犬が『体の調子が悪い時』に出しているサイン10選

犬が『体の調子が悪い時』に出しているサイン10選

犬は言葉で気持ちを伝えることができません。とくに体や健康に関するものはすぐに気付いてあげたいですよね。この記事では、愛犬が出す「体の調子が悪い時のサイン」を10個ご紹介します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

愛犬の異変にすぐ気付こう!体の調子が悪い時のサイン10選

ぐったりしている犬

犬は体の調子が悪い時、顕著に仕草や行動にあらわれます。愛犬が出すサインに気付くこと、またいつもと違う仕草に気付くこと、これらを見極めることは病気の早期発見や予防につながります。

犬が体の調子が悪い時に出しているサインは下記の10個です。
①ぐったりしている
②運動を嫌うようになる
③体に触られることを嫌がる
④異常に体を舐める、または掻く
⑤異常に頭を振る
⑥嘔吐や下痢をしている
⑦水を大量に飲むようになる
⑧ご飯を食べなくなる
⑨呼吸が荒い
⑩体重が急激に増えた、もしくは減った

これらのサインがみられたらすぐに体の調子が悪いと推測し、よく観察しましょう。場合によっては命に関わることもあるかもしれません。

愛犬が体の調子が悪そう…飼い主さんがするべきこととは?

寝る犬

愛犬の仕草に異変を感じたとき、飼い主さんはなにをするべきなのでしょうか?
実は、先ほど挙げた10個のサインのうち「心配しなくていいサイン」と「注意が必要なサイン」に分けることができます。

1.心配しなくていいサイン

10個のサインのうち、①ぐったりしている②運動を嫌うようになるに関しては、実は「単に疲れている」「眠い」「運動したくない」などの感情が込められている場合があります。

この場合は病気の心配はないといえるでしょう。人間と同じように犬は感情豊かな動物なので、その日の気分によってぐったりしていたり寝ていたりすることもあります。少し休んでその後いつも通りならば問題はありません。

ただし、ぐったりしていたり運動を嫌う理由が「体に痛みを感じるため」だった場合は、すぐに動物病院で診てもらう必要があります。その見極めはとても難しいですが、普段の愛犬の仕草や行動と比較して判断していきましょう。

2.注意が必要なサイン

10個のサインのうち、③~⑩は病気やケガをしている可能性があります。命に関わる重大な病気である恐れがあるため、すぐに動物病院で診てもらいましょう。

例えば⑨の呼吸が荒い場合は、早急に動物病院に連れていきましょう。呼吸が荒くなる原因にはいくつかありますが、「心臓が悪い」「肺炎や気管のトラブル」「熱中症」「貧血」などがあげられます。どれも早急な対応が必要で様子を見ていると命にかかわることです。

そのほかの理由もできるだけ早めに動物病院で診察を受けた方がよいサインになります。

まとめ

笑顔の犬

犬はオオカミとして集団で生活していた大昔、自分の体調不良やケガを敵にバレないよう隠すという本能がありました。

現在、ほとんどの犬はペットや愛玩元として暮らしているのでその本能は薄れているでしょうが、本能が強く残っている犬種や野性味が強い犬種はいまだに体調不良を隠すことがあるかもしれません。

犬の「体の調子が悪い時」は、原因は多岐に渡ります。いつもの仕草や行動と比べて、少しでも異変を感じたら獣医師さんに診てもらってくださいね。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。