犬にフローリングはNG?犬用マットを使うべき3つの理由

犬にフローリングはNG?犬用マットを使うべき3つの理由

犬を飼うとフローリングの上を歩かせない方が良いと聞くと思います。なぜフローリングは犬に良くないのか、どのようなマットを使ったら良いのか解説します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

なぜ犬にフローリングはNGなの?

床で眠るジャックラッセル

1.関節炎を起こしやすくなる

犬の足は地面に向かって爪が生えており、デコボコした地面に爪を引っ掻けて滑り止めにして歩きます。

フローリングはツルツルで爪がひっかかりにくく、犬は歩くときに踏ん張る必要があります。

踏ん張っているとその分足腰に負担がかかり、将来関節炎を起こしやすくなります。

2.大ケガをしやすくなる

小型犬や小さい子犬にとっては、ソファやベッドの高さでも高所に当たります。

高所から飛び降りて骨折、というのはよくある事故です。

着地する場所が地面であれば衝撃を吸収してくれるのでケガをする確率は低くなります。

しかし、フローリングでは衝撃がそのまま関節に伝わってしまいます。また滑りやすいので着地したら転倒して体を打ってしまいます。

犬が遊んで興奮するとつい飛び降りてしまうことはあります。

事故は起きるものと思って飼い主はいつも注意しなければいけません。

3.騒音の元になる

家が集合住宅の場合、犬がフローリングを歩いていると足音が響くかもしれません。

人間だけならドタドタ騒ぐことはありませんが、犬は遊ぶときや興奮したときに騒ぎます。

ペット可の物件は多いですが、やはり飼い主は周囲へのマナーを忘れてはいけません。

滑り止めワックスをかけるのも良いですが、防音したい場合はマットを敷くのがおすすめです。

犬がフローリングを歩いているとかかる疾患は?

足に包帯を巻いたラブと救急箱

犬がフローリングを歩いて生活していると次のような疾患を起こす可能性が高くなります。

  • 股関節形成不全
  • 膝蓋骨脱臼
  • 椎間板ヘルニア

これらは遺伝的に発症することが多いですが、生活環境も影響します。

発症しないためには『滑りにくい床づくり』が欠かせません。

犬用マットを使うとどんなメリットがあるの?

足元を歩くダックス

犬の関節の負担が減る

フローリングは表面がツルツルですが犬用マットは表面がデコボコしています。

歩くときに犬の爪が程よくひっかかり、負担がかからずに歩けます。

床が保護できる

日本は欧米と違って靴を脱いで生活するので、たいていの床は土足で歩くことを前提に造られていません。

そのままで犬が生活していると床も傷むことになり、修繕が必要になります。

古い木造家屋の床や畳なら、フローリングより犬の負担になりません。しかし床は傷みます。

掃除が楽になる

犬がまだ子犬の場合、初めは決まった場所でトイレができません。

たいていは床にしてしまって飼い主が掃除に追われます。

成犬であっても外でしかトイレをしない犬であれば、体調や天気が悪いときに床で粗相をしてしまうことがあります。

そんなときに撥水加工のものや簡単に洗えるマットが敷いてあれば掃除が楽になります。

どんなマットを敷けばいいの?

コルクマットの上の犬

犬用マットと言っても種類は様々です。サイズは大判から小さい正方形を組み合わせるものまであります。

大判サイズなら広範囲に敷くのに便利ですが、小さいものなら愛犬が粗相をした際、その部分だけをはがして洗えるので便利です。

カーペットマット

薄い絨毯のような素材です。メリットはクッション性、防音性に優れている点です。

インテリアに馴染みやすく、裏に滑り止めがついているものが多いです。

デメリットは絨毯に近いので毛が溜まりやすい点です。

また、時間が経って滑り止めの吸着力が落ちるとマットがめくれ、床がむき出しになるので早めの交換が必要です。

コルクマット

コルクは滑りにくく通気性、防音性に優れているという点がメリットです。

防臭機能がついているものもあるのでペット臭も抑えられます。

デメリットは木製なのでマットをかじってしまう犬が多いという点です。

普段から家具をかじる癖がある犬には使用しない方が良いでしょう。

クッションフロア

クッションフロアとは塩化ビニル素材でマットというよりシートのような薄い敷物です。

メリットはビニル素材なので粗相をされても掃除がしやすい点です。

木目調やかわいい柄のものなどデザインが豊富でインテリアにも向いています。

デメリットは裏に滑り止めがないので重い家具を乗せるか、固定しないとずれやすい点です。

まとめ

ヨガをする飼い主の隣に寝るブルテリア

人間は室内で靴下やスリッパを履き、食事や仕事などもほとんどテーブルの上で行うので、床に接さないで生活することは可能です。

しかし犬は素足で生活し、歩くのも食事も床で行います。

犬にとって足元はとても大事です。一生暮らし続ける家では快適に過ごせるように環境を整えてあげてください。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。