愛犬に絶対させてはいけない『室内でのNGな遊び方』4つ!思わぬ事故で生死に関わることも

愛犬に絶対させてはいけない『室内でのNGな遊び方』4つ!思わぬ事故で生死に関わることも

皆さんは愛犬と室内で遊んでいる最中、ヒヤッとした経験はありませんか。ご自宅とはいえ、室内にも様々な危険が潜んでいます。生死に関わる思わぬ事故につながる危険性もあるため、室内での遊び方には注意しなければいけません。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

愛犬に絶対させてはいけない『室内でのNGな遊び方』4つ

ボールで遊ぶ小型犬

皆さんは日頃、愛犬とどのような室内遊びを楽しんでいますか。室内は安全と思っている方も多いですが、実は遊び方によってはリスクを伴うこともあります。

ここでは、愛犬に絶対させてはいけない『室内でのNGな遊び方』を理由と共にご紹介します。

1.口の中に入りそうな物で遊ばせる

紙をボロボロにする犬

犬用のおもちゃは、基本的に犬にとって安全な強度や大きさで作られていることが多いです。

しかし、犬用おもちゃではない子ども用おもちゃや部屋の中にある備品などは、犬の安全を考慮して作られていません。

犬の口の中にすっぽりと入りそうな物で遊ばせていると、誤って飲み込んでしまい窒息や腸閉塞、気道を傷つけるといった怪我や病気につながる恐れがあります。

またペットシーツやティッシュなど、犬が噛んだり掘ったりして遊び道具にしそうな物も、誤飲や窒息の原因となるので要注意です。

2.フローリングの上で全力ダッシュさせる

現在、住宅の床は大半がフローリングです。このフローリングですが、犬にとってはツルツルと滑りやすいため、足腰に少しずつ負担をかけていることをご存知でしょうか。

そんなツルツルと滑りやすいフローリングの上を全力ダッシュさせるような遊びは、ちょっとした間違いで転倒してしまったり、転倒した衝撃で体を床に強打してしまったりするため非常に危険です。

場合によっては、骨折や靭帯損傷などの大怪我につながる恐れもありますし、後遺症が残る危険性もあります。フローリングの上を全力で走らせる行為は控えてください。

3.階段を使って上り下りさせる

階段を駆け下りる犬たち

階段のある一戸建ての場合、階段を使って上り下りさせて運動しているというご家庭もあります。しかし、基本的に犬は階段を上り下りすることで、足腰に負担がかかってしまうため、あまり良い行動とは言えません。

特に小型犬や子犬、シニア犬などは足腰に負担がかかりやすく、体格や体力、筋力によっては足を踏み外して転倒してしまうといった、非常に危険な事態を招く恐れもあります。

足腰に負担をかけすぎると、椎間板ヘルニアなど足腰に関する病気や脱臼などの怪我を発症する恐れもあるため、遊びに階段は使用しないようにしましょう。

4.おもちゃなどを掲げて垂直にジャンプさせる

室内遊びでよく見かける光景として、犬のおもちゃなどを垂直に投げ、それを犬にジャンプでキャッチさせるという遊びがあります。

前方に進みながらジャンプする行為は、さほど犬の体に負担をかけないと言われています。しかし、垂直に高くジャンプをする行為は、ジャンプ時の姿勢や着地の際の衝撃などを考えると、犬の足腰に負担をかけ骨折や関節炎などのリスクを高めます。

また、発育途中の子犬が垂直ジャンプをすると、発育に悪影響を及ぼすと言われているため、垂直ジャンプにつながる遊びは避けるべきでしょう。

愛犬と室内で安全に遊ぶために…ご家庭でできる工夫は?

ソファーにペットステップ

愛犬と室内で安全に遊ぶためには、今回紹介したような危険な遊びを避ける他、愛犬が安全に遊べる環境を作ってあげることも大切です。

以下のポイントを押さえることで、愛犬の足腰への負担を緩和させたり、誤飲や怪我などのリスクを回避することができます。

  • 愛犬の遊びスペースにマットを敷く
  • ソファーなどの近くにペットステップ(台)を設置する
  • 飲み込んでしまいそうな小さな物は放置しない
  • 階段に続く通路には柵を設置する

小型犬やシニア犬などは、ソファーなどのちょっとした高い位置へ移動するだけでも、足腰に大きな負担がかかっています。

最近では、ソファーやベッドに上るための『ペットステップ』も販売されているので、ぜひ検討してみてください。

まとめ

ロープを引っ張って遊ぶ犬

いかがでしたか。犬は遊んでいる最中、軽い興奮状態になっているため、痛みや負担に気付きません。飼い主が無理をさせないように遊び方や遊ぶ環境に工夫をし、安全に楽しく遊べるよう配慮してあげましょう。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。