犬の散歩後、毎回足を洗ってはいけない!?NGな理由と正しい頻度とは

犬の散歩後、毎回足を洗ってはいけない!?NGな理由と正しい頻度とは

犬の散歩が終わった後、毎回「足を清潔に保つため」と足を洗っていませんか。実は、散歩するたびに足を洗ってしまうと、足の洗いすぎで逆効果となってしまう恐れがあります。今回は犬の散歩後、毎回足を洗ってはいけない理由について解説します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

実は間違い!犬の散歩後、毎回足を洗っていない?

足をシャンプーで洗う

愛犬と散歩した後、家に入る時に「足が汚れているから綺麗にしないと」と毎回足を洗っていませんか。家を汚さないためにも、愛犬の足を清潔に保つためにも良かれと思ってやっているこの行為、実は間違っているんです。

犬の皮膚は人間よりも薄く弱いため、あまり足を洗いすぎてしまうとかえって犬に悪影響を与えてしまう恐れがあります。よく「シャンプーは月に1〜2回を目安に」と言われるのもその為です。

犬の散歩後に毎回足を洗ってはいけない理由とは

散歩後に足を洗う犬

皮膚が人間よりも弱い犬たち。では、犬の散歩後に毎回足を洗ってはいけないのは具体的にどのような理由からなのでしょうか。ここでは犬の散歩後に毎回足を洗ってはいけない理由について解説していきます。

1.皮膚を傷めて皮膚炎を引き起こす恐れ

まず、毎回散歩後に足を洗っていると、頻度は1日に1〜2回、それを毎日行うことになります。すると犬の弱い皮膚を散歩後に毎回傷めつけることになり、皮膚炎を引き起こす恐れがあります。

また、毎日のようにシャンプーや水でこすり洗いすることで、足の甲と肉球部分に強い負担をかけることになります。

すると、飼い主が気付かぬ間に切り傷ができてしまい、そこから炎症が酷くなったり膿んでしまったりする可能性もあるのです。

2.洗いすぎて皮膚の乾燥を引き起こすことも

前足を舐める犬

人間のように毎日足を洗ってしまうと、皮膚が薄く弱い犬の足は乾燥を引き起こしやすくなります。

皮膚の乾燥を引き起こすと痒みが生じ、犬自身が気になって舐めたり噛んだりしてしまうこともあります。毎日のように足を洗うことで足の皮膚が弱っているところに、犬が舐めたり噛んだりしてしまえば、余計に足を傷めることになります。

こちらも乾燥による皮膚炎を引き起こしたり、犬が舐めたり噛んだりすることで自傷行為のような状態になってしまったりする恐れがあり危険です。

3.濡れたままになり雑菌が繁殖する原因に

足を洗った後、きちんと濡れた足をタオルドライし、ドライヤーなどで乾かさなければ濡れた足から雑菌が繁殖し、かえって不衛生な状態になる恐れもあります。

また、洗いすぎて傷んだ皮膚を気にして犬が舐めることで足が濡れている状態が長時間続き、そこから雑菌が繁殖してしまう可能性も考えられます。

犬の足はどのくらいの頻度で洗うべき?

足をタオルで拭く犬

上記で紹介したように犬の足を散歩に行くたびに洗っていると、皮膚炎や切り傷、さらに雑菌繁殖とかえって悪影響を及ぼしてしまう恐れがあります。

基本的に犬の足はウェットシートやタオルで拭くだけで良いとされており、月に1〜2回のシャンプー時に足を一緒に洗う程度で問題ありません。

泥の中に入ってしまったなど、どうしても汚れが気になる時だけ水で足を洗うようにし、洗った後は必ずタオルでしっかり拭き、濡れた状態のまま放置しないように気をつけましょう。乾燥が気になる場合は、べたべたしないタイプの保湿クリームなどを薄く塗るようにしましょう。

まとめ

バスタブで前足を上げる犬

いかがでしたか。良かれと思って犬の足を綺麗に洗ってあげていた方も多いと思いますが、犬の足は特に皮膚が薄く弱いため、洗いすぎると皮膚炎を発症する恐れがあります。洗いすぎには気をつけ、どうしても気になった時のみ水で洗うようにしましょう。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。