愛犬が太っているかを判断するために役立つ『BCS』とは?

愛犬が太っているかを判断するために役立つ『BCS』とは?

愛犬が最近ぽっちゃりしてきたかも…と不安な飼い主さん!ご家庭で簡単に愛犬の肥満度を判断できる「BCS」をご存じですか?この記事ではBCSの有効性についてご紹介します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

BCSとは?

犬を撫でる飼い主

BCSとは「ボディ・コンディション・スコア」の略をいい、太っているのか、標準体型なのか、痩せすぎなのかを1~5段階であらわしたものです。適正体型はBCS3となり、「痩せすぎず、太りすぎず、ほどよく筋肉がついている」という体型が適正体型とよばれています。

下記は、環境省の「飼い主のためのペットフード・ガイドライン」より抜粋したBCSです。
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/petfood_guide/pdf/full.pdf

  • BCS1(痩せ):肋骨、腰椎、骨盤が外から容易に見える
  • BCS2(やや痩せ):肋骨が容易に触れる
  • BCS3(標準):過剰な脂肪の沈着なしに、肋骨が触れる
  • BCS4(やや肥満):脂肪の沈着はやや多いが、肋骨は触れる
  • BCS5(肥満):厚い脂肪に覆われて肋骨が容易に触れない

愛犬の肥満度をチェックしてみよう!

肥満の犬

ここでは、飼い主さんができるBCSのチェック手順をご紹介します。

BCSは見た目や触診によって判断します。特に腰と肋骨に注目してチェックしていきましょう。
①愛犬を横から見て、ウエストのくびれ具合をチェック
②愛犬を上から見て、肋骨からウエストにかけての腰のくびれ具合をチェック
③愛犬の上から肋骨を撫で、骨の浮き出具合をチェック
④愛犬の上からウエスト部分を撫で、くびれ具合をチェック
⑤愛犬の上から腰骨を撫で、骨の浮き出具合をチェック

BCSはご家庭で簡単にチェックすることができます。愛犬がBCSのどこに当てはまるのかを把握することで、フードの量や運動量の調節など、体型の管理をすることができます。

「うちの子太ってるのかも…」どうすればいい?

体重計に乗る犬

愛犬のBCSをチェックして下記のものに当てはまる場合、肥満である可能性があります。

  • 見た目で肋骨が確認できない
  • 触っても肋骨が確認できない
  • 愛犬を真上から見たとき、腰がくびれていない(寸胴状態)
  • 愛犬を横から見たとき、ウエストが垂れさがっている

BCS5ほどの肥満になってしまうと、内臓や関節への負担が多大なものになり、また糖尿病や心疾患などの病気を発症する恐れがあります。

また手術をする場合も、分厚い脂肪によって麻酔が効きにくく覚めにくいということも起こり得ます。愛犬がストレスを感じないよう、適切なダイエットをしてあげましょう。

まとめ

メジャーを咥える犬

犬の健康状態は、顕著に体にあらわれます。特に肥満は病気の発症のリスクを高める要因の一つであるため、注意が必要となります。犬は体の不調を言葉で伝えることができないので、日頃から飼い主さんが食事管理や運動管理をすることで、いち早く気付けるようにしましょう。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。