犬の『舌』でわかる健康状態!色の異常など状態で危険度を判断して

犬の『舌』でわかる健康状態!色の異常など状態で危険度を判断して

鼻の湿り具合や被毛のようす、おしっこやうんちの状態など、日ごろから確認しておきたい、わんこの健康チェックポイントはさまざまあります。今回はこれらの中から「舌」の状態に注目してみたいと思います。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

要注意!こんな色の舌は異常

さまざまな色

1.極端な赤

わんこの舌はもともとピンクや赤ですから、これらの色のときには健康であると判断できます。ですが赤みが極端に強くなっている場合には、舌が炎症を起こしている可能性があります。

舌に起きる炎症は舌炎と呼ばれ、外傷が原因となって起きる場合もあれば、真菌や細菌などの感染によるものや他の疾患が遠因となって起きるものもあります。

2.紫色

わんこの舌が紫色になっている場合は、酸欠によってチアノーゼという状態に陥っている可能性が高くなります。

酸欠ということでまず考えられるのは呼吸困難。異物の誤飲や誤食、あるいは呼吸器系の何らかの疾患によって気道がふさがり、呼吸が上手くできなくなっているケースです。

この場合には「ゼエゼエ」「ヒューヒュー」と異常な呼吸音がしたり、せき込むなどの異常行動を伴うのでわかりやすいでしょう。

また、チアノーゼを起こすもう1つの原因が心臓病です。心臓病になっている場合、肺を出た動脈の血液に本来は肺に帰っていくはずの静脈の血液が混じってしまうため、血中酸素濃度が低下して酸欠状態になってしまうのです。

3.黄色

舌の色が黄色い場合には黄疸が疑われます。黄疸とは胆汁の色素であるビリルビンの体外への排出が上手くいかなくなったことにより血液中のビリルビン濃度が上がり、皮膚や粘膜などが黄色くなってしまった状態を言います。他の原因としては、赤血球が壊されてしまった結果起こる場合もあります。

舌だけでなく白目や歯茎、被毛の薄い部分の皮膚なども黄色くなるため、そこからも判断できます。尿の色が異常に黄色くなり気付くこともあります。黄疸は肝臓や脾臓、胆嚢などさまざまな内臓疾患によって発生しますが、目で見てわかるほどの黄疸が出ている場合には、すでに重篤な状態であることがほとんどです。早急に動物病院を受診しなくてはなりません。

4.白

舌が白っぽくなっている場合には、貧血や低血糖に陥っている可能性があります。ただし、いずれにしても軽度の場合には舌にまで異変が起きることはありません。

舌に異常が現れるほどの貧血や低血糖はかなり重度であることが疑われ、その裏には白血病などの重大な病気が隠されている可能性もあります。おかしいと思ったら動物病院の受診をおすすめします。

色以外にも注意!舌の状態

舌を出している犬

1.斑点は問題なし

ここまで読んでくると、改めて愛犬の舌をじっくり見つめたくなったという人もいるのではないでしょうか。

まじまじと愛犬の舌を見直してみた結果、「愛犬の舌に黒い斑点を発見してしまった!!」というあなた、慌てなくても大丈夫です。わんこの舌にある黒い斑点は舌斑と呼ばれ、多くは生まれつきある正常なものです。

特に日本犬の場合は、高頻度で舌斑が見られることが知られています。また生まれつきのものでなくても、たまたま直前に舐めたものが舌の上に残って斑点状に見えているだけのこともあります。

2.しこりや腫れがある

ただし、斑点の部分が膨らんでいる場合やしこりのように固くなっている場合、斑点でなくても同様の腫れやしこりがある場合には要注意です。メラノーマという悪性腫瘍の可能性が高いからです。

特にシニア期のわんこは発症率が高いため注意が必要です。メラノーマは進行が速いことからも迅速な対処が必要となります。

まとめ

舌を出している犬

いかがでしたでしょうか?人間の舌は意図的に「べーっ」としてもらわなければ確認できませんが、わんこは運動の後や暑いときなど「ハッハッ」と自然に舌を出しているタイミングも多いため、意外とチェックしやすいポイントです。

普段のコミュニケーションの際に少しだけ注意を払って、病気の兆候に気づいてあげたいですね。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。