愛犬の性格が『臆病』になってしまうNG行為4つ!トラウマを植え付けないためのコツは?

愛犬の性格が『臆病』になってしまうNG行為4つ!トラウマを植え付けないためのコツは?

人間と同じように、犬も成長する過程で性格が変わることがあります。小さい頃は元気いっぱいだったのに突然、臆病な性格になったなんてケースも珍しくありません。犬の性格が臆病になるのには、さまざまな要因があります。今回は、愛犬の性格を臆病にしてしまうNGな行為とトラウマを植え付けないためのコツをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の性格を臆病にしてしまうNG行為4つ

布の下に隠れて鼻と前脚だけ出している犬

1.常に一緒にいる

子犬の頃から常に愛犬と一緒にいると、臆病な性格になってしまう可能性があります。

飼い主さんが隣にいるのが普通になってしまうことで、そばにいないと極度の不安を感じてしまうのです。

悪化すると「分離不安症」になり、家の物を壊したり無駄吠えをするなど問題行動に発展してしまう場合もあります。

2.怒鳴ったり手をあげる

愛犬がいたずらをしたときに、大きな声で怒鳴ったり叩くといった行為をしてしまうと臆病になってしまいます。

しつけとして愛犬に「やっていいこと」と「悪いこと」を教えるのは大切です。

しかし、強い口調で怒鳴っても犬に恐怖を与えているだけで「悪いこと」を学ぶのではなく、「怖いからやらない」といった心理につながってしまいます。

また、しつけと称して手をあげるのは犬にとって消えないトラウマになってしまうので絶対にNGです。

3.無理に嫌なことをされる

シャンプーや爪切りを無理にやられると、怖がりな性格になってしまう場合もあります。

必要なケアですが、水で濡らされたり手足を抑えられることで「怖い」と感じてしまう犬も少なくありません。

無理に押さえつけてしまうと、余計に恐怖心が強くなってしまいます。

そうすると、爪切りやシャンプーの雰囲気を感じるだけで逃げ出してしまうなどケアが大変になってしまうでしょう。

4.外の環境に触れる機会が少ない

犬は生後3週間〜13週間ごろまでに「社会化期」を迎えます。

社会化期の間に経験したことによって、性格が形成されるとされています。

さまざまな環境に触れることで、人間や他の犬との関わり方を学んでいく時期でもあるのです。

しかし、散歩が少なかったり子犬を心配するあまり家に居させたままの状態だと外の環境を知らずに育つので、臆病になってしまいます。

犬にトラウマを植え付けないためのコツ

散歩中の犬

子犬のころからさまざまな環境に慣らしておく

子犬のときにはほとんど家にいて、成長してから外の匂いや音、知らない人や犬に出会うと、強い恐怖を感じ、トラウマになることもあります。

社会化期といわれる生後13週間までに外に連れていき、さまざまな環境に慣らしておきましょう。

無理強いしない

さまざまな経験をさせた方がいいからといって、嫌がっている犬に無理強いするのはNGです。

たとえば、散歩中に知らない犬や人に無理に近づけると、より強い恐怖を感じてしまいます。

愛犬が嫌がっているときは無理強いせずに、徐々に慣らしていくようにしましょう。

構いすぎない

愛犬が可愛いからと構いすぎてしまうと、飼い主さんに依存して臆病な性格になってしまいます。

たとえば、犬が怖がっている対象を飼い主さんがすぐに取り除くような対応をしていると、いつまでも自立心が育ちません。

本当に危険なものがあるとき以外は構いすぎず、犬が自分で考え乗り越えようとする機会をつくるのも飼い主さんの役目なのです。

まとめ

飼い主の足に寄り添う犬

子犬から成長する間に、さまざまな要因で性格が変わってしまう犬も少なくありません。

もともとシャイな犬の性格を変える必要はありませんが、元気で人懐っこい性格であればそのまま成長して欲しいですよね。

今回ご紹介したNG行為をしてしまうと、臆病な性格になってしまう可能性があります。

子犬の頃からたくさんの環境に触れさせることで、人間との暮らしにも慣れていってくれますよ。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。