能性は大いにあります。

今回は、そんな飼い主であっても嫌われる可能性のある犬にやってはいけない絶対NG行為を紹介します。犬がトラウマを抱えてしまう原因にもなるので、絶対にやめましょう。

1.コミュニケーションを全く取らずに放置

ケージから立ち上がる犬

犬はもともと集団で行動する動物なので、1匹で孤独にされる状況に慣れていません。そのため、飼い主にまったく構ってもらえず放置される状況は強いストレスがかかります。

コミュニケーションを取らずに放置し続けると、やがて犬は人間に対して不信感を抱くようになり、それが原因でトラウマになってしまうこともあります。

「最低限のお世話をすればいいや」という姿勢は捨ててください。犬は感情豊かな動物なので、しっかり向き合い愛情を注いであげることが大切なのです。

2.叱る際に大声で怒鳴りつける

犬が悪いことをした時、「ダメ」と簡潔に叱ることは大切です。しかし、必要以上に大声で怒鳴りつける行為は、犬に「ダメなこと」と教える上でも逆効果となる恐れがありますし、何より恐怖心で支配する方法は信頼関係を崩壊させてしまう恐れがあります。

大声で怒鳴りつけると一時的に「悪いこと」をやめるかもしれません。しかし、それはあくまで恐怖による支配であり、信頼関係の上で「これが悪いこと」と理解してやめているのではありません。

また大声で怒鳴り続けていると、飼い主に対して「怖い」という印象が強く残ってしまい、飼い主に名前を呼ばれるだけで恐怖に支配されるようになることもあります。

3.叩いたり蹴ったりと体罰を加える

体罰を与えようとするイラスト

一昔前、犬にしつけをするために叩くといった体罰を加える人たちがいました。しかし、現在はこの行為がしつけとしてあまり意味のないこと、そして犬に苦痛を与える虐待行為であることが明確に示されています。

しつけのためにと叩いたり蹴ったりといった体罰行為を続けていると、犬は学習しなければいけないことに集中することができず、正しくしつけを記憶することができません。

また、飼い主に対して「怖い」とトラウマを抱えることにもなり、声をかけただけで怯えた態度をとるようになります。手で叩かれたことがある場合は、撫でようとしたり犬のそばで手を動かすとビクビクしたり、あるいは自分の身を守ろうと吠えたり唸ったり、噛みついたりと攻撃的になる犬もいます。

4.あまりにもしつけが厳しすぎる

犬を飼う上で周囲の人に迷惑をかけないように、あるいは家族の一員としてルールを守らせなければ、という使命感から必要以上に厳しいしつけを行う飼い主がいます。

例えば、なるべく早くしつけを完了させようと躍起になり、それゆえに怒鳴ったり体罰を与えてしまったりと間違ったしつけ方法をとる飼い主は珍しくありません。

また、賢い犬に育てたいからと無理なトレーニングを強要したりする行為も、犬にとっては苦痛でしかなくトラウマになってしまう恐れがあります。しつけはそれぞれの犬のペースで行い、トレーニングは犬が楽しめるよう工夫しながら行いましょう。

5.犬が嫌がることを無理やり行う

カメラを怖がる犬

愛犬が嫌がっていることを無理に行うことも、トラウマを植え付ける原因となります。飼い主が良かれと思ってやっていることであっても、犬が「嫌なこと」と認識してしまえば、その後のお世話が大変になる事例も多いです。

例えば犬が嫌がるシャンプーや歯磨き、ブラッシングなどは、犬の様子を見つつ慣れさせていくことが大切です。怒りながらお世話したり、押さえ付けて無理やり行ったりすると「嫌なことをされる」と感覚的に記憶してしまい、トラウマとして残ってしまいます。

他にも嫌がる場所へ無理やり連れて行ったり、カメラが苦手な子にカメラを無理やり向けたりする行為もトラウマになる可能性があります。場合によっては、飼い主のことを嫌いになってしまうケースもあるため、注意が必要です。

️まとめ

怯えた様子の犬に触れる

いかがでしたか。飼い主の行為によって犬がトラウマを抱えてしまうと、その後の暮らしに支障をきたすこともあります。お世話がしにくくなったり、信頼関係を築くことが難しくなったりする例も珍しくありません。

こうした関係性を悪化させるような状況にならないよう、愛犬のペースに合わせてしつけを行ったり、楽しく取り組める工夫を入れたりする方法を試してみてください。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。