犬の飼い主が高齢になったら?備えておくべき4つのこと

犬の飼い主が高齢になったら?備えておくべき4つのこと

「自分が高齢になったとき、愛犬の世話を今と同じようにできるか心配」そんな不安を抱えている方も少なくないでしょう。そこで今回は、飼い主のあなたが高齢になったときに備えておくべきことをお伝えしていきます。愛犬を長く大切にするためにも、ぜひ最後まで読んでみてください。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

飼い主が高齢になることで起こりうる危険性

おじいさんと向き合う犬

飼い主が高齢になったときに、以下のような問題が起こる可能性があります。

  • 足腰が弱って毎日散歩に行けない
  • 急に体調を崩し入院することが増える
  • 愛犬と離れたくないあまり通院や入院をせず飼い主が体を壊す
  • 記憶力が衰え食事を与えたか忘れてしまう

上記のように飼い主が高齢になると犬と暮らしていく上で、さまざまな問題が予想されます。

歳を重ねる前に、想定される問題を防ぐための備えをしておきましょう。

とくに現在は、フードの質がよくなったり動物医療が発達したことで犬の平均寿命も伸びています。

飼い主よりも犬が長生きするケースも少なくありません。

万が一自分がいなくなったとき、愛犬を一人ぼっちにさせるのは避けたいですよね。

次の章で備えておくべきことをお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてください。

高齢になったときに犬のために備えておくべきこと4つ

ビーグルを抱きしめるおばあさん

1.ケージに慣れさせておく

まずケージに慣れさせておきましょう。

ケージに入ることに慣れていると、自宅に訪問者がきたときにも安心です。

飼い主が高齢になれば介護が必要になる可能性もあります。

自宅に介護職員や親族がケアしにきてくれた時でも、ケージに慣れていれば大人しく入っていてくれるでしょう。

ケージに慣れていないと、来客者に吠えたり飛びかかってしまう恐れもあります。

普段からケージに入ることに抵抗がなくなるよう、慣れさせておきましょう。

2.預け先を見つけておく

次に、預け先を見つけておくことも大事です。

急な病気により入院しなければいけなくなったときに預けられる人を探しておきましょう。

親族や友人など信頼できる方に話をしておくと安心です。

また最近では、ペット預かりサービスなども増えています。

将来預けるときのために、今のうちから他人と触れ合うことに慣れさせたり、きちんとしつけをしておきましょう。

3.お世話に関してまとめたノートを作成しておく

ノートと犬

愛犬を預けるときのために、お世話に関してまとめたノートも準備しておいてください。

いつも食べているフードやかかりつけの病院、好きなおもちゃや苦手なことまでまとめておくと良いでしょう。

他人に預けた時もいつもと同じように過ごせる準備をしておくのです。

また場合によっては、一時的に預けるだけでなく完全に他人に引き渡さなければいけないこともあるかもしれません。

その際にお世話の情報をまとめたノートがあれば、愛犬も今までと変わらずに過ごせるので安心ですよ。

4.ペット信託を検討する

ペット信託も検討しておくことをおすすめします。

ペット信託とは、信託会社にお金を預けておき、万が一の場合は預けたお金を犬のお世話のために使ってもらえるサービスです。

ペット信託を利用すれば、自分が事前に依頼した人にお世話を頼めます。

愛犬と過ごす今だけでなく、自分がいなくなった場合を想定して備えをしておきましょう。

ペット信託については、保険会社や行政書士に問い合わせてみてください。

まとめ

ベンチに座る男女と犬

飼い主が高齢になったときに備えておくべきことを4つご紹介いたしました。

今は元気だから大丈夫と思っていても、歳を重ねることで思うように世話ができなくなる可能性もあります。

飼い主が高齢になることで起こりうる問題は多いです。

万が一の事態を想定して、愛犬が安全に暮らせるよう備えておきましょう。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。