犬が亡くなってしまう可能性がある『絶対NGな食べ物』5選

犬が亡くなってしまう可能性がある『絶対NGな食べ物』5選

犬が飼い主の食事を見て羨ましそうにしている様子を見ると、つい与えたくなってしまいますよね。しかし、人間が口にしている食べ物の中には、犬が食べると亡くなってしまう可能性がある非常に危険な食べ物が存在することを忘れてはいけません。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬が亡くなってしまう可能性がある『絶対NGな食べ物』5選

犬と危険な食べ物

美味しい食べ物を愛犬とシェアしたいと思ったことがある飼い主さんは多いでしょう。しかし、人間が口にする食べ物の中には、犬が食べてしまうと死に至る可能性のある危険な食べ物があります。

今回は、犬が食べてしまうと亡くなってしまう可能性のある絶対与えてはいけない食べ物を5つご紹介します。これらは絶対に与えないよう注意してください。

1.ぶどう

ぶどうは果物なので一見犬が食べても問題ないように見えますが、実はぶどうやレーズンといった食べ物を口にしたことで、亡くなってしまったという犬の死亡例が多数報告されています。

ぶどうを食べてしまうと12時間以内に嘔吐や下痢、腹痛などの中毒症状が現れることが多く、そのまま治療をしなければ、元気消失、脱水症状、食欲不振、排尿不良などの重い症状に移行する恐れがあります。

最悪の場合、慢性の腎臓病になり後遺症が残ったり、急性腎不全で急死してしまう可能性もあるため、絶対に与えないようにしましょう。

2.ダークチョコレート

チョコレートと横になる犬

チョコレートは犬にとって毒性が強いという話は有名です。その原因は、チョコレートに含まれているカカオ成分です。カフェインが含まれているため、このカカオ成分によって中毒症状が引き起こされてしまいます。

ミルクチョコレートなどのカカオ成分が少ないチョコレートの場合は、大量に誤食しなければ軽い症状で治るとされています。しかし、それでも犬によって個体差があるため、危険であることに変わりありません。

また、カカオ成分が多く含まれているダークチョコレートの場合、口にしてしまった量によっては、けいれんや不整脈といった重度の症状を引き起こし、最悪の場合、死に至る危険性もあります。甘い良い香りがするため、犬の手の届く場所には置かないよう注意しましょう。

3.生の魚介類

生のイカや生のエビなどの魚介類や甲殻類も、犬にとって危険性が高い食べ物として注意喚起されています。

加熱されていない生の魚介類には「チアミナーゼ」という成分が含まれています。この成分を犬が摂取してしまうとビタミンB1欠乏症を引き起こす恐れがあり、最悪の場合は死に至る危険性もあります。

ビタミンB1欠乏症は、食欲不振や元気不振、さらに脳に障害を残したり神経伝達障害を引き起こしたりと、様々な重度な症状を引き起こします。

死に至るという最悪の事態を避けられたとしても、非常に危険な症状を引き起こす可能性が高いため、加熱していない魚介類や甲殻類は与えないように注意してください。

4.キシリトールガム

キシリトールガム

人間がよく口にするキシリトールガムには、名前の通りキシリトール成分が大量に含まれています。犬がキシリトールを摂取してしまうと、血糖値低下を引き起こします。

血糖値が低下してしまうと脱力状態やけいれん発作、意識低下などの重い症状を引き起こす恐れがあり、昏睡状態や肝機能障害などの事態に陥るケースも多く報告されています。

実際に死亡してしまったケースも報告されているため、治療が間に合わなかったり、大量に摂取してしまった場合、命を失う可能性もある危険な食べ物の1つです。

5.アルコール飲料

乾杯する人とそれを見る犬

食べ物ではありませんが、人間が楽しむアルコール飲料も犬にとっては危険です。飲み物に含まれていることが多いため、舐めてしまった場合、食べ物よりも飼い主が気づきにくいという点も恐ろしいです。

犬がアルコールを摂取してしまうと、意識障害や呼吸困難、けいれん発作などを起こすことが多く、少しでも異変を感じた場合には早急に動物病院を受診し、しばらくの間、入院するなど獣医の元で経過観察する必要があります。

最悪の場合、肝臓や腎臓、心肺などの機能不全を引き起こし死に至る可能性もあります。最近では、アルコールが含まれている食べ物も増えてきているのでより注意が必要です。

まとめ

食べ物を見つめる犬

もしも今回紹介したような危険な食べ物を摂取してしまった場合、飼い主はすぐに愛犬を動物病院へ連れて行き診察や検査をしてもらう必要があります。また、数日間は経過観察し、少しでも異変が生じた場合は、必要な処置を取るようにしてください。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。