IQが高い犬種ランキング!知能指数はどのくらい?賢く育てるコツも紹介

IQが高い犬種ランキング!知能指数はどのくらい?賢く育てるコツも紹介

テレビなどで紹介される犬や愛犬の行動を見て「犬って賢い!」と、感心したことはありませんか?過去には単語を約1000個記憶したという犬もいたりして、犬はIQが高そうですよね。この記事では『IQが高い犬種』TOP5をご紹介します。あわせて賢い犬に育てるコツもご紹介しますので、ぜひ参考になさってくださいね。

お気に入り登録

IQが高い犬種ランキングTOP5!

IQとはIntelligence Quotientの略で、知能指数のことを指します。犬は人間の子どもの2〜3歳程度の知能を持つと言われていますが、中でもIQが高いのはどの犬種なのでしょうか?

以下から『IQが高い犬種』TOP5をご紹介します。

1位.ボーダー・コリー

障害物を跳び越えるボーダー・コリー

栄えある第1位は『最も優秀な牧羊犬』と称賛されているボーダー・コリーです。高い知能と抜群の運動神経を持ち、牧羊犬の競技大会でもドッグスポーツの競技大会でも大活躍しています。

基本的に飼い主の指示に忠実に従いますが、甘やかしたり、曖昧な指示を出したりすると、賢いだけに言うことを聞かなくなることも。本来は牧羊犬で活動的なため、家庭犬として飼う場合も十分な運動が必要になります。

2位.プードル

落ち葉の上に立つプードル

大きさによってスタンダード、ミディアム、ミニチュア、トイの4タイプに分けられるプードルが2番目にIQの高い犬種です。愛玩犬のイメージが強いですが、もともとは水鳥の回収犬として飼われていました。

4つのどのタイプも総じて賢いです。トレーニングに意欲的で物覚えもいいため、基本的なしつけはすぐに覚えるでしょう。賢い分、甘やかしたり、飼い主の指示が一貫していなかったりすると、反抗的な態度を取ることがあります。

3位.ジャーマン・シェパード・ドッグ

ジャーマン・シェパード

日本では警察犬としておなじみのジャーマン・シェパード・ドッグが第3位。1880年頃にドイツ陸軍によって軍用犬として作出されましたが、祖先は牧羊犬です。

優れた頭脳と運動能力を活かし、軍用犬や警察犬のほかにも盲導犬、麻薬探知犬など、幅広い分野で活躍してきています。十分なトレーニングをすれば、素晴らしい家庭犬にもなります。しかし、それには飼い主の高い技量が求められるでしょう。

4位.ゴールデン・レトリーバー

草原の中のゴールデンレトリーバー

第4位は、大型犬の中で根強い人気を誇るゴールデン・レトリーバーです。犬種名のレトリーバーは『回収する』という意味のretrieve(レトリーブ)からきています。その名の通り、かつては水陸両用の鳥猟犬として獲物を回収する仕事をしていました。

現在は盲導犬や介助犬、麻薬探知犬などとして活躍しています。とても頭がいい上に温和で優しい性格をしているため、家庭犬としても優秀です。ただ子犬期はやんちゃな傾向があるため、その時期は手を焼くかもしれません。

5位.ドーベルマン

芝生で横になるドーベルマン

5番目にIQが高いのは、クールな見た目が魅力のドーベルマン。犬種名は、作出者のフリードリッヒ・ルイス・ドーベルマン氏の名からつけられています。

ドーベルマンは警戒心が強く勇敢で、高い知能の持ち主です。警察犬、軍用犬、麻薬探知犬と、幅広く活躍しています。

家庭犬としても飼われていますが、子犬の頃から社会化としつけをきっちり行わないと攻撃性を示すことがあります。初めて犬を飼う人には向かない犬種と言えるでしょう。

IQが高い犬種と言われる理由は?

首を傾げるシェパード

ここまでご紹介してきた5犬種のIQが高いと言われているのには理由があります。カナダの心理学者スタンレー・コレン氏が著書で犬種別の知能ランキングを発表しているからです。

コレン氏はケネルクラブに登録された服従訓練競技審査員たちに、さまざまな犬種の使役と服従の能力について調査を行いました。その調査結果をランキング化しているのです。

このランキングは使役服従知能の順位であるため、人の指示を理解し従うのが得意な牧羊犬や猟の回収犬がルーツの犬種が上位に目立ちます。

犬を賢く育てるためのコツは?

おもちゃを噛むゴールデン・レトリーバーの子犬

犬種に関係なく、犬の賢さは飼い主さんの育て方で大きく変わっていきます。犬を賢く育てるにはコツがあり、それを実践することで愛犬が賢くなる可能性が高まります。さて、そのコツとは?

信頼される飼い主になる

言うことを聞く賢い犬に育てるには、まず信頼される飼い主になることが大事です。飼い主さんのことを信頼している犬は、常に飼い主さんの存在を意識し、いつでもどんな状況でも指示に従おうとします。

ただ甘やかすだけ、厳しくするだけでは信頼される飼い主にはなれません。愛情をかけながらもダメなことはダメと叱ってくれる人に、犬は信頼を寄せます。

メリハリのある接し方をしていくことで犬は飼い主さんを信頼し、言うことを聞く賢い犬になれるのです。

本能を満たす遊びと脳を刺激する遊びをする

飼い主さんが上手に遊んであげると、犬は持っている能力を発揮できて賢くなれます。どんなふうに遊んであげたらいいかと言うと、本能を満たす遊びと脳を刺激する遊びの両方をします。

例えば、モッテコイや引っ張りっこは、犬の狩猟本能が満たされる遊びです。そしておもちゃやおやつを隠して探させたり、知育玩具で遊ばせたりすると、犬は頭を使うので脳を刺激することができます。

これらの遊びをバランスよく取り入れてあげましょう。

たくさん褒める

犬も人も、褒められるとうれしくやる気が出るのは同じです。犬をたくさん褒めてあげると調子が出て、いろいろなことを学習し吸収していきます。つまり、褒めて伸ばすのです。いい行動をたくさん褒めて、賢い犬に育てましょう。

まとめ

伏せをするボーダー・コリー

今回は『IQが高い犬種』TOP5をご紹介しました。ご紹介した犬種を飼えば必ず賢い犬になってくれるかというと、そうとは限りません。

犬の賢さは飼い主さんの育て方も大きく影響するので、飼い主さんが手を抜いてしまうと賢い犬になれないこともあるでしょう。

どの犬種であっても、賢くなれる可能性を秘めています。愛犬を賢くしたいのなら、飼い主さんの努力が必要です。ご紹介したコツを参考に、愛犬を賢い犬に育ててあげてくださいね。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい